Welcome to my blog

『初雪のふる日』安房 直子 / 白い雪うさぎと教科書の教え

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『初雪のふる日』安房 直子 / 白い雪うさぎと教科書の教え 

安房 直子さん
『初雪のふる日』

うさぎの白は、雪の白
片足、両足、とんとんとん





あらすじ&感想


秋の終わりの寒い日のこと。小さな女の子が村の一本道に、ろうせきで書かれた石けりの輪を見つけました。女の子は夢中になって石けりをしながら進んでいきました。いつしか雪が降り始めたとき、後ろから不思議な声が聞こえたのです。

『初雪のふる日』は学校の教科書にも載っているようですね。
この物語を読んで私の小さい頃の記憶が、おぼろげながら浮かびました。

ケンケンパ。
小さなころ地面にチョークで丸を書いて飛び跳ねながら遊んでいた記憶。
私の住んでいる所は、石けりではなくて「ケンケンパ」と言っていました。
懐かしい。
『初雪のふる日』は、小さな女の子が石けりをしながら異世界に連れて行かれそうになる物語です。
そこには、ちょっぴり怖さもありました。


白いうさぎ


ぼくたちみんな雪うさぎ
雪をふらせる雪うさぎ
うさぎの白は、雪の白
片足、両足、とんとんとん



石けりをしている少女の後ろには、たくさんの白うさぎがいました。
後から後から少女を追いかけてきます。
気づいたときには、前にも白うさぎがいたのです。

うさぎの白は、雪の白
片足、両足、とんとんとん

うさぎが呟く途中途中に書かれているこの言葉。
リズム感があり、何だか楽しくなってきます。
でもそのとき少女は昔おばあさんから聞いた話を思い出すのです。


白い異世界


「だから、気をつけないといけないよ。もしも、そのうさぎの群れにまきこまれたりしたら、もう帰って来られなくなるからね。うさぎといっしょに、世界のはてまでとんで行って、さいごには、小さい雪のかたまりになってしまうんだから」



安房さんお得意の異世界への入口です。
安房さんの描く童話には、ちょこちょこ こう言った異世界がでてきます。
異世界に入ったまま戻らない物語もあれば、ちゃんと現実世界に戻ってくる物語もあって。

結論を言うと、
『初雪のふる日』は、ちゃんと戻ってくる物語の方です。
・・・ちょっとホッとします。

この物語のイメージカラーは白でしょうか。
白=異世界=死。
そんな風に考えてしまう。
戻って来れて良かった。





教科書の教え


『初雪のふる日』は、ちょっとパンチが聞いた怖い物語です。
では、なぜそんな物語が小学校の教科書に載ったのでしょうか。

主人公の女の子は、まだ成長過程にある少女です。
そしてこの物語を読む生徒も同じ。
少女は、おばあさんの教えを思い出してうさぎの列から離れることができました。
道に迷いそうになったら、人生の先輩であるおばあさんのいうことを聞き敬いなさいということ。

そして異世界に連れていかれそうになる場面では、
これから社会に出るときに、間違った方向にいかないように流されないように自分の考えをしっかり持ちなさいということ。
・・・そんな安房さんの想いが伝わってくるようでした。

関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



教科書, 安房直子, うさぎ,

0 Comments

Add your comment