Welcome to my blog

『5人のジュンコ』真梨 幸子 / 翻弄される女たちの悲劇と結末

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『5人のジュンコ』真梨 幸子 / 翻弄される女たちの悲劇と結末 

真梨幸子さん
『5人のジュンコ』

あいつ、消えればいいのに。





あらすじ&登場人物


なぜ私は、あの子と同じ名前になってしまったのだろう。篠田淳子は、中学時代の同級生、佐竹純子が伊豆連続不審死事件の容疑者となっていることをニュースで知る。彼女は、淳子の人生を崩壊させた張本人だった。親友だった女、被害者の家族、事件を追うジャーナリストのアシスタント……。佐竹純子と同じ「ジュンコ」という名前だったがゆえに、事件に巻き込まれていく4人の女たち。


〈 主な登場人物 〉
※ ( ) は役者名です。

篠田 淳子 (ミムラ) ・・・純子とは中学の同級生。
田辺 詢子 (松雪泰子)・・・ジャーナリストである久保田芽依のアシスタント。プライドが高い。
守川 諄子 (麻生祐未)・・・故人。出会い系サイトを利用していた守川正志と、美香の母。
福留 順子 (西田尚美)・・・主婦。一人息子の健人がいる。久保田芽依のことが嫌い。
佐竹 純子 (小池栄子)・・・伊豆連続不審死事件の被疑者。

真梨さんの本、はじめて読みました。
結構、心に不可がかかる・・・。
その理由は後ほど。

この本は5人の女達が出てきます。
漢字が違えど、発音は同じ「ジュンコ」。
こう見ると、いろんな漢字があるものですね。
読んでいる時に、登場人物がこんがらがってしまったので、上に↑まとめてみました。


バタフライ効果


この物語は、不幸の連鎖を描いています。
伊豆連続不審死事件の被疑者である佐竹純子をめぐって、同じ名前の「ジュンコ」たちと、そのまわりの人々が犯罪を犯したり、それに巻きこまれたりします。

この世の中のすべては
なにかしら影響しあっている


そういうのをバタフライ効果 (バタフライエフェクト) と言うようですね。


西の果ての国で蝶が羽ばたいたことが原因で、東の果ての国で大量の人が死ぬことだってあるんです。



「風が吹けば桶屋が儲かる」という ことわざがあるように、一見すると全く関係がない物事のように見えるけど、めぐりめぐって影響がでてくること。
この本のテーマでもあるバタフライエフェクト。
「ジュンコ」という名前をもってしまったために、次々とおこる事件の連鎖にゾッとします。
その中心にいるのが、佐竹純子です。





男性を虜にする純子


佐竹 純子は、静岡県熱海市を中心に起きた通称「伊豆連続不審死事件」の犯人。元スナックホステスで、彼女の周囲で計5人の不審死が発覚したことで、注目される。



ものすごい悪女。
なんだか前に似たような事件があったような・・・。

この物語の中心にいるのは純子ですが、本人の視点で物語が語られるのは、最後の方だけなんです。
淳子 → 絢子 → 諄子 → 順子 → 純子
という感じで進んでいきます。
その中でも存在感のある彼女。
その影響力は凄まじいものがあります。

最後は、びっくりする結末が待っているんです。
あの「ジュンコ」が、曲者でした・・・。


不快な女性心理


本の帯に書かれている、こわいひとこと。

あいつ、消えればいいのに。

一瞬、寒気が・・・・・。
帯を読んで、これは一筋縄ではいかない物語だなと思いました。
何というか・・・
ひとことで言いあらわすのなら、
不快。
言葉が悪いですが、それがぴったりな物語のような気がします。

・・・イヤーな女たちがたくさん出てくるんです。
プライドが高いひと、人を見下すことによって優越感に浸ろうとする人・・・。
先ほど私は心に不可がかかる・・・と書きましたが、その理由は「不快な女性心理」にあります。


のろけを聞かされる女友達の表情が醜く歪んでいく様子がなにより美味しかった。



男をブランドやアクセサリーのように容姿で判断する女。
その判断基準は、自慢に値するかどうか。
・・・・・イヤです。

すべての登場人物たちが、見事に好きになれない。
こんな小説も初めてです。

でも、恐ろしいことに気づいてしまいました。
この心理は女性だったら、だれしも抱いたことがあるものではないか?と。
人を妬んだり、羨んだり、比べてしまったり・・・。
私もないとは言いきれません。
だから余計に心に不可がかかったのかもしれません。

ここでは、そうとうイヤな感じに書かれています。
こうはなりたくないなと思いつつ読んでいましたが、少しチクリと心が ざわめく。
ドキっとしてしまうんですよね。

こわい、こわい。
・・・・・気をつけよう。

真梨さんの本はエネルギーが吸いとられます。
2冊続けて読むのは、私にはムリかも。
面白かったけど、心にくる負担が大きいです。





なりたくないランキング


けっこう登場人物が多いんです。
5人のじゅんこの他にも、たくさん出てきます。
見事に誰も好きになれないけど。

私的に「こんな女には なりたくない」人物をランキングにしてみました。
BEST3です。

1位・・・・・ やはり純子、かな。
男を手玉に取れるのは羨ましい気もしますが、周りの人が不幸になるのは頂けない。

2位・・・・・ 蒲田 里穂子
エピソード4 福留順子に出てくるお嬢様タイプ。面倒ごとをすぐ押しつけるのは頂けない。

3位・・・・・ 恵原 聡美
同じく、エピソード4に出てくるひと。ほんのちょこっとしか登場しないけど、こういう人、怖いです。

圏外ですが、
ジャーナリストの久保田芽依もキライです。最後まで読むと煮えきらない思いが後をひきます。

ほんとうに、イヤなやつばかり・・・。
心の底にある闇の部分を見事に描いた小説です。
翻弄される女たちが、少し可哀想。
・・・女って、こわいですね。


松雪泰子 主演でドラマ化


真梨さんの本は、ドラマ化が難しいと言われています。
作家さん自身も、映像化という概念なく書かれているようで、今回のドラマ化はとても楽しみにしているそう。

主演の松雪泰子さんが演じるのは、田辺絢子です。
事件の取材をしていく彼女は、途中で・・・。
原作と同じ展開になるのかな?

心理描写が凄まじいバトル。
そして明らかになる真実。
どう描かれるのか楽しみです。



WOWOWご加入はネットがお得です。
こちらからどうぞ↓
関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



イヤミス, WOWOWドラマ,

3 Comments

ひだまりさん。  

鍵コメさんへ。(4/9)

コメントありがとうございます☆
イヤーな女たちがたくさん出てきます。
こんなに登場人物が全く好きになれない小説も初めてでしたが、面白かったです(^^♪
さすがのイヤミスでした。

2016/04/09 (Sat) 16:29 | EDIT | REPLY |   

くりぼー  

読み終わりましたよ~。面白かったのでこれもいっき読みでした(笑)ぼくの感覚がおかしいのかもしれませんが、それほどいやな感覚はなかったです。正直に心理をかかれているなぁという感じでした。共感したわけではないのですが、かわいそうな感じがして 誰かが救えなかったのが残念だなと考えてしまいました。こういうところが騙されやすいところなんでしょうね(笑)読んでいて男性は単純なんだなって思いました。有意義な時間を過ごせることができました。いつもどうもありがとう。

2016/04/10 (Sun) 04:58 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

クリボーさんへ。

コメントありがとうございます☆
読み終わりましたかぁ(*^_^*)
面白かったですよね!
この小説、ドラマ化もされていて、そっちも面白かったです。
真梨さんが描く女性心理は的をついていますね。
不快に感じるのは、私が女だからかもしれません。
少し気持ちが理解出来てしまうんです・・・。
でも期間を空けるとまた読みたくなちゃうんですよね。
不思議です。

クリボーさんの感想も聞けて嬉しいです。
感じ方は人それぞれですので、クリボーさんの感覚はおかしくないです。
なるほどなぁと思いました。
1冊の本について、感想を伝えあえるのは良いですね。
よりその本が好きになります(^^♪

こちらこそ、いつも励まされています。
ありがとうございます☆

2016/04/10 (Sun) 13:16 | EDIT | REPLY |   

Add your comment