Welcome to my blog

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

Category: 池井戸 潤

『アキラとあきら』池井戸潤 / 爽快な結末 / 過酷な運命を乗り越えろ! 

池井戸 潤さん『アキラとあきら』運命を、乗り越えろ!あらすじ&感想零細工場の息子・山崎瑛と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇。―「BOOK」データベースより―向井理...

『ガウディ計画 下町ロケット2』池井戸潤 / 救える命のために 

池井戸潤さん『下町ロケット2 ガウディ計画』ロケットから人体へ―その部品があるから救われる命がある―佃製作所の新たな挑戦!!あらすじ&感想ロケットエンジンのバルブシステムの開発から数年―。大田区の町工場・佃製作所は、またしてもピンチに陥っていた。量産を約束したはずの取引は試作品段階で打ち切られたのだ。ロケットエンジンの開発では、ライバル企業とのコンペの話が持ち上がる。そんな時、佃の元にかつての部下から...

『下町ロケット』池井戸 潤 / 夢とプライドを賭けた戦い 

池井戸潤さん『下町ロケット』一階に現実、二階は夢。そんな人生を僕は生きたいあらすじ&感想 主人公・佃航平は宇宙工学研究の道をあきらめ、実家の佃製作所を継いでいた。突然の取引停止、さらに特許侵害の疑いで訴えられ、会社は倒産の危機に陥る。一方、政府から大型ロケットの製造開発を委託されていた帝国重工では、百億円を投じて新型水素エンジンを開発。しかし、そのバルブシステムは、すでに佃製作所により特許が出願さ...