Welcome to my blog

消えていく子供たち『新世界より 上』貴志祐介

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

消えていく子供たち『新世界より 上』貴志祐介 

貴志祐介さん
『新世界より』上巻

ここは 汚れなき
理想郷のはずだった





あらすじ&感想


子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。いつわりの共同体が隠しているものとは―。何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる。
―「BOOK」データベースより―


貴志さんの本は初めて読みました。
『新世界より』は、おすすめSF小説という括りで誰もが挙げる一冊なんです。
相当、面白いらしいぞ・・・と前から気になっていました。

ほんとうに面白いです
まず世界観がすごい!!
一気にハマってしまいました。
かなりのボリュームなんです。
私が読んだのは単行本の上下巻でした。
(文庫本では、上中下巻の3冊になっています。)

はじめこそ世界観を掴むのに少し戸惑いましたが、だんだんハマっていく自分がいて。
それからはページをめくる手が止まりませんでした。
私が最近よんだ本の中ではダントツの面白さです。

この作品、アニメにもなっているんですね。
見たい。
ぜんぶ読み終わったら探してみよう。


誰もがひきこまれる世界観とは


『新世界より』は1000年後の日本を舞台としています。
神栖(かみす)66町で暮らす渡辺早季が、過去に起こったことを回想しながら進んでいく物語です。
その世界観がすごいんですよね。
呪力という特殊な力を持った人々。
それはサイコキネシスのような一種の超能力です。

科学より超能力が発達した世界。
そこで語り継がれる業魔悪鬼とは何なのか。
とても謎に満ちた世界でした。





そして、そこに出てくる不思議な生物たちが面白いんです。
(中にはゾワゾワっとするものもいますが。)


不思議な生物


この小説には不思議な生物たちがでてきます。
風船犬、フクロウシ、ミノシロ、カヤノスヅクリ、ネコダマシ(不浄猫)、バケネズミ・・・。

人が呪力を身につけたことで発生したものたちです。
(上巻も下巻もバケネズミとの争いが描かれていてスリリングな展開でした。)
その生物の中で私が気になったのはミノシロモドキです。

ミノシロモドキ・・・ミノシロを模した生物。別名、悪魔のミノシロ。国立国会図書館を名乗る自走型情報端末。


生物の形をした情報端末なんです。
しかも国会図書館の。
(早季たちは、このミノシロモドキによってタブーとされていた歴史を知ることになります。)

えっ!?
と思いました。
生き物なのに端末って面白いです。
このミノシロモドキ、ちょっと欲しいかも。

・・・かなりぶっ飛んだ世界なんですが面白くてドキドキでした。
でもそれだけだったら私もここまではハマらないと思うんです。
一見、理想郷のような世界。
でも読み進めていくと何かがおかしい・・・ということに気づきます。
そこにあるのは得体の知れない恐怖です。


消えていく生徒たち


八丁標(はっちょうじめ)で囲まれた神栖66町。
それは、しめ縄のことです。


八丁標の中は、強力な結界が張られてるから安全だが、一歩外に出たら、もう、誰の呪力も守ってくれないから



大人は子供に言い聞かせていました。
何から身を守っているんだろう・・・と、ここでまず得体の知れない恐怖を抱きます。





そして学校から生徒が消えていく。
主人公である早季の友達、真理亜、瞬、覚、麗子、守。
彼らは小学校、和貴園で一緒のグループでした。


長期欠席を続けていた天野麗子の名札が外されたことにも気づかなかったし、もう一人の生徒、片山学の姿がいつのまにかクラスから消えてしまったことに対しても、ほとんど無関心だった。
もちろんそれは、わたしたちの思考そのものが、巧妙に誘導、管理されていた証なのだが。



何かが狂っています。
でもそれが何なのか分からないから、続きが気になるんです。


タブーとされた過去の歴史


いなくなった麗子を抜かした5人は、学校の行事で夏季キャンプへと向かいます。
そこで規則を破り、立ち入ってはならない場所でタブーとされた過去の歴史を知ってしまいます。
呪力を持ってしまった人間と、持っていない人間との争い。
その末に誕生した今の社会。
そして伝説とされていた悪鬼と業魔について。


今ある社会のシステムっていうのは、まるで、悪鬼と業魔を防ぐことだけを目的に構築されてるみたいじゃないか?



今の社会への不信感が芽生え、何かがおかしいと感じ始めます。
ここでも私は得体の知れない恐怖を感じました。

大人たちは、何かを隠している!!のです。


悲しい別れ、そして下巻へ・・・


上巻のラストは悲しかったです。
あんまりだ・・・。
少し残酷で、でも面白くて、すぐ下巻を読み始めました。
本当にすごい物語です。
レビューは下巻に続きます。


『新世界より』下巻のレビュー。



*新世界より 下*
(私が抱いた見えない恐怖。その全容が明らかになりました。呪力は神の力か、悪魔の力か。血に塗られた過去にはゾッとしました。こんな社会はイヤです・・・。)


** 拍手コメントRe:**(3/11)
Kさんへ。
ありがとうございます(*^_^*) とても面白かったです。久々にハマりました。ぜひ読んでみて下さい♪

Kさんへ。(続き1)
ありがとうございます☆ この物語、けっこう難しい言葉がでてくるんです。愧死機構(きしきこう)など・・・。テレビ朝日のアニメのサイトなんですが、わかり易くまとめている言葉辞典というのがあります。参考にしながら読むと読みやすいです。(リンクを貼っておきます。)↓
「新世界より」ことば辞典 (テレビ朝日より)
同じサイト内に「新生物カード名鑑」というのもあって、そこに絵付きで生物をまとめたものもありました。ぜひ参考になさって下さい。

Kさんへ。(続き2)
あっという間ですね!テンポが早くて引き込まれますよね。私も一気読みでした。中盤から後半にかけてもドキドキの展開ですよ(*^_^*)

** 拍手コメントRe:**(3/13)
鍵コメさんへ。
とても嬉しいお言葉ありがとうございます☆ 感激しちゃいました。

** 拍手コメントRe:**(3/15)
mさんへ。
ありがとうございます(*^_^*) アニメも面白かったです。本を読んでから見た方が、より理解しやすいかもしれませんが。
** ひだまりさん。**

関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

SF, 貴志祐介,

0 Comments

Add your comment