Welcome to my blog

日航機墜落事故『沈まぬ太陽 御巣鷹山篇』悲劇と憤り/山崎豊子

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

日航機墜落事故『沈まぬ太陽 御巣鷹山篇』悲劇と憤り/山崎豊子 

山崎 豊子さん
『沈まぬ太陽2』御巣鷹山篇

操縦不能!レーダーから機影消ゆ





あらすじ&感想


十年におよぶ海外左遷に耐え、本社へ復帰をはたしたものの、恩地への報復の手がゆるむことはなかった。逆境の日々のなか、ついに「その日」はおとずれる。航空史上最大のジャンボ機墜落事故、犠牲者は五百二十名―。凄絶な遺体の検視、事故原因の究明、非情な補償交渉。救援隊として現地に赴き、遺族係を命ぜられた恩地は、想像を絶する悲劇に直面し、苦悩する。

前回の「アフリカ篇」に続き、
今日は「御巣鷹山篇」のレビューです。
この物語は涙なしでは読めません。
次から次へと涙がとまりませんでした。

『沈まぬ太陽』前回のレビューはこちら。
*アフリカ篇*(1)


御巣鷹山 飛行機事故


『沈まぬ太陽 御巣鷹山篇』は、日本航空(JAL)が起こした飛行機事故を背景にして描かれています。

日本航空123便墜落事故・・・
1985年8月。東京発 大阪行のジャンボジェット機が群馬県に墜落した事故。520人もの尊い命が犠牲になりました。

当時6歳だった私は、あまり記憶にないんです。
ちゃんとした原因はわかっていないようですね。
修理ミスによる後部圧力隔壁の破損、垂直尾翼と油圧操縦システムの喪失と推定されています。

本書を読むにあたってネットで事故のことを少し調べました。
すさまじい写真を前にして言葉を失ってしまいます。
・・・本のレビューを書こうと思っているのに、事故の衝撃が大きくて全然レビューになっていませんね。
山崎さんが書かれているこの小説でも凄まじさは伝わってきます。
そして遺族の悲しみと怒りも。
私が強く胸を打たれたところがありました。


「残念だ―」と一言、答えた川北の言葉が、世話係として控えている恩地の耳に響き、胸を刺した。この場合、他にどんな言葉があるだろうか。泣き叫び、怒号するより、残念―というその一言に、怒り、悲しみ、苦痛、断腸、痛恨、すべての思いが籠められている。



「残念だ―」
たったひとことのこの言葉。
こんなにも重さがあることに今更ながらに気付きます。


子供の背中に達するほど、女性の歯が喰い込んでいるということは、何を意味するのか。山上医師の眼に、恐怖で抱きついて来た子供をしっかり抱きしめたまま、墜ちて行った母子の姿がありありと映った。おそらく、母の体は、墜落時の衝撃で、ふっ飛び、歯だけが、子供の背に残ったのであろう。



ブログを書きながら涙がでてきてしまいました。
子供の背中に残されていた歯・・・。
墜落し炎上して、ほとんどが部分遺体ばかりでした。
事故現場の凄まじい状況が描かれています。
言葉が出てこないほどの衝撃を受けました。





発見された遺書


実際に発見された一つの遺書がありました。
本書にも掲載されていて心を打たれました。
当時52歳の河口博次さんの遺書です。


マリコ 津慶 知代子 どうか仲良く がんばって ママをたすけて下さい

パパは本当 に残念だ きっと助かるまい 原因は分からない 今5分たった

もう飛行機 には乗りたくない どうか神様 たすけて下さい

きのうみんなと 食事したのは 最后とは 何か機内で 爆発したような形で 煙が出て降下しだした どこえどうなるのか 津慶しっかり た(の)んだぞ

ママ こんな事 になるとは残念だ さようなら 子供達の事 をよろしくたのむ

今6時半だ 飛行機は

まわりながら 急速に降下中だ 本当に今迄は幸せな 人生だった と感謝している


続けて読むことが出来ずに、いったん本を置きました。
墜落までの32分間。
文字は上下左右にぶれながら書かれていました。


原因は修理ミス


「アフリカ篇」で海外をたらい回しにされていた恩地。
ナイロビから東京に呼び戻されました。
でも、国際旅客営業本部付とは名ばかりの閑離職に追いやられます。
そして事故後は、ご遺族のお世話係として動くことになりました。
(モデルとされている小倉さんは、お世話係をしていなかったようです。この部分は少し違いますね。)

ここで描かれている事故当時の堂本社長がひどすぎる。
読んでいて腹立たしかったです。
国民航空は事故の調査を進めます。


五百二十人の生命を一瞬にして奪った大事故が、七年前の大阪空港での"しりもち事故"と関連があるのではないかとの説も薄々、伝え聞いていたが、まさかその修理にミスがあり、墜落の原因になったとは―



日本航空115便しりもち事故・・・
1978年6月。大阪の伊丹空港に着陸する時に、機体尾部を滑走路面に接触させた事故。

原因ははっきりしていませんが、過去に起こった「しりもち事故」の修理ミスという説が有力のようです。
・・・ありえない。
『沈まぬ太陽』で描かれている国民航空という会社の昔からの体質。
恩地さんの左遷人事に始まり、事故を起こしてしまった杜撰な安全管理。
やり切れません。





作家としての使命感


私が読んだ山崎豊子全集22。
こちらに「御巣鷹山篇」が収められています。
373ページの中には、最後にインタビューが掲載されていました。


墜落事故で亡くなられた多くの声なき声に報いるためにも、書き遺しておかなければならないという作家としての使命感を感じました。



読むのが辛かったです。
でもこの本を読まなかったら私は知らないままだったのか・・・と思うと、読んでよかったなと思うのです。
特に河口さんの遺書はグッときました。


次回のレビューで最後です。
『沈まぬ太陽』
*会長室篇*



一回目のレビューにも書きましたが、3冊目を読み終わった時に感じたのは無情でした・・・。

関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

山崎豊子, 国民航空, WOWOWドラマ,

0 Comments

Add your comment