Welcome to my blog

『眠れないほどおもしろい百人一首』板野博行/三十一文字の想い

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『眠れないほどおもしろい百人一首』板野博行/三十一文字の想い 

板野博行さん
『眠れないほどおもしろい百人一首』

あの歌に 驚きのドラマ あり!





あらすじ&感想


小野小町、在原業平、紫式部、西行…31文字に込められた「想い」とは?その歌の詠まれた背景、作者の人となり、歴史の裏話…。千年読みつがれる王朝恋歌のフルコース!

百人一首。
学生の頃に少しだけやっていました。
懐かしくなって手に取った一冊です。
この本は、「恋の歌」や、「有名歌人の一首」、「四季を堪能する歌」・・・などというように、種類別に解説されているので読みやすかったです。
人物の紹介や歌の解説などが詳しく書かれていて、時代背景を感じながら読むことができました。


和歌にはドラマがある


百人一首とは・・・
100人の歌人の歌を一人一首ずつ選んでつくったもの


一般的に広く知られているのは小倉百人一首です。
藤原定家(ふじわらのていか)が鎌倉時代初期に京都の小倉山の山荘で選んだもの。


恋の喜び・切なさ、四季折々の美に触れる感動、別れの哀しみ、世の無常など、人生で味わう"もののあはれ"のすべてを、わずか三十一文字に凝縮させたものが和歌なのです。



「五・七・五・七・七」で表現される歌。
日本の言葉って趣がありますね。
短い言葉なのに、そこに込められた想いは深い。
そこには当時の歌人のドラマがたくさん詰まっているんです。

百人一首というと恋の歌が多いイメージがありました。
それもそのはず、恋の歌が四十三首を占めるからなのですね。
その中で私が気になった歌を2首、紹介したいと思います。
(両方とも恋の歌です。)





現代にも通じる恋の歌


まずは、こちら。


玉の緒よ 絶えねば絶えね ながらへば
忍ぶることの 弱りもぞする
式子内親王


訳 : わが命よ、絶えるならば絶えてしまえ。このまま生きながらえると、秘めた恋心を隠す力が弱まって、想いが外に漏れてしまいそうだから。



後白河天皇の第三皇女が詠んだ歌です。
藤原定家との秘められた恋を詠んだものだと書かれていました。
愛する気持ちは抑えられない・・・。
そんな切なさと激しさが伺えます。

隠さなければいけない恋というのは、いつの時代もなんとも言えない切なさがありますね。


次にこちらを紹介します。

君がため 惜しからざりし 命さえ
長くもがなと 思ひけるかな
藤原 義孝


訳 : あなたに逢うためならどうなっても惜しくはない命だと思っていましたが、その願いが叶った今となっては、少しでも長くあなたとともに生きたいと思うようになったよ。



太政大臣 藤原伊尹(ふじわらのこれまさ)の三男が詠んだ歌です。
モテモテだったらしいです。
でも21歳という若さで亡くなってしまいます。
それを知った上で読むと、胸にこみ上げてくるものがあります。

初めて会って好きな気持ちが増してしまう。
会うまでの恋焦がれる気持ちと、会ってからの気持ち。
それが真っ直ぐに感じられて、この歌好きです。
過去の恋愛を思い出してしまいました(*´`)

・・・他にも気になったものがたくさんあったんですが、その中から2首だけ抜き出しました。


時代背景と恋愛


百人一首は、一番から百番まで年代順になっています。
私が選んだ2首は、平安時代の歌人によって詠まれた歌です。


平安時代の貴族の恋愛は、男性が女性の家に通う「通い婚(妻問婚とも)」が主流だった。というのは、当時の高貴な女性は基本的には家の中にいて、人前に顔を見せることはほとんどなかった



気になる女性には、「歌」を添えたラブレターを送っていたようです。
当時は一夫多妻制。
女性はただひたすら待つ身でしかなかったのですね。
・・・頭がおかしくなりそうです。
でもその分、内に秘めた想いは現代の女性よりも強いのかもしれません。

本書はその歌が詠まれた時代背景も詳しく書かれています。
合わせて読むことで、より深く歌を理解できるようになっていました。
和歌って、歌だけ読んでもよく分からないですよね?
今と時代背景が何もかも違うからです。
その当時の背景を知らないことには意味がないんです。
でも人を想う気持ちは共感できるものがありました。
それは今も昔も変わらないんですね。





古典が苦手な人にも・・・


学生のころ(たぶん私が小学生か中学生の頃)は、何も深く考えずに百人一首をやっていました。
でもその歌ひとつひとつに込められた想いがあり、それがこんなに深いものだったなんて・・・。
おもしろいです。
古典が苦手な私でも面白く読めました。
「もののあはれ」 や 「世の中の無常」。
その時代だからこそ詠めた歌なのでしょうね。
日本の言葉の美しさも感じた本でした。
関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



百人一首, ,

0 Comments

Add your comment