Welcome to my blog

『図書館の魔女 烏の伝言(つてこと)』高田大介/伝言に託された真実

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『図書館の魔女 烏の伝言(つてこと)』高田大介/伝言に託された真実 

高田大介さん
『烏の伝言』

人を真実に導くのは"剣"か"魔法"か、
それとも―?




超弩級リブラリアン・ファンタジー


あらすじ&感想


大反響を呼んだメフィスト賞受賞作『図書館の魔女』に続くファンタジー巨編!囚われた姫君を助け出す―陰謀に荒む港町を山の民と兵士と、みなしごたちが駆け抜ける。
―「BOOK」データベースより―


『図書館の魔女』の続編である『烏の伝言』。
本作も600ページ超えのボリューミーな一冊です。
前作のレビューはこちらです。
*図書館の魔女*

続編と言いながらも、主人公や登場人物たちがガラッと変わりスピンオフ作品のような感じでした。
でも、面白い!!
前半は物語に入っていけなくて少し戸惑ったけど、中盤から怒涛のごとく面白くなりました。
特に後半は止まらない。

・・・ちょっと不満があるとすれば、本作にはキリヒトが登場しないこと。
名前だけは出てきましたが。
次作はぜひキリヒトを!!(←懇願)


高田大介さん
『烏の伝言』のレビュー


仲間たちの強い絆


この小説を読んで、1番強く感じたのは絆の強さでした。
特に、剛力のワカンと、二ザマの近衛隊ツォユ(赤髪)が良い。
カッコ良いんですよね。
キャラに深みがあって、読めば読むほど好きになってしまいます。

剛力と近衛と、子供たちの集団の鼠。
初めはバラバラだった彼らの心が、「仲間」として絆を深めていく。
「仲間」を見捨てずに、助け出すシーンは心を打たれました。
彼らには彼らの弁えがあって、その信念に従って行動する姿にカッコ良さを感じるんです。
前作とは雰囲気がガラリと変わっていますが、これはこれで素晴らしい作品です。

そして本書には、もう一人外せない人物がいます。
カラスを操る鳥飼。
彼がまた深みがある良いキャラなんですよね。





烏を操る鳥飼の言葉


剛力の仲間である鳥飼、エゴン。
左目が潰れていて醜い顔の彼は、満足に言葉を話せず、周りからは馬鹿だと思われている人物でした。


エゴンは人の言葉を満足に話せなかったのである。誰もが彼を馬鹿であると考えていた。迂鈍であると見ていた。それもそうだろう。人の知性というものは、まずは人の言葉によって示されるものなのだから。



でも読み進めていくと、彼は馬鹿ではないと思い知るハメになります。
最後の最後に。
言葉が満足に話せないからって、知性がないというのは違うんですよね。

前作のレビューにも書きましたが、「ことば」というのはただ単に「音」ではないということです。
音はなくとも、言葉は存在しています。
それを今回も感じました。


追われるものと追うもの


剛力と近衛隊と鼠と廓。
追われるものと追うものが描かれています。
面白いのは、誰が追われるもので追うものは誰か?というのが謎解きのように描かれていることです。


誰かが誰かを追い、誰かが誰かを裏切っている。だがその誰がはっきりとした像を結んでいかない。



裏切り者は誰か?
真に追われている者は誰か?
山の民と兵士と、みなしごたちが港を駆け抜ける・・・のです。
猿(ましら)との場面はヒヤリとし、ユシャバを助け出すところはスリリング。
その展開に目が離せません。

そして最後には、マツリカも登場しました!
・・・やっと。
マツリカ様は、やはりココでもマツリカ様でした。
なぜか安らぐ私。





心が震えた瞬間


私の心が震えた瞬間が2つありました。
ひとつは黒幕を追い詰めるシーンです。


少年の眼からはとうとう大粒の雫がこぼれ出し、震える唇が静かに開いた。たった一言、少年は訊いた。静かな、震える声で。
「どうして?」



トゥアンが言ったたった一言の言葉に、心が震えました。
「どうして?」の一言から、怒りや悲しみ、やるせなさなど多くの感情が伝わってきます。
こんなにも辛い「どうして?」を、私は初めて読みました。
一緒に涙ぐんでしまいます。

2つ目は、嬉しくて震えた瞬間です。
剛力や近衛、鼠たちと途中から行動を共にしていたカロイ。
ちょっと怪しい彼の正体が分かったとき。
「わぁー、カロイは・・・だったんだ!!」
思わず叫んでしまいました。(←家で読んでて良かった。)
嬉しくて嬉しくて。

『烏の伝言』は単独で読んでも、完結しているので問題はなさそうですが、やはり『図書館の魔女』を読んでからの方がオススメです。
その方が感動が2倍味わえます。


「ことば」から見える真実


人を真実に導くのは"剣"か"魔法"か、それとも―?



これは帯に書いてあった一文です。
やはり「ことば」でしょうね、真実に導くものは。
剣でも、ましてや魔法でもなく、言葉。

前作『図書館の魔女』もそうですが、本作も「ことば」が織り成す物語と言って良いと思います。
それをかき集めて真実にたどり着く図書館の魔女、マツリカ。
今回もその読む力は半端ない。

そして2通の「伝言」が意味するもの。
裏切り者は誰か―。
最後に真実が一気に見えてきます。
ほんとうにこの小説は、怒涛のごとく面白い。
今から次作が楽しみでなりません。


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



図書館の魔女, 言葉, ファンタジー, マツリカ,

2 Comments

三船  

初めまして。図書館の魔女シリーズは今後も楽しみですね。みなごろしじゃなくてみなしごですよ~

2016/08/11 (Thu) 21:22 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

三船さんへ。

初めまして。コメントありがとうございます(*^^*)
まぁ!! みなごろしになってますね。
全然気がつかなかったです。
・・・恥ずかしいわ。
ありがとうございます(*^^*)

図書館の魔女シリーズ、面白いですよね。
ハマってしまいました。
次作が今から楽しみです。

2016/08/11 (Thu) 21:37 | EDIT | REPLY |   

Add your comment