Welcome to my blog

『禁断の魔術』(文庫版) 東野圭吾 / ガリレオと科学を制する者

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『禁断の魔術』(文庫版) 東野圭吾 / ガリレオと科学を制する者 

東野圭吾さん
『禁断の魔術』文庫版

科学を制する者は 世界を制す





あらすじ&感想


高校の物理研究会で湯川の後輩にあたる古芝伸吾は、育ての親だった姉が亡くなって帝都大を中退し町工場で働いていた。
ある日、フリーライターが殺された。彼は代議士の大賀を追っており、また大賀の担当の新聞記者が伸吾の姉だったことが判明する。伸吾が失踪し、湯川は伸吾のある“企み”に気づくが・・・。


ガリレオシリーズ『禁断の魔術』文庫版です。
単行本に収録されている4つのうちの「猛射つ」(うつ)を大幅に改稿して、ページ数を倍増したものになっています。

過去に読んでいたこの作品。
大体のストーリーは変わってなく、展開は分かっていましたがそれでも面白く一気読みでした。


科学の戒め


東野圭吾さんの本には、よく科学が出てきますよね。
最近読んだ『天空の蜂』や『ラプラスの魔女』などもそうでした。
東野さんがエンジニアだったこともあり、それを絡めた作品は毎回圧倒されます。

今回の『禁断の魔術』は「レールガン」という一歩間違えれば兵器にもなり得るものがでてきます。


金属製の二本のレールの間に伝導体を挟み、瞬間的に大電流を流せば、発生する磁場との相互作用で伝導体には大きな力がかかる。原理は至ってシンプルだ。



なにやら難しい表現ですね。
私にはチンプンカンプンですが、電気を使って射つ大砲のようなものでしょうか。
湯川先生の母校に通っていた古芝伸吾は、姉の復讐のためその装置を作るのです・・・。

この物語には、東野さんのある想いが描かれています。


良いことだけに使われるわけではない。要は扱う人間の心次第。邪悪な人間の手にかかれば禁断の魔術となる。科学者は常にそのことを忘れてはならない



この湯川先生の言葉は心にズシッときました。
使い方次第で善にも悪にもなる。
便利なものというのは大抵そんなものです。

科学を制する者は世界を制す
本の中によく出てくる戒めのようなこの言葉。
作る人も使う人も心に刻んでおきたい言葉ですね。
やはり東野作品は深いです。




ガリレオが殺人を犯す!?


この物語のヤマ場はラストのシーン。
湯川先生が犯罪に手を染めるか、染めないかのシーンがドキドキでした。


「これはこれは警視庁の草薙警部補。わざわざ来てもらって悪いが、それ以上は近づかないでもらいたい。そんなことをしたらレールガンのスイッチを入れる」



まさか、まさかの展開!!
湯川先生は犯罪に手を染めてしまうのでしょうか!?

そんな行動に出る湯川先生は、古芝くんを想う気持ちに溢れていました。
愛情ゆえの苦悩が全体を通して描かれていて胸が痛みます。
思わずジーンとしてしまいました。


愛情溢れる人間ドラマ


毎回思うのですが、東野さんの描く登場人物が素敵です。
ガリレオ先生だったり、内海さんだったり、草薙さんだったり・・・。
読みながらにドラマの福山雅治さんや、柴咲コウさんの映像が浮かんできました。
この「猛射つ」もドラマにぴったりのお話で、ぜひ映像化して欲しいなと思いました。





シリーズ最終作品


『禁断の魔術』はシリーズ最終作品になるかもしれないと囁かれていますよね。

「もし自分のせいで殺人犯になりそうな人間がいたら、湯川はどんなふうに苦しみ、どうやって責任を取るだろう」

東野圭吾さんのこの発想で生まれたこの作品は、ガリレオ先生の苦悩がよく描かれていて人間味を感じました。
そこに自然と感情移入ができて、ますます湯川先生が好きになります。

『容疑者Xの献身』がこのシリーズでは1番だという考えは変わりませんが、今回のお話も良かったです。
単行本の短編を読んでいても、もう一度文庫版の長編を読む価値はあると思いました。

関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



東野圭吾, 科学, ガリレオ,

4 Comments

lime  

ガリレオは、恥ずかしながらドラマでしか見ていないのですが、大好きなシリーズでした。
東野さんの原作あっての魅力なんだろうな、とは思いつつドラマだけで満足してしまった悪いファンなんですが^^
科学や物理学は誰もがきっと興味を抱く分野でしょうし、そこにミステリーを組み合わせた東野さんはさすがです。そしてキャラクターの秀逸さ。
あの飄々とした湯川先生が、また別の表情を見せてくれるんでしょうか。
ラストがとても気になります。読んでみたい。
でもきっと、読みながら浮かんでくるのはやっぱり福山さんなんだろうなあ^^ドラマ化も、希望です。

2015/08/10 (Mon) 22:35 | EDIT | REPLY |   

woodship  

こんにちわ

東野さんの本は好きで色々と読んでいますが
まだ、禁断の魔術は読んでいませんでした。
ぜひ、手に取ってみたいと思います。

それにしても東野さんの作品は
「そう来たか~」といつも思ってしまいます。
このような発想力、読むたびにうらやましく感じてしまいます・・・。

2015/08/10 (Mon) 22:38 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

limeさんへ。

ドラマも良いですよねー。
東野さんの描くガリレオのイメージにぴったりだと思います。
原作も素晴らしいですよ。
短編もいいのですが、やはり『容疑者Xの献身』や『聖女の救済』などの長編が私は好きですねぇ。

東野作品の魅力の一つに愛着が湧くキャラ設定がありますよね。
小説の中の湯川先生も、福山さんに負けず劣らず素敵です。
内海さんは、しっかりしていて鋭く憧れてしまいます(*^_^*)
一冊読むと、シリーズ全部読みたくなってしまうような魅力があるんです。
今回の湯川先生、素敵でした。
映像化して欲しいですね。

2015/08/11 (Tue) 00:10 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

woodshipさんへ。

こんにちわ。

私も東野さん大好きで、毎回圧倒されます。
天才という言葉がしっくりくるような作家さんですね。
ほんとに東野さんの発想力には頭が下がります。
『変身』の脳移植だったり、『白夜行』の心情が一切描かれない書き方だったり・・・。
名作がたくさんあって、いつも凄さを感じます。

今回は、作る側の科学者の想いや、湯川先生の苦悩による決断に心が動かされました。
『禁断の魔術』は、映像化したら面白いだろうなと思える作品です。
短編の「猛射つ」を肉付けしてより深みが増したと思います。
ぜひ、読んでみて下さい(*^_^*)

2015/08/11 (Tue) 00:29 | EDIT | REPLY |   

Add your comment