Welcome to my blog

絵本『緑色のうさぎの話』道尾秀介 / それでも生きてゆく

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

絵本『緑色のうさぎの話』道尾秀介 / それでも生きてゆく 

道尾秀介さん × 半崎信朗さん
『緑色のうさぎの話』絵本

みんなと ちがう きみが
うらやましかった





あらすじ&感想


直木賞作家、道尾秀介がデビュー前の17歳の冬に描いた絵本の原作を、Mr.Childrenのプロモーションビデオ『花の匂い』『常套句』を制作し、話題を呼んだ半崎信朗が描き下ろす、これまでにない質感の感動絵本! いじめにあった緑色のうさぎが、自らの悲惨な境遇や大切な人の死を乗り越えて生きていく姿を美しく描く、こころ温まる物語。

せ、切ない・・・。
読みながら泣いてしまいました。
道尾さんの絵本『緑色のうさぎの話』。
17歳の時に書いたお話で、『プロムナード』に掲載されているようですね。
半崎信朗さんの可愛らしい絵がマッチしていまます。
可愛いけど、どこか哀愁ただよう絵。
そして道尾さんの文は切なさと悲しさが込み上げてきます。


仲間はずれ


この絵本の主人公はタイトルの通り緑色のうさぎ。
周りはみんな白いのに、このうさぎだけ緑色でした。
みんなと違うから仲間はずれ。
子供の世界にはよくある情景です。
でも大人の世界にもあるのかもしれませんね。
見た目が違うからという理由で避けたり、仲間はずれにしたり・・・。
本質は変わらないのに。

この絵本を読んでいると、心がズキンとえぐられるような感覚になります。
少なからず私にもそんな経験があったからです。
子供の頃は見て見ぬ振りをし、大人になった今はどうだろう?
知らずのうちに人を傷つけてしまっていることがあるかもしれません。
道尾さんの本は心が揺さぶられる。

緑色のうさぎの気持ちが痛々しいほどに、伝わってくる一文がありました。


しろくなりたくて
しろい はなや タンポポのわたげを
たくさんたくさんたべたけれど だめでした。


もう ひとりぼっちは いやだ・・・・・。


切なくなります。
外見が違うというだけで仲間はずれにされて、みんなと同じになりたいと願う。
みんなと違って何がいけないの?
人もうさぎも誰1人同じではありません。
みんな同じだったら、それはそれで気持ち悪い。
個性がなくなってしまいますよね。





言葉にするって大事


思い詰めていた主人公は、ある行動を起こしてしまいます。
でも、それがきっかけで180度物語は変わるのです。
良い方向に。


みんなと ちがう きみが うらやましかった



仲直りです。
良かったぁ。
この部分を読んだ時、安心してまた泣けてきました。
緑色がうさぎの個性だと周りが分かってくれた瞬間。
言葉って大事だなぁと思いました。

・・・でも喜んだのもつかの間。
緑色のうさぎには更なる試練が待っていたんです。


読んだ後に残るもの


私が読み終わって感じた感想は、切ないでした。
そして悲しく儚い。
・・・こんなことを書くと結末が想像できてしまうかもしれませんね。
物語に留まらず、リアル感が伴っています。

楽しい時間ほど、あっという間に過ぎていってしまいます。
ずっとそのままでいたいのに叶わない。
過ぎゆく「時の儚さ」が感じられました。
そして楽しい時を思い返すときに感じる孤独感。
そんな気持ちを表している部分があるのです。
それがこちらです。

おもいで

おもいでは ぼくの なくした
すべてのもの
だって もう みることも きくことも
できない。
このよで いちばん としをとったものが
じかんなら
ぼくを みつけて くれても いいのに。


切なさに胸が張り裂けそうになりました。
楽しさを1度でも味わったことで感じる孤独感。
だったら初めから楽しい時をナシにしたいとは思いませんが、切なさが残りました。
道尾さんらしい結末ですね。





精一杯、今を生きる


楽しいことがあっという間に終わってしまうなら、精一杯たのしもうと思いました。
『緑色のうさぎの話』は、物語のようであって人の人生を描いているかのような現実感があります。
17歳の時に書いたのだから道尾さんは凄いですね。
悩み、楽しさ、孤独、儚さ。
それらがあったからこそ精一杯生きようとする気持ちになれる。
素敵な物語でした。


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



絵本, うさぎ, 切ない, いじめ,

2 Comments

lime  

おはようございます

とても印象的で柔らかい、素敵なタッチのイラストですね。
お話の雰囲気も、そして内容も、大人が読んでもじんと胸にきそうな本だと感じました。
17歳でこの物語を書けることもすごいなと思ったのですが、もしかしたら17歳だからこそ書けたのかも、とも思いますね。
大人になると、安易に優しくて温かいラストにしてしまいがちですから。
とても気になる絵本です。

2015/08/29 (Sat) 08:00 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

limeさんへ。

おはようございます。
コメントありがとうございます(^-^)
素敵なイラストですよね。
優しいながらも、道尾さんの文章と合わせて眺めると、少ししんみりしてしまうんです。

そうですね。17歳だから書けたのかもしれませんね。
そのままの飾らない気持ちが素直に表れている気がします。
だから心に残るものがあるのかも。
道尾さんの絵本、良かったですよ。
『プロムナード』には道尾さんの絵で掲載されているようなので、今度そっちも読みたいなと思いました。

2015/08/29 (Sat) 11:37 | EDIT | REPLY |   

Add your comment