Welcome to my blog

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

Category: 道尾 秀介

『staph スタフ』道尾秀介/悲しく切ない不可逆性変化の罪 

道尾秀介さん『staph スタフ』ランチワゴンは疾走する。危険な中学生アイドルと、数学講師を乗せて。あらすじ&感想街をワゴンで駆けながら、料理を売って生計をたてる女性、夏都。彼女はある誘拐事件をきっかけに、中学生アイドルのカグヤに力を貸すことに。カグヤの姉である有名女優のスキャンダルを封じるため、ある女性の携帯電話からメールを消去するという、簡単なミッションのはずだったのだが―。あなたはこの罪を救えます...

『笑うハーレキン』道尾 秀介 / 偽りの顔と素の自分 

道尾 秀介さん『笑うハーレキン』アイツはいつも、ここにいるあらすじ&感想経営していた会社も家族も失い、川辺の空き地に住みついた家具職人・東口。仲間と肩を寄せ合い、日銭を嫁ぐ生活。そこへ飛び込んでくる、謎の女・奈々恵。川底の哀しい人影。そして、奇妙な修理依頼と、迫りくる危険―!たくらみとエールに満ちた、エンターテインメント長篇。―「BOOK」データベースより―ここで描かれている登場人物たちは、みんな一生懸命で...

絵本『緑色のうさぎの話』道尾秀介 / それでも生きてゆく 

道尾秀介さん × 半崎信朗さん 『緑色のうさぎの話』絵本 みんなと ちがう きみがうらやましかった あらすじ&感想直木賞作家、道尾秀介がデビュー前の17歳の冬に描いた絵本の原作を、Mr.Childrenのプロモーションビデオ『花の匂い』『常套句』を制作し、話題を呼んだ半崎信朗が描き下ろす、これまでにない質感の感動絵本! いじめにあった緑色のうさぎが、自らの悲惨な境遇や大切な人の死を乗り越えて生きていく姿を美しく描く、...

『月と蟹』道尾秀介 / 純粋で残酷な子供たち 

道尾秀介さん『月と蟹』ヤドカミ様に、お願いしてみようかあらすじ&感想やり場のない心を抱えた子供たちが始めた、ヤドカリを神様に見立てるささやかな儀式。やがてねじれた祈りは大人たちに、そして少年たち自身に、不穏なハサミを振り上げる―。直木賞 受賞作品最初は仲が良かった子供たちの心の変化に戸惑いを覚えつつも、先が気になって後半は一気読みでした。暗い感じの物語です。道尾さんが描く少年は純粋で残酷。凄く好きっ...

『ノエル』道尾 秀介 / つながる物語たち 

道尾秀介さん『ノエル』大事なのは、いま私がこうしていられること―あらすじ&感想孤独と暴力に耐える日々のなか、級友の弥生から絵本作りに誘われた中学生の圭介。妹の誕生に複雑な思いを抱きつつ、主人公と会話するように童話の続きを書き始める小学生の莉子。妻に先立たれ、生きる意味を見失いながらボランティアで読み聞かせをする元教師の与沢。三人が紡いだ自分だけの〈物語〉は、哀しい現実を飛び越えてゆく―。目次・・・・・「...

『透明カメレオン』道尾 秀介 / 優しい嘘と透明な世界 

道尾 秀介さん『透明カメレオン』たとえ目に見えない透明な世界だったとしても、本気で願えば、人はそれに触れることができるあらすじ&感想冴えない容姿の恭太郎は、独特の声を生かし、ラジオのパーソナリティをしていた。いきつけのバー「if」で仲間たちと過ごす毎日を、楽しい話につくり変えてリスナーに届ける。そんなある日、恭太郎が「if」で不審な音を耳にし、びしょ濡れの美女が店に迷い込んできた。ひょんなことから彼女...

『ラットマン』道尾秀介 / 思い込みの真実と過ち 

道尾秀介さん『ラットマン』過ちと正しさが、そっくり同じ顔をしているのであれば、誰がそれを見分けられるというのだ。あらすじ&感想アマチュアロックバンドのギタリスト・姫川亮は、ひかりと交際しながらも、彼女の妹・桂に惹かれている自分に気づく。そんな中、練習中のスタジオで不可解な事件が起こる。ひかりが死んでいた。事故なのか、それとも・・・。事件の真相とともに、亮が秘めてきた過去の衝撃的な記憶も呼び覚まされる...

『向日葵の咲かない夏』道尾秀介 / 物語は終わらない  

道尾秀介さん『向日葵の咲かない夏』あの時ね―最後に向日葵が見えたんだまるで神様みたいだったあらすじ&感想夏休みを迎える終業式の日。ミチオは先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。S君は首を吊って死んでいた。だが、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変え、ミチオの前に現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。ミチオは妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追い始めた。道尾さん...

『カラスの親指』道尾秀介 / 鮮やかな詐欺師たち 

道尾秀介さん『カラスの親指』騙しているつもりが騙されていた!?優しい詐欺師たちの物語あらすじ&感想人生に敗れて詐欺を繰り返す中年の二人組の元に、ある日一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増えて、5人と一匹になった。中年の男たちには、悔いても悔やみきれない過去があった。そして、過去とケリをつけるために、彼らは人生を懸けた行動に出る。彼らが企てた大計画とは?読み出したら止まらない逆転劇、そして迎える感...