Welcome to my blog

『ぼくのともだち』(絵本) とね さとえ / 離れていても一緒だよ

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『ぼくのともだち』(絵本) とね さとえ / 離れていても一緒だよ 

刀根里衣(とねさとえ)さん
『ぼくのともだち』絵本

こんな たのしい まいにちが
ずっと ずっと つづきますように・・・





あらすじ&感想


ひとりぼっちのうさぎは、ある日迷子のたまごに出会います。ふたりは一緒に過ごし、うさぎはとても幸せでした。でもいつか別れの日がやってきます。大切な人との出会いと別れ、そして再会の物語。
―「BOOK」データベースより―


とても素敵な絵本。
いっぺんに気に入ってしまいました!
私のブログに訪問して下さる方々にもぜひ読んでもらいたいとの思いで、紹介がてらレビューを書きます。


憧れのリンゴのおうち


私がまずこの絵本に魅せられたのは、柔らかなタッチのイラストです。
うさぎさん、かわいい。
どこか幻想的で優しさが感じられるこのイラストに、すっかり目を奪われてしまいました。
色使いがとてもキレイです。

そして目をひいたのが、リンゴのおうちです。





小さい頃、ドールハウスに憧れていました。
小さな家の中にはたくさんの小さな雑貨がそろっていて、まるで別世界のよう。
そこは私にとって夢の空間でした。
私もその家の中に入りたい・・・とよく空想したものです。

そんな楽しい気持ちを思い出させてくれるリンゴの家。
ほっこりしました。
うさぎさんはリンゴが好きなのかな?


大切なお友達


リンゴの家で、うさぎは一人ぼっちでした。
でもある日、迷子のたまごと出会うんです。


きみは はじめての ともだち
おそろいの あかい ネクタイを プレゼント



良かったね。
もう ひとりじゃないよ。

その日から2人はいつも一緒。
とても楽しそうで、私までウキウキしちゃいました。
誰かと一緒にいることの喜びを、読みながらに実感できてしまう。





私がこの本を読んで強く感じたことがありました。
絵本独特の凄さです。
それは言葉が少ないこと、なんです。


大人にも絵本を・・・


絵本は子供が読むもの。
そう思っている人に、ぜひ一度、絵本を手にして欲しいなと思います。
この『ぼくのともだち』もオススメです。
少ない言葉なのに感情を揺さぶられるからです。
それって凄いことだと思いませんか?

子供にもわかりやすいように書かれているので、当たり前といえば当たり前なのですが。
でもそこに刀根さんの文章力を感じました。
大人だと、その少ない言葉からたくさんのことを想像しながら読むことができるんです。
自分の過去や経験を振り返りながら。
そして混じりけのない純粋な言葉に、時に涙してしまう。
絵本って、意外と深いです。


相手の幸せを一番に・・・


この絵本の素敵なところは、相手の幸せを一番に考えることです。
『ぼくのともだち』は出会いと別れ、そして再生の物語になっています。
出会いがあれば、いつかは別れがあります。
とても悲しいことですね・・・。

ある日、たまごのお母さんが迎えにきます。
その時のうさぎの気持ちが、なんとも切ないんです。


いえないよ
「いかないで」なんて いえない



この言葉に心が震えました。
また一人ぼっちになってしまう自分よりも、相手の幸せを一番に考えた言葉です。
本当は行ってほしくないのに・・・。
そんなうさぎさんが愛おしくなります。

私の場合、どうしても自分の幸せを優先的に考えてしまって、なかなかこういう決断をできなかったりします。
だからよけい心に響いたのかもしれません。





また一人ぼっちになってしまいました・・・。
うさぎさん幸せになってほしい。


うさぎと たまごの絆


最後まで読むと、うさぎと たまごの絆を感じました。
離れていても一緒。
お互いが、お互いを信じてさえいれば。

信頼しあえる友達っていいですね。
とても素敵なラストでした。


***


作者の とねさとえ さん。
日本人ですが、イタリアのミラノを拠点に活動されているのですね。
他にも何冊か出版されているようで、とても気になります。
あと何冊か、そのうちに読んでみたいと思っています。



*お礼*
この絵本は、私が訪問しているブログさまで以前に紹介されていた本です。その時から気になっていました。

素敵な絵本を紹介して下さったブログさま。
→「雨と童話とちょっとの愛と

雨降りさん、ありがとうございます(*^^*)

関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



絵本, 刀根里衣, うさぎ,

4 Comments

雨降りさん  

素敵なとても素敵なレビューです。
うさぎさんがたまごと別れるシーン。
私もひだまりさん。と全く同じ気持ちでした。
自分が悲しむのに相手を思えるってすごいことです。
うさぎさんが幸せになれて良かったですよね。

凝縮された結晶みたいな言葉。
私もこんな短い言葉でこんなに心揺さぶる作家さんに初めて出逢いました。

ひだまりさん。のレビューでとねさんの絵本を好きになってくださる方、たくさんいらっしゃると思うな。
ファンとして嬉しいです!

ひだまりさん。ありがとうございました(☆o☆)





2016/04/09 (Sat) 00:25 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

雨降りさんへ。

雨降りさん、コメントありがとうございます☆
それと素敵な絵本に出会えたことを嬉しく思っています。

たまごとの別れのシーン、心に響きますよね。
切なくてジーンとしてしまいました。
うさぎさんが愛おしくなります。
とねさんの温かな言葉に心が揺さぶられて、絵本って凄いなと改めて感じました。
幻想的な雰囲気の絵も素敵ですね!

雨降りさんと、同じ本の同じところで共感できて嬉しいです。
うさぎさん、幸せになれて良かったです。

こちらこそ、ありがとうございました(^^♪

2016/04/09 (Sat) 01:09 | EDIT | REPLY |   

lime  

雨降りさんご紹介の絵本なのですね^^

本当に絵が素敵。
文章が無くても、絵だけで優しさがにじみ出てくる感じがして。
大人もホッコリしてしまいます。
絵本の魅力を再確認させていただきました。

2016/04/10 (Sun) 15:19 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

limeさんへ。

コメントありがとうございます☆
そうなんです。雨降りさんのブログで紹介されていた時から気になってました(*^_^*)
素敵な絵本ですよね。
絵だけでも優しさが伝わってきて、いっぺんに好きになってしまいました。
言葉もマッチしていて、心に響きます。

絵本っていいですよね。
私もその魅力を再認識しました。

2016/04/10 (Sun) 17:50 | EDIT | REPLY |   

Add your comment