Welcome to my blog

『ブラック・ベルベット』恩田陸/神原恵弥シリーズ/かつての恋人

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『ブラック・ベルベット』恩田陸/神原恵弥シリーズ/かつての恋人 

恩田陸さん
『ブラック・ベルベット』

すべてが、鮮やかに一転する瞬間!
この恩田マジックを見逃すな





あらすじ&感想


東西文化の交差点・T共和国。この国で見つかった、全身に黒い苔の生えた死体。入国後に消息を絶った、気鋭の女性科学者。ふたつを結びつけるのは、想像の域を遙かに超えたある事実だった―
―「BOOK」データベースより―


神原恵弥シリーズ 3
『ブラック・ベルベット』。

このシリーズは・・・、
『MAZE』『クレオパトラの夢』とあり、本作で3冊目。
一冊ずつ完結しているのですが、やはり順番どおりに読むのがオススメです。
なぜかと言うと、過去に登場した人物が勢揃いするからです。
時枝満に、妹の和美、そして今回は恵弥(メグミ)のかつての恋人・橘が出てきます。

このシリーズは恩田ファンの中でもわりと人気があるのではないかしら。
何が良いかというと、キャラが面白いんですよね。
・・・やっぱり好きだなぁ、と再認識しちゃいました。


噂のクスリ


今回の舞台は、T共和国。
恩田さん、これはトルコですね。
トルコ空港、イスタンブール・・・などの記述はあるのにT共和国って・・・(笑)

製薬会社に務めているメグミは、友達の多田からあることを依頼されます。
それは、T共和国で失踪した女性を探すこと。
彼女は、アキコ・スタンバーグ博士

主人公はその依頼を受けます。
でも実は、恵弥にはもう一つ別の目的があったのです。
それは・・・、D・Fと呼ばれるもの。

「最高にハイになれるのに、
全くダメージがない」


という噂のクスリです。
・・・なんだか危険な匂いがしてきました。
麻薬!?
ダメージがない・・・副作用も習慣性もないのであれば、ある意味それは夢の薬かもしれませんね。

ところがその正式名称を読んだ時に、少しゾッとしました。
死の工場

ゾワゾワっとしてきます。
それは本当に存在するのでしょうか?





謎多き登場人物たち


このシリーズの一番の読みどころは、恵弥の面白いキャラにあります。
一度読めば、その強烈なキャラが大好きになってしまうんです。


「相変わらずよく分からん仕事してるんだな」
「あら、分かってるじゃない」
「しかし、何を探してるんだ?」
「夢とロマンよ」



同級生の満と恵弥の会話を抜き出してみました。
平然と「夢とロマンよ」などと言ってのけるバイセクシャルのメグミ。
彼は男です、女言葉を話す。
頭が良く、しなやかで鋭い彼が大好きです。
今回はそんな彼が混乱している様子がたくさん描かれていて、少し微笑ましかったです。

そして、彼のかつての恋人・橘浩文が登場します。
興味津々。
でもその恋人は謎だらけなんです。

恩田さんのキャラはやっぱり良いなぁ。
謎が多い橘。
1作目の『MAZE』で大活躍した満。
面白くて愛着のある恵弥。
・・・良い味だしてます、今回も。


ひきこまれる謎


本書ではたくさんの謎が描かれています。
・恵弥が探し求めているクスリ
・全身に黒い苔の生えた死体の話
・不可解なかつての恋人
・アンタレスという謎の日本人の正体
・・・などなど。


次々とわきあがる謎に読むのを止められませんでした。
面白いんですよね。


今ここに自分がいるのは、なぜ?わざわざ呼び寄せられたのはどうしてなのか。いったいどういう役割を与えられているのか。



まるっきり見えてこない道筋。
珍しく主人公が混乱してる。
これらが最後にどう繋がっていくのか、ワクワクします。


ユウニ塩湖に負けない絶景


『ブラック・ベルベット』ではT共和国が描かれていますが、読んでいるうちに私も行ってみたくなった場所がありました。


どこかこの世のものならぬ、不思議な風景だった。一見したところ、受ける印象は「湖」である。(中略) ただ、湖と違うところは、その輝くばかりの白さである。それも、文字通り、晴れ上がった真っ青な空から降り注ぐ太陽光線を反射して、それ自体が光を放っているかのような凄まじい白さなのだ。塩、なのである。かつては塩の湖だったところが干上がって、広大な白い平原になっているのだ。



恩田さんの風景描写は素敵です。
塩の湖というと、ボリビアにあるユウニ塩潮が思い浮かびます。





でもそれに負けないくらいの湖が、トルコにはあるようですね。
トゥズ湖です。

本書を読んで初めて知りました。
水面は空を映し出す鏡のようで、ユウニ塩潮に負けないくらいの絶景。
夏になると水が干上がって、一面真っ白になるといいます。
ずうーっと続く白い世界も素敵でしょうね。
・・・行ってみたい。


すべてが一転する結末


本の帯に、

すべてが、鮮やかに一転する瞬間!
この恩田マジックを見逃すな


と書かれていました。
まさに鮮やかに一転です。

・・・というか、拍子抜けしました。
そうきますかぁ・・・。
私のこれまでのゾワゾワは何だったんだろう?
でもこの結末、嫌いじゃないです。
むしろ恩田さんらしいかなと思ったりもして、ニヤリとしてしまいました。

最後のアンタレスの正体は、ちょっと衝撃的でした。
まさかの・・・でしたか。
いやぁ~、面白かった。
ますますキャラに磨きがかかって、何よりです。


関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

恩田陸, 神原恵弥,

0 Comments

Add your comment