Welcome to my blog

『しんがり 山一證券 最後の12人』清武 英利 / 場末社員の聖戦と結末

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『しんがり 山一證券 最後の12人』清武 英利 / 場末社員の聖戦と結末 

清武英利さん
『しんがり 山一證券 最後の12人』

会社が消えても 誇りは消えない


あらすじ&感想


「俺たちで決着をつけよう」会社の消滅時に、最後まで意地を貫いた社員の物語。1997年、四大証券の一角を占める大手、山一證券が金融危機のさなかに破綻した。幹部たちまで我先にと沈没船から逃げ出すなか、最後まで会社に踏みとどまり、真相究明と顧客への清算業務を続けた社員たちがいた。彼らは社内から「場末」と呼ばれ、煙たがられた部署の連中だった―。






1997年・・・
私がまだ学生だった頃のことですね。
当時の記憶はあまりないのですが、漠然と証券会社も潰れるんだなぁ・・・と思ったのを覚えています。
『しんがり』は、破綻した山一證券についてジャーナリストである清武さんが詳細なインタビューを元に描いたものです。


日本を震撼させたニュース


1997年11月。
山一證券が自主廃業という衝撃的なニュースが流れました。

山一には、約二千六百億円の帳簿外の債務がある・・・というものです。
当時社長であった野澤正平さんの号泣記者会見を見て、記憶にある人も多いのではないかと思います。
社長に就任してそんなに月日が経っていない頃の出来事でした。
「社員は悪くありませんから!」と叫ぶ野澤さん。
私は記憶にないのですが、この本を読み野澤さんの言葉に悔しさと社員を想う気持ちが伺えて心を揺さぶられました。
しかも野澤さんは債務の事実を何も知らされず社長にされたのです。
・・・・・酷すぎる。

原因を調査するために立ち上がった人たち。
山一證券がこのような結末を迎えた経緯にはどんなことがあったのか。
彼らの熱意と会社を思う気持ちに感動を覚えました。


場末のしんがりたち


「後軍」(しんがり)という言葉がある。戦に敗れて退くとき、軍列の最後尾に踏みとどまって戦う兵士たちのことだ。



会社が倒産しその社員の殆どが再就職を探す中、崩壊した会社に踏みとどまって仕事を続けた人たちがいました。
業務監理本部(ギョウカン)の嘉本隆正、菊野晋次、長澤正夫を始めとした12人です。
彼らはエリートではなく、会社中枢から離れたところで仕事をしてきた者ばかりでした。
案外そんな人たちの方が最後の最後に力を発揮するものなのかもしれませんね。
なんのメリットもなく、しかも無給で・・・。
なかなか出来ることではありませんよね。

彼らは清算業務と約二千六百億円の債務はどこからきたものなのかを調べ始めます。
そして債務を隠した「管理人」を突き止め、約100人の幹部たちに数百回のヒアリングを実施したのです。
そこには昔ながらの証券会社の闇、そして過去の事件が端緒となっていました。





破綻の結末の裏には・・・


証券会社や投資に疎い私。
わからない言葉が出てくるので検索しながら読み進めました。
まずぶち当たったのが「とばし」と言われるものです。


「飛ばし」とは、含み損の生じた有価証券を抱えた企業が、その損を表面化させないように、決算期の前に企業間で取引をして、別の会社にいったん預ける行為である。



昔はどこの証券会社でも、このようなことをしていたようですね。
法律で禁止されていますが。
A社、B社、C社・・・と「飛ばし」ていく。
そのうちにバブルも弾けて負債が大きくなりどうにもならなくなる。

山一證券が破綻したとき、幹部や社員の多くは何も知らされていなかったと書かれています。
当時のトップ( 行平会長や三木社長 )など、ごく一部の人たちによって巧妙に隠されていたんですね。

その発端となったのが、
「三菱重工業CB事件」でした。


一九八六年、山一を含む四代証券が三菱重工業から依頼され、値上がり確実なCB(転換社債)を政財界や総会屋にばらまいたといわれた事件だ。



その頃の四代証券とは、野村證券、大和証券、日興証券、山一證券です。
この事件は、当時関わっていたとされた社員の自殺により真相は究明されなかったようです。

この本を読むまで知らなかった事実。
山一證券の廃業の裏には隠された様々なことがあったんですね。
誰か一人でも暴走を止めることが出来ていれば・・・。
そう思ってしまうのは後の祭りでしょうか。


会社が潰れた時、社員は・・・


この本に書かれている直前まで何も知らされていなかった社員の気持ち。
それは痛々しいものがありました。


山一破綻のテレビニュースを見ながら、父はこうつぶやいた。「もう普通の世の中ではなくなるんだ」



普通の世の中ではなくなる・・・。
今やどんな会社も安心出来ない時代なのかもしれません。
世知辛い世の中です。


三十万株以上も持っていた男性社員もいた。自主廃業する数年前にマンションを購入した女性もいる。(中略) ローンだけが残ったのだった。



資産を失ってしまった人たちの心情は想像するに余りある。
しかも会社もなくなってしまうなんて・・・。
そしてギョウカンのリーダーである嘉本は思うのです。


サラリーマンである自分の家計を破綻させただけではない。五十四年の自分の人生まで崩壊したような気分にさせられる



・・・会社がなくなるって、こういうことなんだ。
涙がでてきます。
嘉本は社内調査をしていくうちに自分は会社のことを何も知らなかったと気づく。
そこにやり切れなさや怒りが感じられます。
私も働いていたお店がなくなり、転職を余儀なくされた経験がありますが切ないものでした。

会社って何なんだろう、
働くってどういうことなんだろう、
・・・ということを改めて考えました。





誇りは消えない


この本を読んで良かったなと思うのが、人は辛い経験をしたからこそ幸せに生きていけるということを感じたことです。
最後のあとがきには、しんがりチームのその後と当時の気持ちが書かれています。

「私はサラリーマンとして、幸せな人生を過ごしました」
と言う嘉本さん。

最後まで頑張った仲間たちは、それを見ていた他の会社からオファーがあったりしました。
見ている人は見てくれていたんですね。
山一で働いたからこその今がある。
それを誇りに思っている姿には心が温まります。
不正はあったけど良い仲間に恵まれていたんですね。

そして菊野さんの言葉が心に響きました。
なぜ貧乏くじと思われる仕事を引き受けたのか?・・・・という問に、


「自分の母親の介護だったらどうですかな。損か得かはあまり考えず、子供たちの誰かがやるでしょう。どの会社も最後は誰かが看取ってきたんじゃ。どんなサラリーマンにも、そんな気持ちは眠っているんですなあ」



絶望的な状況だからこそ発揮できる力がある。
ギョウカンという左遷社員が追いやられる「場末」で働く彼らは、誇りを持った最強のチームですね。


WOWOWでドラマ化


『しんがり』はWOWOWでドラマ化されます。
主演は 江口洋介さん。
梶井という役名のようです。
仲間には、萩原聖人さん、林遣都さん、勝村政信さんたちです。

サラリーマンを描いた熱いヒューマンドラマ。
原作がとても良かったのでドラマが楽しみです。


WOWOWご加入はネットがお得です。
こちらからどうぞ↓


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



銀行, WOWOWドラマ,

0 Comments

Add your comment