Welcome to my blog

『王国の旗』(箱庭図書館) 乙一 / 子供たちの王国

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『王国の旗』(箱庭図書館) 乙一 / 子供たちの王国 

乙一さん
『箱庭図書館』

「僕たちの王国にようこそ」





あらすじ&目次


少年が小説家になった理由。コンビニ強盗との奇妙な共同作業。ふたりぼっちの文芸部員の青くてイタいやりとり。謎の鍵にあう鍵穴をさがす冒険。ふと迷いこんだ子どもたちだけの夜の王国。雪の上の靴跡からはじまる不思議な出会い。集英社WEB文芸「RENZ ABURO」の人気企画「オツイチ小説再生工場」から生まれた6つの物語。

目次・・・
「小説家のつくり方」「コンビニ日和!」「青春絶縁体」「ワンダーランド」「王国の旗」「ホワイト・ステップ」


『箱庭図書館』というタイトルに惹かれて手にとりました。
6つからなる短編集です。

この本に収録されている作品は、集英社の企画「オツイチ小説再生工場」から生まれたようです。
読者の方のボツ原稿を乙一さんがリメイクして作られた物語でした。
面白い企画ですね!


この小説の舞台は文善寺町です。
物語を紡ぐ町。
そこでは様々な出来事が起こります

その中から2つに絞って感想を書きたいと思います。
長くなりそうなので2回に分けます。
まず今日は、こちらのレビューです。


「王国の旗」レビュー


〈あらすじ〉
車のトランクに忍び込んで昼寝をしていた小野早苗。気がつくと夜になり、知らない場所にいた。そこで出会ったミツ少年に連れていかれた廃墟。真夜中にも関わらず。そこにはたくさんの子供たちがいて・・・。


主人公が子供の王国に迷いこむ不思議なお話。
独自の世界観があり、読んでいて好きだなと思いました。


〈 心の迷い 〉

主人公の早苗は、ちょっぴり変わった女の子。
車のトランクで昼寝って・・・。
彼女には橘敦也という彼氏がいました。
でも・・・。


先日、彼に告白されてつきあいはじめたのだが、私にはまよいがある。彼のことが、まったく好きではないのだ。



あらら・・・。
好きではなくても一緒にいるうちに好きになるパターンもありますが、彼女はそうはならなかったようです。

決断するのが怖くて逃げている早苗。
嫌なことは先延ばしにするのは私も一緒かも。
そんな主人公がある場所に迷いこむんです。
そこは子供たちだけの王国でした。





〈 夢の王国 〉

彼女が迷いこんだ知らない場所。
ミツ少年に連れていかれた廃墟のボウリング場で、不思議な光景を目にします。


「僕たちの王国にようこそ」



そこにいたのは50人ほどの子供たち。
大人は一人もいません。
それぞれが好きなことをして過ごしています。
楽しそう。
まさに夢の王国です。
子供には大人には分からない自分たちだけの世界があるのでしょうね。


みんな、家に【帰ってる】わけじゃない。家に【行く】んだ。帰る場所はここ。このボウリング場がみんなのほんとうの居場所ってわけ。



そこは、自分の居場所が分からなくなった子供たちの拠り所だったのです。
現実逃避という言葉が思い浮かびました。
現実は思い通りにいかなくて辛いから、架空の世界に逃げこむ。
でも子供にとっては、生きていくためには必要なことなのかな。


朝になったら、ふつうの子どものふりをするために、それぞれの家に行かなくちゃいけない。自分を産んだ大人たちと、親子みたいなふりをしてすごしてる。



ミツ少年は早苗に、
「王国の人間になってくれるの?」
と問いかけます。


僕たちは大人をたおす。大人がつくった世界をこわす。そのために子どもだけの王国をつくったんだ



早苗はどうするのでしょうか・・・?


〈 夢と現実 〉

この物語で描かれているのは、夢と現実です。
早苗にとって、子どもの王国が夢で彼氏が現実でしょうか。

夢の世界に迷いこんだ早苗はその後、彼氏に別れを告げます。
そこでの不思議な体験により、彼女の心境は変わっていったのです。


クレヨンで塗りつぶされた黄色の王冠
それが描かれた旗は、夢の王国が実在するという証。
心に迷いができたとき決断できずにいると、もしかしたら子どもの王国に迷いこむかもしれません。

・・・ご用心を!!





本を愛する山里潮音


『箱庭図書館』はそれぞれが独立している物語ですが、ある登場人物がリンクしているんです。
その人物は少し変わった女性、山里潮音(しおね)です。

今回のレビュー「王国の旗」にもちょこっと登場します。
一番最初の「小説家のつくり方」がプロローグ的な一話となっています。


姉の潮音は活字中毒の高校生で、いつどのようなときも本を読んでいなくては気がすまない人である。



この潮音というキャラがちょっと変わっていて面白いんです。
いったん本を読み始めると、続きが気になってやめられない。
バスの中で降りる場所が近づいてきてもやめられず、終着駅までいってしまったり。
雪の降る中、ベンチでずーっと本を読んでいたり・・・。

これほど本の世界に浸れるのは、ある意味羨ましい。
少し変わっているけれど好感の持てるキャラでした。
その彼女がそれぞれのストーリーに登場します。
どこで登場するのかと、一話一話ワクワクしながら読む楽しみがありました。


同じく 箱庭図書館より
*『ホワイト・ステップ』のレビュー*



(雪が見せた不思議な奇跡。
切なくも ほっこり温まる物語。)


** 拍手コメントRe:**(12/23)
mさんへ。
ありがとうございます(*^_^*) ドキっとしますねー。大人が作った世界。知らず知らずのうちに、子供の夢を壊しているのかもしれません・・・。未来に希望が持てる世界にしてあげたいですね。
** ひだまりさん。**

関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



図書館,

0 Comments

Add your comment