Welcome to my blog

『新世界より 下』貴志祐介/崩れはじめたユートピア 呪力の末に・・・

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『新世界より 下』貴志祐介/崩れはじめたユートピア 呪力の末に・・・ 

貴志祐介さん
『新世界より』下巻

人類が手にしたのは、
神の力か、悪魔の力か。
見せかけの平和が いま崩れはじめる





あらすじ&感想


八丁標の外に出てはいけない―悪鬼と業魔から町を守るために、大人たちが作った忌まわしい伝説。いま伝説が、「実体」となって町に迫る。新しい秩序とは、おびただしい流血でしか生まれないのか。少女は、決死の冒険に身を投じる。
―「BOOK」データベースより―


後半も一気読みでした。
前回のレビューでも書きましたが、やはり「世界観」がすごいです!!
圧倒されました。

↓前回のレビューはこちら。
*新世界より 上*


面白いと何度も言ってしまいます。
下巻では悪鬼が現れ、人類を脅かします。
そして、人間 VS バケネズミの戦い。
息つくヒマもありませんでした。


操作された記憶


上巻のラストは悲しい終わり方でした。
ある少年が消えてしまいます。
彼は主人公の早季が好きだった男の子。
でも下巻では早季の記憶から彼は消えていました。
早季だけでなく周りの子も誰も覚えていない・・・。
がく然としながら読み進めました。


僕らは、記憶を操作されてるのは、間違いないと思う。



操作された記憶・・・。
薄ら寒い感じがします。
知らないところで何かが起こっている。

そして彼女の仲間が、またひとり町から離れていく・・・。
本書を最後まで読むと、人類が手にしてしまった力について考えを巡らさずにはいられませんでした。




呪力は神の力か、悪魔の力か


人類が手にした呪力というもの。
物を浮かせたり、空を飛んだり・・・。
それは一種の超能力です。
でもそのせいで途方もない犠牲が生まれてしまうんですよね。
能力を手にした人間と、手にしていない人間同士の争い。

最後に明らかになる事実には身がすくみました。
呪力を持った人間が持っていない人たちにしたあること。
・・・呪力なんていらない、と思わず呟いてしまいます。

そして、その力ゆえに脅威となるものが現れます。
業魔悪鬼です。

「業魔」・・・己の業(ごう)から“人間ではないもの”へと変化した存在。抑えきれない呪力が周囲の生き物などにまで影響を及ぼしてしまう。
「悪鬼」・・・同族である人間に危害を加える可能性のある存在。攻撃抑制と愧死機構がない。


下巻では悪鬼が現れます。
そして人を次々と殺していく。
その描写は恐ろしくもあり、ハラハラしっぱなしでした。

呪力は一見、神の力のように思えます。
でもそれで奢ってしまった人類が、1000年後の世界でその力に脅かされながら生きていく。
まるで悪魔のような力。

・・・ツケが回ってきたのかもしれません。
それでも、その力と共存していかなければならない人類に絶望と強さを感じました。
ここで描かれている「新世界」は、ユートピアなんかじゃなかった。





バケネズミの逆襲


本書は中盤からバケネズミと人間の戦いでした。
呪力を持った人間を恐れて、従順だった種族が楯突きます。


我々は、高い知能を持っている。本来なら、お前たちと平等に扱われるべき存在なのだ。にもかかわらず、お前たちの悪魔の力によって、尊厳を奪われ、獣のような扱いを受けてきた。



野狐丸が率いるバケネズミとの戦争。
それはとても壮絶なものでした。
平和なはずだった世界。
それが一瞬にして戦場になってしまいます。
怖いけど面白い。

このバケネズミの言い分、あながち間違いではないんですよね。
そのことが最後にわかり、ゾワゾワっとしました。


明らかになる謎と結末


消えていく子供たち。
何かを隠している大人たち。
操作された記憶・・・。

この社会の仕組みが全てが明らかになります。
読み始めたときから感じていた見えない恐怖。
最後には世界観がガラッと変わりました。
衝撃の歴史・・・。

彼らは大人になり、でも結局、管理社会は変わらないんだ・・・。

あなたは、この結末に耐えられるか。

・・・私はこんな世界はイヤです。


本を読み終わったあとにアニメも見ました。



全25話からなるアニメ。なかなか面白かったです。この小説のタイトルは、ドヴォルザークの「新世界より」からきているそうですね。アニメの中で幾度となく流れるこの曲。寂しさとほんの少しの安心感を感じます。小説の世界観にぴたっとハマっていました。


** 拍手コメントRe:**(3/14)
鍵コメKさんへ。
ありがとうございます(*^_^*) 本当にうまいですよね。その世界観にすんなり入り込めました。Rさんの本は読んだことないんですが、今ネットで検索してみました。とても面白そうですね☆ 読んでみようかな。

** 拍手コメントRe:**(3/14)
Kさんへ。
ありがとうございます(*^_^*) 面白いですよね。とてもハマった物語でした。また再読したいです。

** 拍手コメントRe:**(3/15)
mさんへ。
ありがとうございます(*^_^*) ドヴォルザークの「新世界より」良いですよね。最後まで読んで、人間って残酷だなぁ・・・と思いました。怖さもありますが読むのをやめられなかったです。
** ひだまりさん。**

関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

SF, 貴志祐介,

2 Comments

lime  

この物語はずっと気になっていたのですが、ひだまりさんのレビューで、より一層興味が沸きました。
貴志祐介の本は、20代にたくさん読みました。読み込むほどにその深い闇と独特の世界観に絡めとられそうになって。
最近気力が弱くなって(笑)心理的ホラーが読めなくなってしまったので手を出していないのですが、ちょっと余裕が出てきたら、この長編も読んでみたいと思います。
しかしこの作家さんの世界観の築き方は、圧巻ですね。作品によって好き嫌いはあるのですが、その才能は本当に尊敬します。

2016/03/15 (Tue) 09:05 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

limeさんへ。

コメントありがとうございます(*^^*)
私もずーっと気になっていてやっと読めました。
ボリュームがあるので連休の時に一気読みです。

limeさんは貴志祐介さんの本、何冊か読んでいるんですね。
確かに独特の世界観がありますね。
好き嫌いは別れるかもしれませんが、この作品はとてもハマってしまいました。
心理的ホラー・・・、その通りです。
中盤から後半にかけては、本当に怖かったです。
でも先が気になり読むのをやめられないんですけどね(^^;

私も貴志さんの世界観にやられました。
圧巻です。
余裕ができたら、ぜひ読んでみて下さい。
オススメです!!

2016/03/15 (Tue) 12:56 | EDIT | REPLY |   

Add your comment