Welcome to my blog

『君の膵臓をたべたい』住野よる / 私が号泣できなかった理由

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『君の膵臓をたべたい』住野よる / 私が号泣できなかった理由 

住野よるさん
『君の膵臓をたべたい』

僕は君に……。





あらすじ&感想


偶然、僕が拾った1冊の文庫本。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった―圧倒的デビュー作!
―「BOOK」データベースより―

タイトルのインパクトが半端なく良いですよね。
気にはなっていたものの、知人が貸してくれまして読んでみました。

とても軽い。
号泣はしなかったですが、途中ウルっとくる箇所はありました。
これはラノベ?
なんとなく若い子向けな内容かな。
私がもし学生の頃にこれを読んでいたら、好きな部類の小説だったかもしれません。
ただ30代も半ばを過ぎ、ある程度 小説に慣れ親しんできた ひだまりさん。は、どうしてこの小説がここまでヒットするのか疑問に思いました。
確かにストーリー的には売れるだろうなとは思いますが、濃いようで薄っぺらな感じも否めません。

今日のレビューは少しだけ酷評もあります。
私が号泣できなかった理由について書きたいと思います。


住野よるさん
『君の膵臓をたべたい』のレビュー


読みやすくて読みづらい?


まず読んで一番に感じたのが、サクサク読める文章の軽さです。
これは本をあまり読まない人にも読みやすいんじゃないかな。
『君の膵臓をたべたい』という、一見グロテスクなタイトルなのに軽くてびっくりしたほどです。
知人は、「マンガみたい」 と言っていました。
・・・確かに。
本当にマンガのような読みやすさ。
特に主人公の男の子と桜良の会話に面白さを感じました。


「慣用句も分かんないほど馬鹿になったの?脳にもウイルスがいってるね大変だ」
「馬鹿って言った方が馬鹿なんだよ!」
「間違ってるね、僕は君を病気って言ってるけど病気じゃないもの」
「間違ってないよ、死ね! ほら、私の方が死ぬもん」
「どさくさに紛れて僕に呪いをかけるのやめてくれない?」



ちょっとブラックユーモアですが、他愛ない高校生の会話に微笑んでしまいます。
・・・が、読みやすさと同時に少し読みにくさも感じてしまいました。
1回読んだだけでは誰が誰に向かって言ったものなのか理解出来ず、数回、同じ文章を読み直すこと度々でした。
読みやすくて読みにくい。
これは同じように感じた方もいるようですね。
圧倒的に好評価なレビューが多いのですが。
・・・逆にこういう会話の面白さと軽さがあるから、膵臓の病気で余命わずか・・・という内容なのに、全く重さを感じないのかなとも思います。





あと少しだけ、ちょっと感じてしまったことを書いておきたいと思います。


濃いようで、薄い


感動したんですけど、それは一瞬のことで。
読み終わったあとに心に残るか?と聞かれると首をかしげてしまいます。
文章が稚拙すぎて、そっちの方が気になってしまいました。
膵臓の病気で余命わずか・・・というのに、桜良が元気すぎやしませんか。
明るすぎるし。
リアリティがなくて、濃いようで薄い。
だから心に残らないのかもしれません。
なんとなく綺麗なところだけをまとめて小説にした・・・という感じです。

それに、なぜ主人公の名前を最後まで隠す必要があるのか?
これはミステリー小説を読みなれている人だったら感じることだと思います。
何かある?・・・と期待しながら読み進めてしまったんですよね。
・・・結果、特に何もないではないか。
落胆です。
伏線が全く生かされていない。

確かに苗字と名前で、ある作家さんを連想する名前ではありました。(志賀直哉と村上春樹?)
・・・が、それだけ?
完全に肩透かしでした。

【○○クラスメイト】くん、【仲良し】くんなどと書くことで、その時に彼が相手にどう思われているのかを楽しんでもらうという意図なんだろうけど、最後まで違和感がぬぐえなかったし、いらない。
それなら最後に彼の名前で、あっと言わせるようなものが欲しかったなと思います。


・・・以上が私が号泣できなかった理由でした。
さて、酷評はここまでにして、この小説を読んで良かったなと思ったことも書きたいと思います。


人と関わるということ


少し内容にふれますが、『君の膵臓をたべたい』は、膵臓の病気で余命わずかな桜良が主人公の僕と残りの人生を過ごす・・・という物語になっています。
視点は僕。
ひょんなことから彼女の病気を知ってしまい、彼女に振り回されながら過ごすうちに成長していく。

ここで良いなと思ったのは、彼らの関係です。
恋人ではないんですよね。
そして、ただのクラスメイトでもなく。
あえて彼らの関係に名前をつけるとすれば、友だち。
・・・ですが、そのひと言で括れないような曖昧な雰囲気が漂っています。
それが良いんです。
『君の膵臓をたべたい』は、「第2のセカチュー」と言われていますが、恋愛ものではないんですよ。

人に興味がない、本ばかり読んでいる僕。
まるっきし正反対の彼女と一緒に過ごすことで、彼の心境が変化していく。
人との出会いって偶然や必然なのかもしれないけど、その人と関わるのかは自分の選択しだい。
この考え方は好きだなと思いました。
今いる私も、ぼーっと生きているようだけど、たくさんの選択をして出来上がった私なんだなと思うと、しみじみしちゃいました。
・・・この主人公の僕のように。
人と関わることで、知らずの間にたくさんの影響を受けたり与えたりするんですよね。





桜良と僕の本音


全体的に軽い感じで進んでいくのですが、その中でチラホラと桜良の本音?・・・に出くわすと心がきゅっとなります。
例えばこんな文章。


「私が、本当は死ぬのがめちゃくちゃ怖いって言ったら、どうする?」



お!?
・・・そうだった、桜良は余命わずかなんだよね。
軽さの中に突然でてくると、ビクっとなります。
そして読み手は彼女の心情を想像で補うんです。
書かれてないから。
そこに泣いてしまう人もいるんだろうな。

私がウルっときたところはラストです。
彼女が残した「共病文庫」の内容。
そして遺書を読んだとき。
ただ桜良の死は突然すぎて、あ然としてしまいました。
この展開ってあり?
・・・ちょっと無理やりな感じもしますが、人っていつ死んでしまうのかわからないんだなと思いました。
1日1日を大切に生きよう。


改めて、思う。
僕は君に……。



主人公が彼女と過ごして思ったことば。
「僕は君に」の続き、なんだと思いますか?
そこには僕の本音が表れていました。
彼女と一緒にいるうちに彼が素直になっていく。
思えば本音ってなかなか人前では言えてないかも・・・。
だから彼の素直な言葉にぐっとくるのかもしれません。
そして最後のメールが彼女に届いていてよかったと思いました。(届いてますよね?)
この辺り、ジーンとします。


気になるガム男くん


素敵な物語だとは思いますが、それだけ。
・・・というか、これが絶賛されてる意味がわからない。

主人公や桜良のキャラも個性的だけど、それよりも気になったのが、僕にガムを差しだすクラスメイトの男の子。
このガム男くん、ちょこちょこしか出てこないけど、たぶんいい奴なんだろうなと思いました。



拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
青春,

1 Comments

ひだまりさん。  

5日、拍手コメさんへ。

コメントありがとうございます(^^♪
この本、すごく好きな人と全くダメな人で評価が真っ二つに割れているみたいですね。
ストーリー自体は泣けるもので悪くないと思うのですが、やはり書き方なんでしょうか。
なんとなく薄っぺらな感じがしてしまいます。
タイトルはインパクトがあって良いのに残念でした。

2017/05/05 (Fri) 23:05 | EDIT | REPLY |   

Add your comment