Welcome to my blog

今注目のDSDS対応!HUAWEI nova / ガラケー&格安スマホ2台持ちはもう卒業!!

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

今注目のDSDS対応!HUAWEI nova / ガラケー&格安スマホ2台持ちはもう卒業!! 

進化し続ける格安スマホ





先日、格安スマホについての記事をアップしたのですが、そちらが好評でしたので調子こいて続編です(*^^*)
この間アップした記事
格安スマホ(MVNO)とキャリアの違いを理解してから使おう!

格安スマホがいつの間にか進化していました!
さっそく機種替えをした ひだまりさん。
今注目のDSDS(デュアルSIM&デュアルスタンバイ)と、それに対応しているHUAWEI novaのレビューを簡単に書きたいと思います。
興味がある方は、こちらも合わせて読んで頂ければと思います。


ガラケー&格安スマホ2台持ちは、もう古い!?


つい最近まで、ガラケー&格安スマホの2台持ちをしていたひだまりさん。
前回の記事にも書いたのですが、2台持ちの理由は、月々の通信料を安く済ませ、なおかつキャリア(ドコモやソフトバンクやauなど)メールを使いたい!!・・・ということからでした。
格安スマホはキャリアメールが使えなんですよね。
それで2台持ち。

でもこれが格安スマホ1台で可能になっちゃうんです!!
それを可能としているのが、DSDS(デュアルSIM&デュアルスタンバイ)機能。
今日、紹介がてらレビューを書こうと思っている機種は、HUAWEI novaです。
こちらは先々月(2017年2月)に発売されたものになります。
・・・目からウロコ。
いゃ~、知らない間に進化していたのですね。
もう感動しちゃいました!


使い勝手が良い、薄さ7.1mm、5.0インチのHUAWEI nova


ひだまりさん。がHUAWEIを使うのは、これで2台目になります。
海外(中国)のブランドです。
中国と聞くとちょっと不安でしたが、何も心配することはなく快適に使えています。
電池の持ちも驚くほどよく外観がステキ。
レビューの評価もまずまずです。





ひだまりさん。は、ピンク(ローズゴールド)にしました。
背面は少し丸みがあるので、手に持つとイイ感じにフィットします。
可愛いですね。
指紋認証もついていて、おぉ!!となりました。
背面の丸いのが指紋認証です。
ロック解除も素早くて、かなりイイ!!





私がこれに決めた理由は2つあります。
ひとつはその美しいデザインと指紋認証。
そしてもう一つは、DSDS対応!!(←これが大きいです。)


1台で2つのSIMが使えるDSDSが目からウロコ


novaの1番の魅力は、なんと言ってもDSDS(デュアルSIM&デュアルスタンバイ)対応機種であることです。
これは2つのSIMカードを1台で使える・・・という機能なんですよね。
重要なのは、スタンバイ(待ち受け)ができること。
※ ここでは省きますが、2つ使えるけど待ち受けができないシングルスタンバイなどもあります。

そうすると何ができるのかというと、
ドコモの通話SIMカードを刺して、データ通信は格安SIMで・・・ということが、これ1台で出来てしまうんです!!
素晴らしい。
例えば、通話はキャリアのかけ放題プランにして、データプランは格安会社にするだとか選択が広がります。
ひだまりさん。は、ドコモメールをつけて通話の安いプランをドコモSIMで、データ通信はocnの格安プランを使っています。
つい最近まではガラケーとの2台持ちだったのですが、これ1台にすることができました。
かさばっていたので、これはかなり嬉しいです。
ガラケーさん、今までありがとう(*^^*)





アンテナ、2つありますね。
片方は通話のアンテナで、4Gがついているのがデータ通信のアンテナです。
なんだか不思議な光景。


HUAWEI novaの注意点


この機種で注意しなければならないのは、シムスロットとマイクロSDカードのスロットが一緒になっていることです。
・・・なのでSIMカード×2とSDカードの併用が不可能な点。
SIMカード1枚とSDカード1枚は併用できますが、SIMカード2枚使うのだったらSDカードは使えません。
唯一、そこが残念なところです。
でもROMの容量が32GBあるので、それだけあればSDカードはなくても不自由しません。

それから、2枚ともナノSIM対応です。
私が前に使っていたものは、マイクロSIM&ミニSIM(ドコモ)だったので、両方ともSIMカードの大きさを変更しました。
あとドコモFOMAだと使えないっぽいので、シムをFOMA→Xi(クロッシィ)に変更しなければなりません。
幸いXi(クロッシィ)をガラケーに刺して使っていた私は、大きさ変更だけですみました。


進化し続ける格安スマホ


DSDS対応スマホは、今は複数でています。
中にはSIMカード2つとマイクロSDカードを併用できるのも。
たぶんこれからは主流になっていって、デュアルアクティブ(ネットと通話が同時にできる)機種も、そのうち出てくるのかなと思います。
進化し続けますね、格安スマホ。
安いからってバカにできません。

そして今回 嬉しかったのは、クリアケースがついてきたこと。
これは良いですね。
ケース買わなくてもいいんじゃね?・・・という感じです。
普段から透明ケースを使っているので、このまま持ち歩けそうです。
作り、しっかりしてるし。





簡単ではありますが、HUAWEI novaのレビューでした。
これから格安スマホに・・・と思っている方は、くれぐれも調べてから変更することをオススメします。
※ HUAWEI nova liteという機種もでていますが、こちらはデュアルスタンバイ対応ではないようです。
関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



格安スマホ,

2 Comments

浅見ヨシヒロ  

先日はコメントありがとうございました。

こんにちは、先日は私のブログへのコメントありがとうございました!

遊びにきてしまいました笑

2017/05/01 (Mon) 11:47 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

浅見ヨシヒロさんへ。

こちらこそ訪問していただき、ありがとうございます(*^^*)

FFの続き、楽しみにしています。

2017/05/01 (Mon) 13:56 | EDIT | REPLY |   

Add your comment