Welcome to my blog

『悲素』帚木蓬生 / 和歌山カレー毒物事件の闇と真実

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『悲素』帚木蓬生 / 和歌山カレー毒物事件の闇と真実 

帚木蓬生さん
『悲素』

悲劇は、夏祭りから始まった―





あらすじ&感想


タリウム、サリン、そして砒素――。「毒」はなぜ、人の心を闇の世界に引きずり込むのか? 悲劇は、夏祭りから始まった――。多くの犠牲者を出した砒素中毒事件。地元の刑事の要請を受け、ひとりの医師が、九州からその地へと向かった。医師と刑事は地を這うように、真実へと近づいていくが――。「毒」とは何か、「罪」とは何か。現役医師の著者が、実在の事件を題材に描いた「怒り」と「鎮魂」の医学ミステリー。


1998年7月25日。
和歌山県の夏祭りで悲劇が起こりました。


夏祭りで60人食中毒
和歌山、手作りカレー原因か



和歌山カレー毒物事件です。
町で開催された夏祭りのカレーに亜砒酸を混入して、死傷者67名をだした事件。
林眞須美容疑者( 本書では小林真由美になっています。)が逮捕され、死刑が確定されていますね。
ホースを持った林容疑者が今でも印象的で記憶に残っています。
あれからもう17年が経ちます。

そして私が今回手にした本は、その事件を題材にして裏舞台を描いたものになっています。
警察の捜査に協力した一人の医師がいました。
九州大学の 井上尚英 名誉教授( 本書では沢井教授です。)


作者の怒り


帚木(ははきぎ)さんの著作を読むのは、これで二作目です。
この本を書くにあたって、彼はインタビューでこう述べています。

「私は小説を、自分や世の中の不明に怒りながら書いとっとです。こんちきしょう、このバカタレがってね」

「犯人はもちろん、カレー事件だけを恣意的に裁いた裁判官もバカタレですよ。せっかく井上(尚英)先生たちが毒物を砒素と特定し、その他1件の殺人及び3件の殺人未遂を究明したのに、その地道な努力が報われんかったとですから」


沢井教授と警察の連携で明らかになる過去の犯罪。
驚くべきことに、カレー事件よりももっと前にヒ素による犯行が行われていました。
裁判の判決は死刑になりましたが、その全てのものに有罪判決がでたわけではなかったのです。
地道な裏づけを重ねて明らかにしても報われなかった裁判。
作者の怒りは理解できるような気がします。

本書はまるでドキュメンタリーのように詳細に書かれています。
私も知らなかった事実がたくさんあって驚愕しました。





過去の恐るべき犯罪


毒物カレー事件により、小林真由美の関与が疑われます。
でもなかなか逮捕されなかったのには理由がありました。
彼女の周辺で、砒素中毒により後遺症で苦しんでいる人たちが次々と出てきたのです。
少なくとも13年間にわたる犯罪・・・。
唖然としてしまいました。


何という底なしの事件なのか。(中略) カレー事件の被害者、和泉氏、重い後遺症の残る松本氏、死亡していた吉木氏、そして被害者か加害者か分からない小林。これに加えてあと二人の被害者がいるのだ―。



過去の犯罪が次々と明るみにでます。
その全員に多額の保険金がかけられていました。
それには夫も関与しており、しかも自らも毒を飲んでいた・・・。
信じられません!
本当に恐ろしいです。


カレー事件による四人の犠牲者、六十三人の被害者は、まさに氷山の一角だったのだ。



このカレー事件が起こらなければ、もしかして今も闇の中だったのかもしれませんね・・・。


毒の麻薬性


「毒」はなぜ、人の心を闇の世界に引きずり込むのでしょうか。
現役の医師である帚木さんは、本書でこう述べています。


毒を手にした人間は、知らず知らずのうちに万能感を獲得する。万能感とともに、神の座に昇りつめた錯覚に陥る。こうなると、毒の使用はもはや一回ではやめられない。



麻薬のようなものですね。
自分が神にでもなったかのように錯覚してしまい、止められなくなる。
当初の計画が狂い、砒素投入をやめる事も出来たのに止めなかった・・・。
そこには、それを手にしてしまった人間の誤った感覚があったのではないか。
動機について現役医師だからこその見解が書かれていて、思わず頷いてしまいます。

あわせて本書では、砒素が古くから世界中で使われてきた事実が書かれています。
17世紀のイタリアで、表向きはシミやソバカスを取る化粧水「トッファーナ水」 別名「ナポリの小雨」として秘かに売られていたこと。
19世紀フランスで起きた「マリー・ラファルジュ事件」など。
繰り返し使われてきたのですね。
・・・読みながらにゾッとしてしまいました。





本書はカレー事件に使われたヒ素だけではなく、松本サリン事件やタリウムなどにも触れています。
主人公である沢井教授 ( 井上名誉教授 ) は、松本サリン事件にも捜査協力していて、その様子も詳細に描かれていました。
これらのことも一緒に読み進めていくと、毒の麻薬性というのが透けて見えてきます。
恐ろしいものですね。


後遺症と心に負った傷


砒素中毒の後遺症に苦しむ人たちがいます。
いずれも小林真由美の被害者です。


まずは腹部症状として、吐き気、嘔吐、下痢であり、ついで一週間から十日、長いときはひと月後に、末梢神経障害が出現



多発ニューロパチーと言われる末梢神経障害など、専門用語が多く少し難しい内容になっています。
でも苦しみが充分に伝わってきて、改めて毒の恐ろしさに震えがきました。
カレー事件以前には何回も砒素を飲まされている被害者がいて、もう元の体には戻らないんです。
後遺症の凄まじさに、痛ましさと悲しみが湧き上がってきます。

体に負った傷だけではありません。
和歌山県で起きた悲劇には、その後も暗く影を残します。


あの事件以来、地区の小学校では、給食からカレーが消えました。



そしてあの夏の日から、町内では16年間夏祭りが中止となっていたようです。
心に負った傷も深く、本当に愕然としてしまうような事件です。

帚木さんの著作『悲素』。
「悲しい」 という文字を使ってのこのタイトルに、毒に依存してしまう人間の悲しさ、そしてやり切れない思いが表れています。
「鎮魂」と「怒り」の小説でした。





疑わしきは罰せず


一審から最高裁まで10年にも及ぶ裁判でも、カレー事件の動機は不問にされたままでした。
林眞須美被告が黙秘を貫いたからです。
動機が解明されないまま死刑判決になります。
一審では13年間に及ぶ犯罪を明らかにしたにも関わらず、カレー事件以前については全部が有罪になったわけではなかったとされています。


判決は、一連の保険金目的での砒素使用事件に対して、その一部を認めただけだった。



あまりにも時間が経ちすぎたため確たる証拠がなく、限りなく疑わしいだけでは罰せられないというものです。
・・・なんだか割り切れないものが残る判決ですね。

保険金に取り憑かれた犯人。
生活は全てそれで成り立っていました。
毎月多額の保険金をかけて事故を装い犯罪を繰り返す。
狂っています。
保険金絡みの事件が後を絶たないのは、毒と同じように麻薬性を持っているからなのかもしれません。


心の震えが止まらない


帚木さんは精神科のお医者さんなので、医師ならではの見解と描き方です。
専門用語がたくさん出てきたりもします。
読んでいて心の震えが止まらない小説でした。
あの事件の背後には根深いものがあったのですね。

本書に出てくる光山刑事。
彼が最後にとった選択にはジーンときました。
少し厚めの本ですが、事件を風化させないためにも読んで良かったなと思います。
力作です。


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



実話, 裁判, 帚木蓬生,

1 Comments

ひだまりさん。  

拍手コメMさんへ。

ありがとうございます(*^^)
凄まじい本でした。
これは力作です。

2017/03/07 (Tue) 00:27 | EDIT | REPLY |   

Add your comment