Welcome to my blog

傍にいなくても、気持ちは寄り添える / 映画『神様のカルテ2』

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

傍にいなくても、気持ちは寄り添える / 映画『神様のカルテ2』 

映画『神様のカルテ2』

傍にいなくても
気持ちは寄り添える





『神様のカルテ2』映画でございます。
映画も良かったですね。
やっぱり本と同じところで泣いてしまう。
映画の方は最後にほんのりと温かい気持ちになりました。
ハルさん役の宮崎あおいさん、可愛いですね。


ようこそ、医療の底辺へ






立派な医者ってなんだ。そうやってお前がいつも病院にいるってことは、その間ずっと家族の傍にいられないってことだ

藤原竜也さん演じる進藤先生のこの言葉は心に刺さるものがありました。
真剣に見入ってしまいます。

本の中で印象にあったコーヒー事件も再現されていて、
あぁっ、コーヒーかけた!!
となんだか妙に嬉しくなってしまう私。
微笑む場所ではないんですけどね・・・。


最高の星空


古狐先生が貫田先生になっていた・・・。
私は1話の映画は見ていないのでわかりませんが、1話ではどうやら古狐先生がカットされていたようですね。
なぜに・・・?
それでなのかしら。
でも大まかなストーリーは本と一緒で良かった。
その貫田先生の星空のシーンが、やはり好きです。

たとえもうどうすることもできない患者さんでも一緒に悩み、何かできることはないかと考える姿に胸を打たれます。
人の温かさを感じますね。

傍にいなくても、気持ちは寄り添える。

この言葉を実感した作品でした。


***


本のレビューも書いています。
映画も良いですが、本の方がもっと良いです。
↓↓↓
温かい涙と優しい気持ち ☆『神様のカルテ』夏川 草介
素敵な家族と医師の絆 ☆『神様のカルテ2』夏川 草介

関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

医師, 神様のカルテ,

0 Comments

Add your comment