Welcome to my blog

『じぶんだけの いろ』レオ=レオニ×谷川俊太郎/鮮やかな絵本の世界

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『じぶんだけの いろ』レオ=レオニ×谷川俊太郎/鮮やかな絵本の世界 

『じぶんだけの いろ』絵本

ぼくらは どうしても
じぶんの いろを もてないんだろうか?


レオ=レオニ (作・絵)
谷川俊太郎 (訳)





あらすじ&感想


カメレオンは、ひとつの悩みをもっていました。「どうして他の動物と違って、自分の色がないのだろうか」。春になって、彼はすばらしい答えを見つけます。かわいいカメレオンはページごとに色が変わり、鮮やかに描かれています。


「スイミー」でおなじみの、レオ=レオニの絵本です。
自分の色が持てないと嘆く1匹のカメレオンのお話。
レオ=レオニの優しいイラストに、谷川俊太郎さんの訳がマッチしています。
ポカポカと心が温まりました。


カメレオンの悩み


1匹のカメレオンがいます。
彼はある悩みを抱えていました。
それは・・・


ぼくらは どうしても じぶんの いろを もてないんだろうか?



金魚は赤。
ゾウは灰色。
ブタは桃色。

・・・なのに、カメレオンは行く先々で色が変わってしまいます。
それは自分を敵から守るためだったりしますね。
なんだか楽しそうで羨ましくも思いますが、彼には不満だったようです。


あざやかな色彩の世界


この絵本を眺めていると、カメレオンの悩みとは裏腹に楽しい気分になってしまいました。
(カメレオンさん、ごめんなさい・・・。)

とても鮮やかで、色使いが素敵なんです。
イエロー、ブルー、グリーン、ピンク・・・。
中でも私が好きなのはトラの上に乗ったカメレオンが、シマシマになる絵です。





・・・可愛い。


葉っぱの上で


ある日、カメレオンは思いついたんです。


「もし ずうっと はっぱの うえで くらしたら いつまでも みどりいろ, ぼくも じぶんの いろを もてるって わけだ」



何としてでも、自分の色を持ちたいんですね。

いろんな色に変われるのって、私からしたら羨ましい気もします。
誰とでも親しくなれそうで・・・。
自分の個性がないと思うかもしれませんが、それも一つの個性なんですよね。





葉っぱの上に乗った彼は、それでも色が変わってしまいます。

・・・なぜって?
それは本を読んでみてくださいね(*^^*)


きみと ぼくは いつも おんなじ


この絵本、ラストがとても良いんです。
ポカポカと心が温かくなります。


きみと ぼくは いつも おんなじ



この言葉に彼は救われる。

ひとりで悩んでいたことも、
2人ならたいてい解決する。
だから、ひとりで悩まないで。

そんな声が聞こえてきそうな絵本でした。


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



絵本, 谷川俊太郎, レオ=レオニ,

0 Comments

Add your comment