Welcome to my blog

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

Archive: 2015年05月

『イノセント・デイズ』早見 和真 ☆ やるせない想いと真実 

早見和真さん『イノセント・デイズ』僕だけは信じているから。僕には君が必要なんだ。あらすじ&感想「整形シンデレラ」とよばれた確定死刑囚、田中幸乃。彼女の罪とは、3人の尊い命を奪ったことだった。たったひとり幸乃の無実を信じ、最後まで味方であり続けようとする男がいた。なぜ彼は、幸乃を信じることができるのか。すべてを知らされたとき、真実を受け入れることができるだろうか。よく訪問するブログ様のレビューを読ん...

『初雪のふる日』安房 直子 / 白い雪うさぎと教科書の教え 

安房 直子さん『初雪のふる日』うさぎの白は、雪の白片足、両足、とんとんとんあらすじ&感想秋の終わりの寒い日のこと。小さな女の子が村の一本道に、ろうせきで書かれた石けりの輪を見つけました。女の子は夢中になって石けりをしながら進んでいきました。いつしか雪が降り始めたとき、後ろから不思議な声が聞こえたのです。『初雪のふる日』は学校の教科書にも載っているようですね。この物語を読んで私の小さい頃の記憶が、お...

『氷菓』米澤穂信/2文字に秘められた悲しい真実/古典部シリーズ 

米澤穂信さん『氷菓』全ては主観性を失って、歴史的遠近法の彼方で古典になっていくあらすじ&感想何事にも積極的には関わろうとしない、省エネ少年・折木 奉太郎(おれき ほうたろう)は外国にいる姉の頼みで古典部に入部する。奉太郎は古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに・・・。最大の謎は「氷菓」という文集に秘められた三十三年前の真実―。ちょっぴりほろ苦い青春ミステリー。米澤さんの...

温かい涙と優しい気持ち /『神様のカルテ』夏川 草介 

夏川 草介さん『神様のカルテ』本当に正しいことというのは、一番初めの場所にあるのかもしれませんねあらすじ&感想内科医の栗原一止は、信州にある「24時間、365日対応」の病院で働いていた。職場は常に医師不足の状態だった。そんな中、一止に大学病院の誘いがかかる。大学に戻れば最先端の医療を学ぶことができる。だが、大学病院では診てもらえない患者のために働く医者でありたい・・・。悩む一止の背中を押してくれたのは、高...

こんまりさん 洋服のたたみ方 ☆ ときめきの片づけやってみました 

先日読んだ、こんまりさんの本『人生がときめく片づけの魔法』読んだからには片づけをしよう!!・・・ということで、実際に片づけをしてみました。片づけレポートです。判断しやすい洋服から始めに手を付けたのは洋服。とりあえずタンスの中など家にある洋服を集めてみる。山盛りだぁ。重衣料 ( コートなど ) も入れると凄いことになるので、それは後で。実際に一つずつ手に取って、ときめくモノ、ときめかないモノに分けていきます...

『ラプラスの魔女』東野 圭吾 / 計算による奇跡と悪魔の復讐 

東野圭吾さん『ラプラスの魔女』見えてる?何が?この世界の未来です。一体どうなっていくんですか。 それはね、知らない方がきっと幸せだよあらすじ&感想元警察官の武尾のもとに、仕事の依頼がきた。それは、円華という若い女性のボディガードの依頼だった。武尾は引き受けるが、彼女と行動を共にするにつれ、彼女には不思議な力が備わっているのではと、疑いはじめる。そんな時、二つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きて...

ムーミン谷の彗星 / アニメ映画 

彗星というのはね、独りぼっちの星で気まぐれなんだ。by.スナフキン最近、アニメをよく見るなぁ。ムーミンは世界中の人に愛されていますよね。私も大好きなんです。こちらは、『ムーミン谷の彗星』。ムーミン谷に彗星が落ちてくるかもしれない・・・というお話です。今日は私の好きなアニメ映画のご紹介です。少しだけ、お付き合い下さい。子供の頃はテレビでアニメをやっていたので、よく見ていました。今でもDVDなどを借りてきて...

『ノックの音が』 星 新一 ☆ 面白さが詰まったショート・ショート 

星 新一さん『ノックの音が』今日もどこかで、ノックの音が・・・あらすじ&感想「ノックの音がした。」で始まる15編のショート・ショート集。ドアの向こうに待っているのは・・・?この間、実家に帰ったときに本棚で発見した星 新一さんの本『ノックの音が』です。昔読んだことがあったのですが不意に読み返したくなり・・・。読んだのが昔過ぎて、ストーリーをほとんど覚えていなかった私。初めて読むような新鮮さがありました。びっくり...

No image

『ノックの音が』星 新一 ☆ ひだまりさんの呟き 

ひだまりさんの呟き。『ノックの音が』☆ 星 新一 星 新一さん。 『ノックの音が』の「謎の女」 おかしいのは、どちらなのでしょう。 パンチが聞いていて面白い。— ひだまりさん。 (@HidamariR) May 17, 2015星 新一さん。 『ノックの音が』の「現代の人生」 泥棒さんがかわいそう。 友彦の方が一枚上手だった。— ひだまりさん。 (@HidamariR) May 17, 2015星 新一さん。 『ノッ...

こんまりさん流 ☆『人生がときめく片づけの魔法』近藤麻里恵 

『人生がときめく片づけの魔法』一度片づけたら絶対に元に戻らないあの片づけで有名なこんまりさん、こと、近藤 麻里恵さんの本です。思わず手にとってしまうような素敵なタイトル。片づけでときめくなんて・・・、と思って半信半疑で読み始めたのですが・・・。今までの片づけの概念がいっぺんに吹き飛んでしまいました。片づけの概念「捨てる」ことだけを考えて片づけをすると、不幸になります。なぜなら、本来片づけで選ぶべきなのは...