Welcome to my blog

『悪党』薬丸 岳 / 罪と罰

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『悪党』薬丸 岳 / 罪と罰 

薬丸岳さん
『悪党』

その罪は赦せますか?



あらすじ&感想


元警官の佐伯修一は、埼玉の探偵事務所に籍を置いている。そこに、ある老夫婦から人捜しの依頼が舞い込んだ。自分たちの息子を殺し、少年院を出て社会復帰しているはずの男を捜し出してほしい。さらに、その男を赦すべきか、赦すべきでないのか、その判断材料を見つけて欲しいというのだ。佐伯は、所長の命令で渋々調査を開始する。実は、佐伯自身も、かつて身内を殺された犯罪被害者遺族なのだった…。






はぁ・・・。
と何度もため息をつきながら読み終えました。
被害者は何をもって加害者を赦せるのか。
「罪と罰」を描いています。
そんな重いテーマを見事に描いた薬丸さんは、やはり凄い。

読んでいる途中でなんかこの話知ってると思いましたが、前にドラマ化されたものを見ていたんですね、私は。
滝沢秀明さん主演のドラマです。
ドラマも見ごたえありました。


悲痛な心の叫び


この本を読んでいる途中で、私は何回も目を閉じて深呼吸をしました。
そして気持ちを落ち着かせてから読み始めます。
苦しい・・・んです。
そこには悲痛な心の叫びが描かれています。


一人娘を殺した代償はこんな軽いものなのか、大切な人の命の代償はこんなものなのか



私たちはその憎悪や糾弾を一身に浴びるのです。ただ家族というだけで。



弟を殺して、ぼくをこんな風にしたあの女が幸せになるのは許せない。自分がやったことの罪を忘れて、幸せになろうとしているあの女が許せない。



本当に言葉を失ってしまう・・・。
そこにあったのは憎しみでした。
たくさん感情移入して、辛くて、苦しくて。
でも読むのをやめられないのです。





その罪は赦せるのか


探偵事務所で働く佐伯の元には、様々な調査依頼が持ち込まれます。


あの男を赦すべきか、赦すべきでないのかが知りたいのです。



愛する者を失った家族、細谷夫妻からの依頼でした。
佐伯は社会に出てきている加害者を調べ始めます。


もし、坂上がまっとうな職に就いていたならば、細谷夫妻にとって赦せる材料になっただろうか。健太の墓に線香を供えて懺悔をすることが反省なのだろうか。



私も一緒に悩みました。
何をもってしてでも許せることではないのだろうと思います。
きっとそんな時は訪れない。
加害者は一生その罪を背負って生きていくべきです。


悪党になろうとした主人公


私はゆかりの復讐を果たすために
悪党になるんだ


主人公である佐伯もまた、大切な姉を犯罪により亡くした被害者だったのです。
探偵の依頼によって様々な人々を見てきた彼。
彼の報告により復讐を果たしてしまった依頼人もいました。

復讐からは何も生まれない。
でも佐伯もまた悪党になろうとしていました。
罰を与えようとしていたのです。
そう思うことは当たり前の感情で、共感できてしまいます。
でもやはり一線を超えてはいけないのだと思います。
その主人公の葛藤が痛いほど伝わってきました。
本当に苦しい。





罪を償うということ


犯罪者は何をもって罪を償ったといえるのだろう。
ただ刑期を終えれば償ったことになるのか。
まっとうに働いていれば帳消しになるのか。

・・・難しい。
たった二文字の「贖罪」という言葉には、多くの感情が溢れていますね。
簡単に償えるものではないんですよね。
簡単であってはいけない。
そんなことを考えてしまう、この本は凄いですね。
何も考えずに犯罪に走ってしまう人たちがいますが、もっと想像してほしいと思います。


父のことば


重いテーマを見事に描き切った感がある『悪党』。
ここまでは重く苦しかったですが、結末はわりと爽やかな終わり方でした。
ホッとします。

ずっと重いレビューでしたので、最後は私がジーンとした言葉で締めたいと思います。
佐伯に父親が言った素敵なひとことです。

いつでも笑っていいんだぞ。
いや、笑えるようにならなきゃ
いけないんだぞ。

おれたちは絶対に不幸になっちゃいけないんだ


・・・ジーンとしますね。

関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

薬丸岳, 贖罪,

2 Comments

lime  

このお話は読んでいないのですが、物語の中の、持っていき場の無い被害者家族の憤りや、法への疑問など、しみじみと感じました。
この方の小説には、そういう憤りが詰まっているものが多いようにおもいます。
リアルで、やりきれない殺人事件が起こった時に誰しもその刑罰の軽さに憤慨しますよね。
数か月前に、神戸連続児童殺傷事件の犯人が、手記を書籍化し印税を何千万も得た件でも、本当に憤りを禁じ得ませんでした。
こんな風に世間が犯人を許容する社会は許せないです。遺族の気持ちになったら、やりきれない。書籍が凶器になってしまう気がして、それも辛いです。
話しがずれてしまってごめんなさい><

犯人が更生しても深く反省しても、被害者は生き地獄なのには変わりないんですよね。でも、極刑にされたとしても、やはり悲しみは消えないのも事実で。
最後に書かれてあったように、ちゃんといつでも笑えて、それ以上人生を貶められないようにする・・・と言うのが、被害者家族に残された唯一の道なのかもしれないですね。
今現在リアルに起こっている事件の報道など見ながら、胸の痛む思いで読ませていただきました。

2015/08/23 (Sun) 09:43 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

limeさんへ。

コメントありがとうございます (*^_^*)
薬丸さんの小説は確かに、被害者家族の憤りを扱ったりするものが多いように思います。
特に少年法などの司法制度を絡めたお話などが上手く、様々な感情が湧き上がってきます。
やりきれなさを感じてしまいますが、グイグイ引き込まれてしまうんですよね。
重いテーマながら最後まで読み切れるのは、薬丸さんの手腕によるものだと思います。

私も神戸連続児童殺傷事件の犯人には憤りを感じます。
当時、その犯人が少年だったと知った時は驚きを隠せませんでした。
そして、この間の書籍・・・。
ちゃんと反省しているのだろうかと、疑問に思います。
読みたいとも思いません。
出版した人たちにも憤りを感じました。
そのことが許されてしまう今の社会にも。
本好きな私としても、この書籍の出版は悲しい事実です。
回収してほしい。
・・・熱くなってしましました。


そうですね。
遺族の方の悲しみは癒えることはないのでしょうね、たとえ犯人が極刑になったとしても。
事件の報道を見るたびに、やりきれなさが募り胸が痛みます。
人の人生を奪う権利なんて誰にもありません。
理解が出来ない事件が多いです。

2015/08/23 (Sun) 11:24 | EDIT | REPLY |   

Add your comment