Welcome to my blog

『ふわふわ』村上 春樹&安西 丸水 / 愛と幸せにあふれた絵本

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『ふわふわ』村上 春樹&安西 丸水 / 愛と幸せにあふれた絵本 

『ふわふわ』

幸せとは温かくて柔らかいこと




村上 春樹さん (文)
安西 水丸さん (絵)


あらすじ&感想


あらすじ

ぼくは世界じゅうのたいていの猫が好きだけれど、この地上に生きているあらゆる種類の猫たちのなかで、年老いたおおきな雌猫がいちばん好きだ。―ふわふわとした、みごとに美しい毛をもつ猫が教えてくれる、いのちあるものにとってひとしく大事なこととは?あなたのなつかしく温かい記憶がよみがえる。
―「BOOK」データベースより―

いやされる・・・。
猫好きの、猫好きにはたまらない絵本です。
読んでいて幸せな気持ちになりました。


温かでちょっと切ない記憶


ぼくは世界じゅうのたいていの猫が好きだけれど、この地上に生きているあらゆる種類の猫たちのなかで、年老いたおおきな雌猫がいちばん好きだ。



こんな冒頭ではじまる『ふわふわ』。
村上さんが昔かっていた猫のようです。
タイトルを見ただけでも、なんかほんのりとしてしまいます。

ふわふわ。
読んでいくと、作者がとても猫を愛していることがわかるんです。
そのネコを思い出すとき、村上さんは温かで幸せな気持ちになるんだろうなぁ。
そしてほんの少しの切なさもあるのかもしれません。
・・・素敵な思い出って、そんなものです。
村上さんの思い出を少しだけおすそ分けしてもらいました。





共有する幸せ時間


私は犬も猫も飼ったことがないんです。
・・・だから彼らたちと共有する幸せを知りません。
きっとそれはこの本のように温かい時間なんだろうな。


太陽の光のあふれた縁側で昼寝をしているとき、そのとなりにごろりと寝ころぶのが好きだ。



思い描くだけで満ち足りた気分になります。
ネコの横にごろりと寝ころんで、同じ時間を共有する・・・。
現実から切り離された空間のようですね。
いいなぁ。
想像するだけでも心が温まりました。


ぼくが学んだこと


この絵本の主人公の「ぼく」は、小さい頃の村上さんなのかな?
そのぼくが猫から学んだことが書かれていました。
私の一番好きなところです。
それは「いのちあるものにとって ひとしく大事なこと」。


幸せとは温かくて柔らかいことであり、それはどこまでいっても、変わることはないんだというようなこと



人の温もりを感じたりすると安心しますよね。
小さい頃お母さんに抱かれていたような心地よさです。
たぶん子供でも大人でも、その感覚は変わらないんじゃないかな。





優しい気持ちになれる絵本


この本は・・・

◆ 小さい頃にペットと一緒に過ごしていた人は、懐かしい気持ちになるかも。
◆ いま共有している人は、共感できてより愛しくなりそう。
◆ 私のように一度もペットがいなかった人でも、村上さんが感じた温かさを共有することができます。

・・・なんて素敵な絵本。

愛に満ちていて、とても心地がよかったです。そして優しい気持ちになれました。


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



教科書, ネコ, 絵本,

0 Comments

Add your comment