Welcome to my blog

『ぼくのメジャースプーン』辻村深月 / 壊れた心と効果的な罰

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『ぼくのメジャースプーン』辻村深月 / 壊れた心と効果的な罰 

辻村深月さん
『ぼくのメジャースプーン』

「ぼく」は小学四年生。
不思議な力を持っている。





あらすじ&感想


ぼくらを襲った事件はテレビのニュースよりもっとずっとどうしようもなくひどかった―。ある日、学校で起きた陰惨な事件。ぼくの幼なじみ、ふみちゃんはショックのあまり心を閉ざし、言葉を失った。彼女のため、犯人に対してぼくだけにできることがある。チャンスは本当に一度だけ。これはぼくの闘いだ。
―「BOOK」データベースより―


タイトルにひかれて読んだのですが、少し重い内容でした。
でも胸がジーンと熱くなります。

メジャースプーンって計量スプーンのことですよね。
本書では、ふみちゃんの宝物で、ぼくにとってはお守りのようなものとして描かれています。
そんな可愛いタイトルとは裏腹に、人の悪意を描いた作品でした。
それに対する罰、そして罪とはなんなのか?
不思議な力を持つ主人公と一緒に、私も考えてしまいます。

でも途中で中だるみしてしまい、読むのに時間がかかっちゃいました。
深いけど、私は苦手かも。


悩める少年の不思議な能力


本書の主人公「ぼく」。
彼には不思議な力が備わっていました。

それは、
「もし○○をしなければ、△△が起きる」というもの。

ちょっと分かりづらいですが、ぼくが最初にこの力を使ったのは、友達のふみちゃんに対してでした。
ピアノの発表会から逃げ出したふみちゃん。


「戻って、みんなの前できちんとピアノを弾こう。そうじゃないと、この先一生、いつまでも思い出して嫌な思いをするよ」



ぼくが言った言葉がほんとうになるんです。
ふみちゃんに言った内容はそこまで深刻ではないですが、例えば、
「○○をしなければ、あなたは自殺する」なんて囁かれたら怖いです。

ある意味、脅迫ですね。

そんな力を持った小学生が友達のために悩み、罪や罰、命の重さを学んでいくお話です。
一生懸命に考え、悩む主人公の姿に胸が熱くなります。
少し苦くて切なく、でも愛情も感じられる物語でした。





リアルな悪意の罪と罰


本書では、むき出しの悪意が描かれています。
学校で飼っていたウサギが殺されてしまうんです。
そのために、ふみちゃんの心が壊れてしまう。
こういうのってリアル社会にもありますよね。

平気で動物を虐待したり、命を踏みにじったりする。
なんの罪悪感も抱かない市川雄太(本書の登場人物)のようなひと。
危害を加えたのが動物でも、その結果、周りの子供たちの心まで壊れてしまう。
そのことにもなんの罪悪感も感じない。

ぼくは、ふみちゃんの心を壊した彼に復讐をしようと、彼の罪と罰について考えます。
秋山先生とともに。


この世の中で、一番ひどい復讐の方法というのは何だと思いますか。



から始まり、市川雄太に対する効果的な罰を考えていく。
どうすることが罰なのか。

・・・実はこの秋山先生とのやりとりに、私は中だるみしてしまいました。
うーん、深いんだけどこういうのは少し苦手です。
そして、「○○をしなければ、△△が起きる」という例えもわかりずらかったです。

・・・でも最も効果的な罰って人それぞれだなと思いました。
加害者が罪の意識を持っているか否かでも変わってきますよね。
本書のウサギを殺した市川には罪悪感はなく、そんな彼に罪の意識を認めさせるのは難しい。
だったら何が彼にとって効果的な罰になりうるのか。
それを考えていく。
・・・なかなか深いですよね。





命について


この小説には、命の重さについても書かれていました。
ウサギが殺されると残酷だと思います。
でもそれって、うさぎだからなのでしょうか。
例えば、虫とかだったらどうだろう?


どんな動物までなら抵抗なく自分の手で殺せますか。



この一文に、私はピクっとなりました。
夏に飛び回っている蚊とかだったら平気でペチっとやってます。
でもあまり罪悪感は感じない・・・。

考えてみると命の重さは平等なはずなのに、自分のエゴのためにいつの間にか差をつけています。
そのことに気づいた本でもありました。
(でもこれからも、蚊だったらペチっとやると思いますが・・・。)


ぼくの復讐と優しい結末


主人公が出した結論。
それはショッキングなものでした。
彼は市川に言います。

「今すぐここで○○、そうしなければ、△△」

えっ!?
・・・でもこの小説の結末は好きです。
温かなラストでした。


***


この物語、小学生の視点で進んでいくのでわりと読みやすいです。
「ぼく」の「ふみちゃん」に対する気持ちが素直に描かれていて、何度もキュンとしました。

『ぼくのメジャースプーン』の前にもう一つ、登場人物がリンクしている作品があるんですよね。
読み終わってから知りました。
秋山先生たちがでてくる『子供たちは夜と遊ぶ』です。
メジャースプーンから先に読んでしまいました。


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



辻村深月,

2 Comments

すずめ  

はじめまして
いつも楽しく参考にさせていただいております。

辻村深月さんの本は大好きでよく読むのですが、いつも追い詰められたような、悲しくやるせない雰囲気があって、自分の暗い部分と重ね合わせながら読まないといけないためにとてもパワーがいりますよね。(^^;
ハッピーエンドなのに疲れちゃうって不思議です。

2016/05/04 (Wed) 09:06 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

すずめさんへ。

はじめまして。
コメントありがとうございます(*^_^*)

わかります・・・。
辻村さんの本、私はまだ4冊ほどですが独特な雰囲気がありますね。
女性の心理描写が上手くてリアル感があるなと思いました。
少し共感できる部分もあるのですが、エネルギーが吸い取られるような気分にもなります。
でも気になってやめられないんですよね。
『ぼくのメジャースプーン』は少し重めなお話でした。
一番楽しく読めたのは『凍りのくじら』かな。
ドラえもん愛が感じられて面白かったです。

そのうちまた次の作品を読みたいと思っています(^^♪

2016/05/04 (Wed) 12:24 | EDIT | REPLY |   

Add your comment