Welcome to my blog

『ぼくを探しに』(絵本) シルヴァスタイン / 欠けたカケラ

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『ぼくを探しに』(絵本) シルヴァスタイン / 欠けたカケラ 

絵本『ぼくを探しに』
―the missing piece―

何かが足りない
それでぼくはたのしくない
足りないかけらを
探しに行く


シルヴァスタイン (作)
倉橋由美子 (訳)





あらすじ&感想


さあ どうぞシルヴァスタインのふしぎの世界へ。

倉橋由美子がご案内します!
この魅力的で心にしみるイラスト物語が、地球の上で、花のように、風のように読まれ続けているわけ――を、あなたも見つけてください。

何かが足りない
それでぼくは楽しくない
足りないかけらを探しに行く
ころがりながらぼくは歌う
「ぼくはかけらを探してる、足りないかけらを探してる、ラッタッタ さあ行くぞ、足りないかけらを……」


自分には何かが足りない。
そう思ったこと、ありませんか?

そういえば以前よんだ絵本、
とねさんの『なんにもできなかったとり』でも似たようなことを思ったっけ。
何をやっても完璧にできない鳥のお話でした。
私も不器用なのでとても共感します。

今日レビューとともに紹介する絵本は、自分に欠けたものを探しに旅に出るお話です。
この本を読んだときに思ったことは、
「欠けたままでも良いんだ!」ということ。
そして、
「欠けているからこそ楽しいこともある」ということに気づきました。

※ 少しネタバレあります。


欠けている何か


単純でシンプルな絵に、どこかほっこりします。
最初このイラストを見た時に、ゲームの「パックマン」を思い出しました。
あの黄色いやつ。
迷路の中でお化けに追いかけられながら、ドットを食べるゲームです。
昔よくやっていたので懐かしいです。

・・・ゲームの話をしましたが、この絵本にはまったく関係がありません(笑)。
主人公の「ぼく」は、カケラを探しにいきます。


何かが足りない
それでぼくは楽しくない
足りないかけらを探しに行く
ころがりながらぼくは歌う
「ぼくはかけらを探してる 足りないかけらを探してる ラッタッタ さあ行くぞ 足りないかけらを探しにね」



本当はまんまるのはずの僕。
だからイラストがパックマンのように欠けているんですね。
もしどこも欠けていなくて丸かったら、スムーズにコロコロ転がっていけるのに・・・。
僕は立ち止まりながらゆっくり転がっていきます。





楽しい旅路


旅の途中に様々なものと出会います。


なにしろぼくの体はかけていて
あまり速くはころがれない
それで立ち止まっては
みみずとお話する



みみず、お花、カブト虫、蝶々・・・。
楽しそうな様子に、私もほっこりします。

絵本の割にけっこうな厚さ。
でも書いてある文字数が少ないので、すぐ読めてしまいます。
可愛いイラストから楽しさが伝わってきて、この旅路の部分が一番好きです。
カブトムシを追い越したり、追い越されたり。
お花の甘い香りを嗅いだり。
思わず微笑んでしまいました。

でも丸くないから、坂道とかを登ったり下ったりが大変そうです。
丸かったらこんなに苦労することなかったのかな?


理想と現実


不器用な私は、つい夢をみてしまします。
もし○○が完璧にできていたら・・・。

たぶん完璧な人ってそんなにはいなくて、みんな何かしら理想と現実のギャップに悩みながら生きているんだろうなと思います。
そして本書の主人公のように、欠けている何かを求めている。
私もそうです。
この主人公と同じ。
器用に、理想どおりに何でもできたら、素敵な毎日になる。
少しでもそれに近づけるように努力することは、もちろん大切なことなんですよね。

でも本書を読み終わったときに気づいたことがありました。
先程も書きましたが、欠けているからこそ楽しいこともある、ということです。





もし丸かったら・・・?


「ぼく」は旅の終わりにカケラを見つけるんです。
そしてまん丸になります。


ぼくはころがる
もう
すっかりまるくなったから
前よりも
ずっと速くころがる
こんなことは
はじめてだ



とても嬉しそう。
でも完璧になって初めて気づくことがありました。

速く転がることができたけど、スピードが出すぎて、みみずとお話するために止まることができない。
お花の匂いをかぐこともできない。
蝶々にとまってもらうこともできない。
歌も上手く歌えなくなってしまいました。

理想を求めて、でも失ってしまったものは大きかったんです。
どうでしょう。
もし自分がこの本の主人公だったら、丸い僕と欠けている僕、どちらを選びますか?

・・・私だったら欠けたままでいる方を選ぶかも。
この本の主人公がどうするのか、それは書きません。
ぜひ手に取ってみてください。


完璧じゃないからこそ見えるもの


この絵本を読んで感じたことは、きっと私は今幸せである、ということです。
理想とはぜんぜん違うけど、不器用な私だから感じることができる幸せってあると思うんです。
それは、ほんの小さな小さな幸せなのかもしれません。

例えば、
人から言われる「ありがとう」のひとこと。
平和な仕事場。
健康でいられること。
のんびりとした休日を送れること。
・・・挙げればたくさん思いつきます。

何でもつつがなくこなせるようになれば良いなとも思いますが、もしかしたらそれによって自分の時間や余裕が無くなってしまうかもしれません。
頑張ることは大切ですが、完璧でない自分も認めてあげたいですね。



** 拍手コメントRe:**(6/12)
Kさんへ。
ありがとうございます(*^_^*) 共感して頂けて嬉しいです。「はめずに一緒に旅する」Kさんの感性も素晴らしいです! Kさんの言葉から、カケラも自分の一部なんだということに気づきました。それだったら寂しくないですね(*^^)v

** 拍手コメントRe:**(6/14)
鍵コメTさんへ。
ありがとうございます(*^^*) 自分の事って案外よくわからなかったりするものですよね。でももしかしたら完璧なのかもしれませんよ?・・・それはそれで羨ましいです。 ブレーキ、良いですね!速さも調節できると嬉しいのですが(^^;
** ひだまりさん。**

関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

絵本, , シルヴァスタイン,

4 Comments

雨降りさん  

こんばんは<(_ _)>
知人からすすめられて、ずっと読みたいと思っていたんです。
ひだまりさん。が紹介されていて、ますます読みたくなりました。

やっと見つけた自分の足りない欠片かぁ。
私なんて完璧な自分なんて多分一生かけてもなれっこないです(笑)

きっと他人から見たら完璧に見える人でも、何かしら足りないと思うものがあって、その足りなさを見つけてしまいやすいのでしょうね。

私は、今あるものを大切にしたいです。
今あるものを愛しみながら、毎日感謝しながら、不格好な自分を精一杯愛してあげたいですね。

でも、理想が叶った自分もちょっと体験してみたいなぁ(笑)

2016/06/12 (Sun) 20:33 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

雨降りさんへ。

こんばんは。
コメントありがとうございます(*^^*)
とても素敵な絵本でしたよ。
可愛いイラストにも、ほっこりします。

自分に足りない欠片を求めて旅にでる「ぼく」に共感しました。
きっと誰もが、この本の主人公に自分を重ねて読んでしまうんだろうなと思います。

私も完璧な自分になんて、一生なれない気がします。
足りないものだらけですし・・・。
頑張れるところは頑張ってみるけど、それが私なんだと思って半分あきらめてます(笑)

雨降りさんの「今あるものを大切にしたい」という気持ち、とてもよく分かります。
私の周りには小さな幸せがたくさんあるんですよね。
それを大切にしていきたいです。
心に余裕を持って、周りにも優しくありたいですね。

2016/06/12 (Sun) 21:36 | EDIT | REPLY |   

つとむ  

こんにちは(^_-)-☆
拍手コメさせてもらったTです。
待ち合わせ時間より少し早くついたので、本屋に立ち寄って昔から探してる本を据え付けのパソコンで入力すると、復刻版で一冊だけありました。
『なんといふ空』ってやつね。
その最初の前書きの次のまえがきのあとでって所に『ぼくを探しに』が書いてありました。
最初、なんか聞いたことある話やなと読み進めていくと、アッ!ひだまりさんのやつやん(≧▽≦)
10年以上探し求めた本と、こないだブログで読んだ内容との偶然の一致がなんか必然の出会いなんかなと思いながらワクワクドキドキです。

2016/06/30 (Thu) 09:48 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

つとむさんへ。

わぁ、Tさん(*^^*) こんにちは☆
コメントありがとうございます。
すごいですね!!
偶然というより、もはや必然だったのかもしれません。
つとむさんのコメントを読んで、私も嬉しくなっちゃいました。
こういうこともあるんですね。
私もドキドキしました。
『ぼくを探しに』忘れられない本になりそうですよ。

それにしても『なんといふ空』ですか、10年以上探し求めた本があったのですね。
それもすごいです。
そちらも気になってしまいました(*^^*)
きっと、とても思い入れがある本なんでしょうね☆

2016/06/30 (Thu) 14:35 | EDIT | REPLY |   

Add your comment