Welcome to my blog

『生きる気まんまんだった女の子の話』江國香織/100万分の1回のねこ

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『生きる気まんまんだった女の子の話』江國香織/100万分の1回のねこ 

第1話、江國香織さん
『生きる気まんまんだった女の子の話』

誰かをコッコロから
好きになったりしたら、
身の破滅、一巻の終わりだもの


「100万分の1回のねこ」より





あらすじ&感想


両親を早くに亡くし、叔母さん夫妻にひきとられた女の子。生きていることが楽しくて、誰も好きにならないと心に決めるのだったが・・・。


佐野洋子さんの絵本『100万回生きたねこ』を読んだら、こちらの本も読んでみたくなりました。
トリビュート短編集である本作。
13話からなっていて、13人の作家さんが書いています。

今回から、本のレビューの合間に13話すべてのレビューを書いていきます。
まずは第1話、江國香織さんの短編です。

※ ネタバレあります。


温かさと切なさ


この物語を読んで抱いた想い。
それは佐野さんの絵本『100万回生きたねこ』を読んだ時とまったく同じでした。
温かさと、切なさです。

あの絵本を読んだことがある人は、わかって頂けるかしら?
他者を愛して生きる実感が持てたことへの温かさと、愛する白ネコが死んでしまったことへの切なさです。

そして本書では・・・、
あの猫のように100万回生きたいがために、人を好きにならないと決意した主人公。
けれどいつしかダメな夫を愛していた温かさと、夫を失った切なさ。

・・・大切なことは失ってから気づくんですよね。
ちょっぴり切ないけど、人を愛せて良かった。

もう1度『100万回生きたねこ』を読みたくなっちゃいました。
さすがトリビュート作品ですね。
江國さんの短編はトップバッターにぴったりです。





女の子のコッコロ


主人公の女の子が可愛いんですよね。
誰も好きにならないぞっ!と決意する気持ちには、ある理由がありました。


だって、誰かをコッコロから好きになっちゃったりしたら身の破滅だもの。孤独が大事なの。知ってるでしょう?百万回も死んで、百万回も生きた立派なトラ猫の話を。



だれも愛さなかったから何度も生きられた―。
そう信じて疑わない女の子。
彼女は「生きる気まんまん」なのです。
ちょっと思い違いをしているけれど、なんか微笑ましい。
話し相手は1匹のネコでした。

ところで、江國さんの文章で私が気になった言葉があります。
それは、「コッコロ」です。
不器用だけど一生懸命さを感じて、「心」と書くよりも温かさが伝わってきます。
可愛らしい表現ですよね。
主人公の女の子に似合う。

私は読んだことないのですが、佐野洋子さんの小説で『コッコロから』というのがあるようですね。
恋愛ものらしい。
ちょっと読んでみたくなりました。


生きることへの喜び


主人公からは、強い「生」への執着が感じられました。
人を好きにはならないけれど、生きることへの喜びは人一倍あったんですよね。
花屋の叔母さんの元で、たくさんの植物の名前を覚えたり・・・、


これは水仙、これはフリージア、これは萩、これは吾亦紅。この薔薇はマレーラ、この薔薇はジュリア。これは芍薬、これはダリア、これは紫陽花、これはトルコ桔梗。



(たくさんのお花の名前。初めて聞くものもありました。)
長距離ドライバーの叔父と一緒に、たくさんの土地を旅したり・・・。
読んでいて私も楽しくなりました。
ワクワクする気持ちが伝わってきます。
そこには江國さんが抱く「好き」がたくさん書かれていました。

彼女の本を読むと毎回感じるのが、この「好き」が詰まった楽しさです。
それをサラッと書くのですが、この世の中にはたくさんの素敵なモノがあるんだなと気づきます。
風景だったり、匂いだったり・・・。
それは案外、身近にあるものなんですよね。





愛さないはずが・・・


女の子は歳を重ねて、絶対好きにならない人と結婚をします。
彼は、いわゆるダメ男でした。
怠惰で卑屈で小心でいばり屋。
おまけに無職です。

人を好きにならないモットーがある彼女には、最高の人なんでしょうけど・・・。
そんな信念を持っていた彼女ですが、夫が亡くなってからあることに気づくんです。

―彼女は夫を愛していた。


散らかすひともいびきをかくひともいなくなった家のなかはがらんとして、自分までからっぽになったようでした。女の子はゴウゴウと声を立て、思うさま泣きました。好きだと思ったことのない夫に、会いたくてたまりませんでした。



この文章を読んだとき、
そっかぁ・・・、と切なくなりました。
特に「好きだと思ったことのない夫に、会いたくてたまりませんでした」という文章に心打たれます。

愛せて良かったとも思うのです。
とても複雑な気持ちです。
もっと早くに気づけてれば良かったのにな。
その後は毎日、夫のお墓にお花を供えにいく。
あの絵本の猫のように、もう100万回生きることはできなくなってしまったけど、主人公の様子からは後悔なんて微塵も感じません。
読後は少し穏やかな気分になりました。

きっとこれからも、彼女のコッコロは夫を想いながら一緒に生きていくんだろうな。
とても素敵なお話でした。


『100万分の1回のねこ』13人の作家
江國香織 、岩瀬成子、くどうなおこ、井上荒野、角田光代、町田康、今江祥智、唯野未歩子、山田詠美、綿矢りさ、川上弘美、広瀬弦、谷川俊太郎


こちらも一緒にどうぞ。
佐野洋子さんの絵本のレビュー
*100万回生きたねこ*



関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
江國香織, , ネコ,

0 Comments

Add your comment