Welcome to my blog

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

Archive: 2015年09月

『キューピット』山本くんガチャ / 伊藤さんと理想の男たち 

04.『キューピット』山本くんガチャあの、恋のキューピットでございますあらすじ&感想ある高級ホテルのラウンジで、女の前に現れた小柄な老人。「キューピット伊藤」と名乗る彼は、女に理想の男性と付き合わせてあげると言うのだが・・・。恋に悩める女性が主人公の物語。付き合ってもうまくいかず、理想と現実のギャップに悩む。エスプレッソを片手に豆本を読む山本くんです。コクがあり苦味もあるエスプレッソ。この物語にぴったり...

『犬の掟』佐々木 讓 / 撃つか、撃たれるか 

佐々木讓さん『犬の掟』迷わず撃てお前が警官ならば―あらすじ&感想 東京湾岸で射殺体が発見された。蒲田署の刑事は事件を追い、捜査一課の同期刑事には内偵の密命が下される。所轄署より先に犯人を突き止めよ――。浮かび上がる幾つもの不審死、半グレグループの暗躍、公安の影。二組の捜査が交錯し、刑事の嗅覚が死角に潜む犯人をあぶり出していく……。 今回もドキドキが止まりません。佐々木讓さんの警察小説、久しぶりに読みまし...

『Aではない君と』薬丸 岳 / 子供の罪と父の苦悩 

薬丸岳さん『Aではない君と』殺人者は極刑に処すべきだ。親は子の罪の責任を負うべきだ。自分の子供が人を殺してしまってもそう言えますか? あらすじ&感想勤務中の吉永のもとに警察がやってきた。元妻が引き取った息子の翼が死体遺棄容疑で逮捕されたという。しかし翼は弁護士に何も話さない。吉永は少年法十条に保護者自らが弁護士に代わって話を聞ける『付添人制度』があることを知る。生活が混乱を極めるなか真相を探る吉永に...

『ペトペト星』山本くんガチャ / 宇宙研究所で見た光 

03.『ペトペト星』山本くんガチャ名前はぺぺとトトでペトペト星でしょうか?あらすじ&感想宇宙研究所で働くぺぺとトトは、夜空に光る星を発見する。新しい星では?と期待を膨らませる二人。しかし、3日目の夜には、その星が見えなくなってしまい・・・。タイトルが可愛らしいなと思いながら読み始めました。ぺぺとトト。その2人の名前から生まれたタイトルなんですね。新しい星、発見!!真夜中の宇宙研究所で、ぺぺとトトは夜空に小...

『海に降る』朱野 帰子 / 深海の宇宙 マリンスノーと白い糸 

朱野帰子さん『海に降る』地球上には、宇宙よりも遠く、手の届かない場所がある。深海だ。あらすじ&感想 JAMSTEC(海洋研究開発機構)に勤務し、女性として初めて、有人潜水調査船〈しんかい6500〉のパイロットを目指す天谷深雪。父への不信から閉所恐怖症を発症し、船に乗ることができなくなってしまう。そんな時、広報部に中途採用の新人・高峰浩二がやってきた。高峰は、亡き父が18年前に日本海溝の海底で目撃したという未確認...

『鍵穴の風景』山本くんガチャ / 不思議な黄色の扉 

02.『鍵穴の風景』山本くんガチャ鍵穴から見えるものとは?あらすじ&感想雨の降る街中で、絵描きであるジャックが見つけた黄色の扉。中央には「20」という謎の文字が彫られていた。鍵穴を覗きこむと、そこに見えたのは宮殿のような大広間だった。貧しかったジャックは、つい、そこにあった貴金属と絵画を盗んでしまうのだが・・・。面白い!!タカラトミーアーツの『パンダの穴』より登場した山本くんガチャ。今回の山本くんは、傘を...

『王とサーカス』米澤 穂信 / ジャーナリストの迷いと苦悩の果てに 

米澤穂信さん『王とサーカス』わたしはまだ、なにをも知ってはいないのだ。ひとにものを訊く意味も。ひとにものを伝える意味も。あらすじ&感想2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリス...

『完璧な人生』山本くん ガチャ / 全部集めたくなる可愛いガチャ 

「手のひらの文学青年 山本くん」ガチャが可愛い!!手のひらサイズの豆本タカラトミーアーツのガチャブランド「パンダの穴」から、「手のひらの文学青年 山本くん」が登場しました!!実はこのガチャ、山本くんのフィギュアがついたbookチャームと、山本くんが読んでいる小説がセットになっています。山本くん(やまほんくんと読みます) のbookチャームも可愛いことながら、本好きの私が気になったのが、手のひらサイズの本。4cmほどの...

『きらきらひかる』江國 香織 / 銀のライオンと純度100%の愛 

江國香織さん『きらきらひかる』 どうしてこのままじゃいけないのかしら。このままでこんなに自然なのに あらすじ&感想私たちは十日前に結婚した。しかし、私たちの結婚について説明するのは、おそろしくやっかいである―。笑子はアル中、睦月はホモで恋人あり。そんな二人は全てを許し合って結婚した、筈だったのだが…。セックスレスの奇妙な夫婦関係から浮かび上る誠実、友情、そして恋愛とは?傷つき傷つけられながらも、愛する...

『さよなら妖精』米澤 穂信 / 出会いとユーゴスラビアへの祈り 

米澤穂信さん『さよなら妖精』 「哲学的意味がありますか? 」あらすじ&感想 1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。そして彼女が帰国した後、おれたちの最大の謎解きが始まる。謎を解く鍵は記憶のなかに―。忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。 読みながらに古典部シリーズを...