Welcome to my blog

『虚ろな十字架』東野圭吾 / 死刑とは。償いとは。

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『虚ろな十字架』東野圭吾 / 死刑とは。償いとは。 

東野圭吾さん
『虚ろな十字架』

「死刑は無力だ」
別れた妻が殺された。
もし、あのとき離婚していなければ、
私はまた遺族になるところだった。



あらすじ&感想


11年前、娘が殺された。そして今度は別れた妻・小夜子が殺された。もし離婚していなかったら、私はまた、遺族になるところだった―。そう呟いた中原道正は、小夜子が中原と離婚してから歩んできた道を辿り始める。小夜子は被害者遺族の会に入り、様々なボランティアをしていた。そしてライターの仕事を通して、一人の女性と出会う。単なる強盗殺人事件に思えたものが、思いもよらない方向に展開していき・・・。






これは力作です。
死刑制度を問う物語。
東野さんの物語は深い。
図書館で順番待ちをしていて、やっと借りれた本。
私の大好きな東野圭吾さんです。
読む前から楽しみで、ワクワクしながら読みましたが心にずしっときました。
『手紙』以来のずっしり具合。

人を殺した者はどう償うべきか。

中原と元妻・小夜子は、娘の事件で犯人に死刑を望み、それでも事件のことを引きずって生きています。
死刑は遺族にとって通過点に過ぎない・・・。
死刑という判決がでなければ、遺族は何を拠り所にすればよいのか。

小夜子は娘の事件を振り返り、関係者に取材をしていました。
中原も小夜子の足跡を辿り、再び娘の事件と向き合います。
その中で当時の弁護士の話を聞き、小夜子と中原の心は揺れ始めます。

死刑は無力だ―
それぞれの事件には、
それぞれにふさわしい結末があるべき―。


・・・弁護士の言葉には私も、はっとさせられるものがありました。
答えなんて出せるものではありませんよね。
立ち止まって考えさせられながら、ゆっくり読みました。
今までそういった事は考えたことがなかったから、戸惑ってしまいます。
正直、何が正解なのかは判らない。
でも私の大切な人達がもし事件に巻き込まれたら、極刑を望むかもしれません。

本当に深い作品です。
『手紙』同様、『虚ろな十字架』もたくさんの人に読んで貰いたい本だなぁと思います。
関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



東野圭吾,

0 Comments

Add your comment