Welcome to my blog

『カッコウの卵は誰のもの』東野圭吾/スポーツ遺伝子は誰のもの?

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『カッコウの卵は誰のもの』東野圭吾/スポーツ遺伝子は誰のもの? 

東野圭吾さん
『カッコウの卵は誰のもの』

才能ってのはさ、
いわばカッコウの卵みたいなもんだと思う。
本人の知らないうちに、
こっそりと潜まされているわけだ。





あらすじ&感想


スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。母親の智代は、風美が2歳になる前に自殺していた。緋田は、智代の遺品から流産の事実を知る。では、風美の出生は? そんななか、緋田父子の遺伝子についてスポーツ医学的研究の要請が……。さらに、風美の競技出場を妨害する脅迫状が届く。


このお話、WOWOWでドラマ化されますね。

白銀の世界に遺伝子の謎が舞う。
その才能は努力か遺伝か―


親子の絆を感じるスキー選手の物語でした。
主人公は土屋太鳳さんが演じます。
父役には伊原剛志さん。

スポーツと親子愛、さらには科学を混じえた物語になっています。
東野圭吾さんの得意分野がたっぷりです。
結末は優しさがあふれていました。

そういえば、カッコウって他の鳥の巣に卵を産み落とし育ててもらう習性があるそうですね。
ちょっと図々しいような気もしますが不思議な習性。
本書はそんなカッコウの習性を匂わせます。

私がこの物語で、特に注目したのはスポーツ遺伝子の分野です。
※ 少しだけネタバレあります。



遺伝子パターンと育成計画


才能ってあったら嬉しいですよね。
もちろん努力なしでは成功しないと思いますが。
ここで描かれているのは、それがあるとされたスキー選手たちです。
それも遺伝子レベルで見て。

「新世開発スポーツ科学研究所」に勤める柚木は、その研究をしていました。
( この柚木さんですが、最初は全く好きになれなかったけど、最後まで読むと好きになれました。)
そして、ある計画が進められていたのです。


スポーツに向いている人材を遺伝子から発見し、早期に最適な指導を施すことで優秀な選手を育成する



すごい計画ですね。
実際にありえそうだから真剣に読んでしまいます。
研究の中で柚木は、FパターンBパターンという遺伝子の組み合わせを見つけ出します。
それがこちら。

・Fパターン・・・・・非田 風美 (アルペンスキー選手)。
視覚情報処理とボディバランスに優れている。そして瞬間的な状況変化への対応力もある。

・Bパターン・・・・・鳥越 伸吾 (クロスカントリー選手)。
筋持久力や心肺能力が高い。


優れた能力を持った子を発掘して育成する。
聞こえは良いですが様々な問題があったのです。
幸か、不幸か・・・・・。
そんな遺伝子の組み合わせを持ってしまった二人の選手。
一人はアルペンスキー、もう一人はクロスカントリー。
ここに出てくる対照的な二人が印象的でした。





才能があるって幸せ?


その才能は、努力か遺伝か。
好きなことや自分がやりたいことの能力が優れていたら、嬉しいですよね。
でも好きでもないのにそれがあるとしたらどうでしょう。

Fパターンの持ち主、非田風美は、アルペンスキーでその才能を発揮します。
トップスキーヤーだった父と一緒にオリンピックを目指して。
彼女はやりたいことに恵まれて順調です。

一方、
Bパターンの持ち主、鳥越伸吾。
彼は音楽が好きなのに断念させられ、才能があるという理由だけでクロスカントリーをやらされます。
果たしてこれが幸せなのかどうか。
最初はタイムを伸ばしていたものの、途中から伸び悩みます。
イヤイヤやっていたからです。


才能ってのはさ、いわばカッコウの卵みたいなもんだと思う。本人の知らないうちに、こっそりと潜まされているわけだ。



この本を読み終わった時にズシリときた言葉でした。
この二人を見ていて、そんな能力も善し悪しだなと思いました。
特に遺伝となるともう自分ではどうしようもないです。
好きで持ち合わせたものでもないし。
まさに「カッコウの卵」です。
でも成功するには遺伝だけではダメなんですよね。
風美のように努力をする事で伸びていく。

後に、人権を無視した育成計画が重大な事件を引きおこす引き金となってしまいます。
会社に届いた風美宛の脅迫状。
そしてバス炎上事件・・・。
その背景には子供を思う親の愛情が密接に絡んでいました。





父の苦悩と愛情


この物語は、ミステリーというよりも親子愛に重点をおいたものになっています。
最初の方で明らかになる非田親子の血の繋がり。
風美と父の宏昌は、本当の親子ではないのです。
彼女は知りませんが、父はそのことで悩みます。

娘は誰の子か。
そして出生に関係していると思われる上条に出会い、娘に話すことで救える命があることに思い至る。
いろいろと複雑に絡みあっています。
ただひとこと言えるのは優しいお父さんでした。
血の繋がりなんて関係ないと思ってしまうような。
親子の絆を感じます。

そして、鳥越親子。
才能はカッコウの卵だ、という伸吾の父の言葉が印象的でした。


でもさ、そのカッコウの卵は俺のものじゃない。伸吾のものだ。伸吾だけのものだ。ほかの誰のものでもない。



本のタイトルの答えが父の言ったことばに表れている気がします。
柚木のものでも会社のものでもない。
本人だけのもの。
他人のためにあるものではないんですね。
子供を思う気持ちが痛切に描かれています。
思わず涙ぐんでしまいました。


真実の行方と優しい結末


ラストに風美の出生の秘密が明らかになります。
それと同時に解決する事件。
その動機は優しさ半分、悲しさ半分・・・・・と言ったところでしょうか。

そのとき宏昌はどうするのか。
真実を伝えるのか。
結末は娘のことを考えた優しいものでした。


** 拍手コメントRe:**(11/9)
mさんへ。
ありがとうございます(*^_^*) 生みの親より育ての親。血のつながりは関係ないですよね。この本を読んで強くそう思いました。
** ひだまりさん。**


関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

東野圭吾, 才能, 遺伝子, WOWOWドラマ, ゲレンデ,

0 Comments

Add your comment