Welcome to my blog

『スクラップ・アンド・ビルド』羽田圭介/ 他人事でない老人介護

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『スクラップ・アンド・ビルド』羽田圭介/ 他人事でない老人介護 

羽田圭介さん
『スクラップ・アンド・ビルド』

「死への希望」と「生への執着」





あらすじ&感想


「早う死にたか」毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。日々の筋トレ、転職活動。肉体も生活も再構築中の青年の心は、衰えゆく生の隣で次第に変化して…。閉塞感の中に可笑しみ漂う、新しい家族小説の誕生!第153回芥川賞受賞作。


先日、母が「面白かったよ」と言い貸してくれました。
同時受賞した又吉さんの『火花』も面白かったですが、羽田さんの『スクラップ・アンド・ビルド』もすごい。
引き込まれます。
現代社会に通じるものがある「老人介護」。
それを軸にして生じる三世代のすれ違いを描いています。

読んでいて感じたのは、息苦しさと可笑しさ。
そこに描かれていたのはキレイごとではない感情です。
でも決して無視できるものではないと思いました。


三世代のすれ違い


羽田さんはこの作品を書くにあたって、こう述べています。

"作品の出発点は介護に対する問題意識ではなく、異なる世代が互いに抱く憎しみや無理解といった部分でした。"


「異なる世代が互いに抱く憎しみや無理解」
世代が違うと考え方や物の見方などが違ってきますよね。
私も働いて色んな年齢の人と接していて、そう思うことが度々あります。
・・・・・ジェネレーションギャップってやつです。

この小説の主な登場人物は3人。
健斗と、母と、祖父です。
そしてそこにあるのが「老人介護」。
一つ屋根の下に暮らす三世代が介護する側とされる側となり、そこに生まれる感情を描いています。
高齢化社会の今に通じる小説ですね。

その中で注目すべきは、健斗とおじいちゃんです。
87歳の祖父は戦争を経験しています。
一方、健斗は28歳、就職活動中です。
若い年齢の人にとって戦争を経験している世代というのは、理解し難いところがあります。

彼の戸惑う気持ちは私にも少しわかります。
そんな2人が一つ屋根の下で長時間を過ごすことになる。
そこに生じる微妙なズレ。
それは徐々に大きな歪みとなるんです。





無理解がもたらす歪み


介護を必要とする祖父のその先にあるものは死です。


「じいちゃんはもう死んだらよか。早く迎えが来てくれることば祈っとる」



―早く死にたい。
それが口癖でした。
健斗なりにそんな祖父の言葉を聞き、あることに思い至ります。


良くなりはしない身体とともに耐え続けた先にも死が待っているだけなのなら、早めに死にたくもなるのではないか。



―今までは聞き流してきたけれど、弱い者の声を無視してきた自分は自己中ではなかったか?
そして彼が行き着いたのは、苦痛や恐怖心さえない穏やかな死を迎えさせてあげること。
彼なりに考えてそんな結論に至ってしまいます。
その考えを正当化し追求していくんですが、そこに危機感を感じます。
果たしておじいさんは本当に死を望んでいるのでしょうか?


苦痛のない穏やかな死


「早う死にたか」
毎日のように繰り返す祖父。
こっちまで気が滅入ってしまいます。
介護というのは、する側もされる側も心の負担が大きいものですね。
でもこのおじいさんが実は少し面白いんです。
ちょっぴりユーモラスに描かれています。

彼の言葉から感じ取れるのは、真逆の「生への執着心」です。
だいたい本当に死にたい人はこう何度も言わないものです。
その言葉の裏には孫や娘への甘えがあります。
( そこが、少し可愛いなと思ってしまうのですが・・・。)

けれど28歳の健斗は違います。
言葉通りに受け取ってしまう。
杖を突きながら慎重に歩く祖父を見て、痛くない苦しくない死を望んでいるのだと思ってしまうんです。
そこから介護の目的が徐々にズレていきます。
少し危うい感じがして眉を潜めながら静かに読み進めました。





健斗は社会復帰するための訓練機会を奪うべく、自ら進んで介護していきます。


考えさせない。祖父が脳を活性化させる機会も徹底的に奪おうと、健斗は衣替えを全力で手伝った。優しくさしのべる一挙一投足が、祖父のシナプスを切断した。



それは洗濯物を畳む作業だったり、衣替え作業だったり・・・・・。
祖父にとっては時間がかかり辛い作業だけれど、リハビリにもつながるものです。
健斗は進んで手伝う。
全ては尊厳死のために。
・・・一見優しく見えますが、そのズレが怖い。
でもある出来事により祖父の本音に気づくんです。


注目すべきポイント


これから読まれる方のために注目すべきポイントをまとめてみました。

・孫と祖父のやりとり
( けっこう淡々と物語は進んでいきますが、この2人のやりとりに思わずクスリと笑ってしまいます。そこがユーモラスに描かれていて面白いなと思いました。)

・生と死
( このお話は生と死が対照的に描かれています。健斗からは生が感じられ、おじいさんからは死が感じられます。)

・主人公の心の変化
( 健斗の心の変化に注目です。)


3つポイントを上げましたが、それらに注目して読み進めると楽しめると思います。

いつか自分にも訪れる老人介護。
だからか真剣に読んでしまいました。


拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
芥川賞受賞作, 介護,

0 Comments

Add your comment