Welcome to my blog

『神様のカルテ0』夏川 草介 / 優しさと想像する力

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『神様のカルテ0』夏川 草介 / 優しさと想像する力 

夏川 草介さん
『神様のカルテ0』

優しさは弱さではない。
相手が何を考えているのか、
考える力を「優しさ」というのです


あらすじ&感想


『神様のカルテ』に登場する人々の物語を集めた珠玉の短編集。
「有明」・・・ 医師国家試験直前の一止とその仲間たちの物語。
「彼岸過ぎまで」・・・ 本庄病院の内科部長・板垣(大狸)先生と事務長・金山弁二の物語。
「神様のカルテ」・・・ 研修医として本庄病院で働くことになった一止の物語。
「冬山記」・・・ 山岳写真家である榛名の物語。

素敵な物語でした。
『神様のカルテ0』は、様々な人たちを主人公にした物語です。
それも『神様のカルテ』以前の物語。

読んだあとに、「自分も優しくありたい」「優しい人間でありたい」と思ってしまうような温かい作品でした。





優しさと想像する力


優しさは弱さではない。相手が何を考えているのか、考える力を「優しさ」というのです



良い言葉ですよね。
相手の気持ちを想像できることが優しいということ。
夏川さんは本を読む人ほどたくさんの人生を体験でき、たくさんの人の気持ちがわかるようになると本書で書いています。
大事なのは、想像力

『神様のカルテ』の登場人物は、イチさんを始めみんな心の痛みがわかる人たちなんです。
だから、すんなりと共感できてしまう。
イチさんも、進藤さんも、ハルさんも、大狸先生も、みんな優しい。
私も優しい人間でありたいです。
そんな風に思わせてくれる『神様のカルテ0』は優しさがたくさん詰まった物語。

「有明」では、進藤さんの友達に対する優しさが溢れていました。
こんな男性は素敵です。
「彼岸過ぎまで」では、大狸先生と金山事務長さんの優しさが。
「神様のカルテ」では、夏目漱石を愛読書とするイチさんの優しさが。
「冬山記」では、ハルさんの揺るがない山への愛と優しさが。
・・・どのお話も心温まります。


短編集ならではの魅力


本書は様々な登場人物を主軸として描かれています。
この短編集を読んで、今までそんなに好きではなかった登場人物が好きになったりもしました。
「彼岸過ぎまで」で描かれている金山事務長です。
病院の事務をひき受けている金庫番。
今まではちょと冷たくて良い印象がありませんでしたが、180度変わりました。


自分の仕事は医師に完璧を求めることではない。『医師が完璧に近づけるよう環境を整えることだ』



そう言い切る事務長もまた、辛い過去を経験して自分の信念に基づいて行動しているんだなと・・・。
大狸先生と事務長の二人が焼き鳥屋で話す会話が好きです。
・・・本当に夏川さんが描く登場人物はみんな素敵です。





夏川さんの想い


「医者にできることなんざ、限られている。俺たちは無力な存在なんだ」
「大切なことはな、栗ちゃん。命に対して傲慢にならねえことだ。命の形を作りかえることはできねえ。限られた命の中で何ができるかを真剣に考えるってことだ」



大狸先生がイチさんに話している言葉です。
そこに夏川さんの想いがにじみ出ているようでした。
お医者さんだからこそ感じるやるせなさ。
そして夏川さんの医療に対して真摯で誠実な気持ちが伺えます。
この本を書いた夏川さんもまた、優しい人なんだろうな。

関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



医師, 神様のカルテ,

4 Comments

クリボー  

面白そうな本ですね。読んでみます‼そういう本に気付けるってすごいことですね。

2015/06/15 (Mon) 05:15 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

クリボーさんへ。

ありがとうございます。
温かいお言葉、とても嬉しいです( ^^ )

『神様のカルテ』は0の前に1、2、3とあり、シリーズものになっています。
泣いてしまうくらい感動できますので、オススメです(*^_^*)

2015/06/15 (Mon) 09:10 | EDIT | REPLY |   

おともだちパンチ  

 こんにちは。リンクありがとうございます。「神様のカルテ」シリーズ、あっという間に4冊完走ですね。私も3冊は一気読みで、「神様のカルテ0」は発売後すぐに買いに走りました。それほど大好きなシリーズです。

>優しさは弱さではない。相手が何を考えているのか、考える力を「優しさ」というのです
 ここは私も大好きな箇所でした。この作品全体に溢れる優しさ、登場人物1人1人の優しさは「想像力」にあったんだ、とうなずきながら読みました。

 私はその後の、「優しい人は苦労します」の部分も好きです。たしかに、想像することは相手の痛みや悲しみも分け合うことなので、苦労は多いと思います。それでも、この本から相手のことを想像できる力の大切さ、素晴らしさを教えてもらったような気がしました。

2015/06/15 (Mon) 09:58 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

おともだちパンチ さんへ。

こんにちは。
こちらこそ、いつも素敵なレビューありがとうございます(*^_^*)
『神様のカルテ0』のレビューも素晴らしかったので、勝手にリンクしちゃいました(´˘`๑)
本当にあっという間に4冊読めちゃいました。
シリーズものでこんなにハマったのは久々で、『神様のカルテ』からはたくさんのことを学びました。
今から4が楽しみです(たぶん続きますよね。)

私も好きな箇所が同じでした。
まさに、おともだちパンチさんの「やさしくなりたい」という気持ちです。
本を読むことで培える想像力と優しさ。
その大切なことに気づかせてくれる物語でした。

優しい人は苦労する。
深いですねぇ。
苦労した分だけ人は成長するのでしょうね。
私もこの本の登場人物たちのように、人の痛みがわかる人間でありたいと思います。

2015/06/15 (Mon) 12:42 | EDIT | REPLY |   

Add your comment