Welcome to my blog

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

Category: 藤城 清治

『セロ弾きのゴーシュ』藤城清治×宮沢賢治 / 生命力溢れる絵本 

藤城清治 × 宮沢賢治『セロ弾きのゴーシュ』 ああ、かっこう。あのときはすまなかったなあ。おれは怒ったんじゃなかったんだ。 あらすじ&感想 ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。けれども、あんまり上手でないという評判でした。ある夜、大きな三毛猫が、トマトを持ってやってきて・・・。昨年、宮沢賢治賞を受賞したという藤城清治さん。今日はその中で有名な『セロ弾きのゴーシュ』を紹介します。力強い影絵の世界...

『ぶどう酒びんのふしぎな旅』藤城清治 / アンデルセンとともに 

藤城清治さん『ぶどう酒びんのふしぎな旅』絵本ぶどう酒びんを通して伝わる人生の喜びと、悲しみと、はかなさと。あらすじ&感想あばら屋の二階の窓辺に、老婆の飼い鳥の水飲み用に置かれた、こわれたぶどう酒びん。じつは、このびん、老婆が、美しい少女だったころ、その婚約の席で空けられた、ぶどう酒びんだった・・・。使われては捨てられ、また拾われて、べつの人の手に渡りというぶどう酒びんの旅が、ときに少女の人生と交錯し...

『マボロシの鳥』絵本☆この世界は、きっとどこかとつながっている 

『マボロシの鳥』絵本この世界は、きっとどこかとつながっている〈影絵〉藤城 清治〈原作・文〉太田 光あらすじ&感想いつの時代か、どこの国のことかはわからない。町外れのオリオン劇場には、あふれかえるほどの観客がつめかけていた。魔人チカブーの芸、「マボロシの鳥」を見るために。太田さんが描く「世界の秘密」とは・・・。今日、紹介するのは藤城さん ✕ 爆笑問題の太田さんのコラボ絵本。『マボロシの鳥』です。藤城さん好き...

藤城清治さんの絵本 /『銀河鉄道の夜』光と影の幻想的な世界 

『銀河鉄道の夜』絵本世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない原作 宮沢賢治影絵・文 藤城清治あらすじ&感想孤独な少年ジョバンニは、カムパネルラと共に銀河鉄道を行く汽車に乗って旅をする。その中で様々な人たちと出会い、みんなの「ほんとうの幸い」を願う。宮沢賢治原作の『銀河鉄道の夜』を藤城清治さんが文と影絵を手掛けた、幻想的な絵本。『銀河鉄道の夜』は、数多くの書籍がありますね。小説、絵本、...