Welcome to my blog

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

Category: 宮部 みゆき

『楽園 』(下) 宮部みゆき/土井崎家の悲劇、そして楽園の結末は・・・ 

宮部みゆきさん『楽園 』(下)少年の目には何が見えていたのか。少女の死は何を残したのか。あらすじ&感想16年前、土井崎夫妻はなぜ娘を手にかけたのか。そして等はなぜその光景を描いたのか。二組の家族の愛と憎しみ、鎮魂の情をたぐっていく滋子。その結果、たどり着いた驚愕の結末とは・・・。それは人々が求めた「楽園」だったのだろうか―。前回に続き下巻のレビューです。『模倣犯』から9年。上巻では、等の他人の記憶を「見...

『楽園 』(上) 宮部みゆき/ライター前畑滋子ふたたび!「模倣犯」続編 

宮部みゆきさん『楽園 』(上)「模倣犯」から9年―。少年が描いた絵の真相とは・・・。あらすじ&感想未曾有の連続誘拐殺人事件(「模倣犯」事件)から9年。取材者として肉薄した前畑滋子は、未だ事件のダメージから立ち直れずにいた。そこに舞い込んだ、女性からの奇妙な依頼。12歳で亡くした息子、等が“超能力”を有していたのか、真実を知りたい、というのだ。かくして滋子の眼前に、16年前の少女殺人事件の光景が立ち現れた。―「BOOK」...

『過ぎ去りし王国の城』宮部みゆき/虜になるファンタジー世界 

宮部みゆきさん『過ぎ去りし王国の城』 居場所なんか、どこにもなかった― あらすじ&感想ひょんなことから中世ヨーロッパの古城のデッサンを拾った尾垣真。やがて絵の中にアバター(分身)を描きこむことで、自分もその世界に入りこめることを突き止める。真は美術部の珠美にアバターを依頼する。冒険するうちに、パクさんと出会い、塔の中にひとりの少女が閉じ込められていることを発見する。それが十年前のとある失踪事件に関連...

『ソロモンの偽証3』宮部みゆき / 学校内裁判ついに 開廷!! 

宮部みゆきさん『ソロモンの偽証3』この裁判は何かがおかしい・・・真実に一歩ずつ近づいているはずなのにあらすじ&感想ついに学校内裁判が開廷する。あの日学校で何が起こったのか全てを明らかにするために。証人により、少しずつ事件の封印が解かれてゆく。でも何か釈然としない。そして最終日。思いも寄らない事実が、最後の証人によって語られる―。読み終わりましたー。長かったけど読み終わると勿体ないような、まだ読んでいた...

『ソロモンの偽証2』宮部 みゆき / 14歳の夏を賭けた決戦!! 

宮部みゆきさん『ソロモンの偽証2』あの日、何が起こったのか、真実が知りたい―彼女はたちあがった。もう大人達には任せておけない。あらすじ&感想柏木卓也の死について、教師は何も教えてくれない。そんな保身のことばかり考える大人達を見限り、藤野涼子はたちあがった。学校内裁判を開挺する。真実を突き止めるために―他校から名乗りをあげた弁護人。彼の助手として、野田 健一も名乗りを上げた。弁護人の手さばきに戦慄する...

『ソロモンの偽証1』目が離せない!!くらいハマる学園ミステリー 

宮部みゆきさん『ソロモンの偽証1』事件の連鎖が止まらない―隠された真実とは?学校に仕掛けられた究極のミステリーあらすじ&感想クリスマスの朝、学校の校庭で一人の男子中学生の遺体が発見された。彼の死を悼む声は小さかったが噂がひとり歩きする。自殺として結論がだされようとしていた頃、匿名の告発状が届いた。彼は自殺したのか、それとも・・・。学校は再び混乱の渦に巻き込まれる。新たな殺人計画。マスコミの過剰な報道。...

『R.P.G』宮部 みゆき / 心の孤独と家族の絆 

宮部みゆきさん『R.P.G』擬似家族にのめり込む人たち。家族の絆とは何なのか?あらすじ&感想ネット上の「お父さん」が刺殺された。その3日前にも一人の女性が殺されており、2つの事件の遺留品が共通していた。武上刑事と石津刑事は事件を調べ始めるが・・・。家族の絆とは、癒しなのか?それとも呪縛なのか?擬似家族を通して見えてくるものとは・・・。「R.P.G」というと、真っ先にドラクエなどのゲームを連想してしまいます。面白い...

『火車』宮部 みゆき / 彼女と彼女の人生 

宮部みゆきさん『火車』私の好きな作家、宮部 みゆきさんの作品の中でも深く印象に残る物語です。あらすじ&感想休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて、失踪した婚約者、関根彰子の行方を探すことになりました。最初はすぐ見つかるだろうと思っていた本間刑事ですが、調べていくうちに驚愕の事実が明らかになります。自らの意思で姿を消し、足取りさえも残そうとしない彰子。いったい彼女に何があったのでしょうか。彼女...