Welcome to my blog

『去就』隠蔽捜査6 今野敏 / 大森署長、竜崎伸也の決断

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『去就』隠蔽捜査6 今野敏 / 大森署長、竜崎伸也の決断 

今野敏さん
隠蔽捜査6『去就』

竜崎伸也、またもや処分!?
署長として、父親として、勇断の時が―





あらすじ&感想


大森署管内で女性の連れ去り事件、さらに殺人が勃発。ストーカーによる犯行が濃厚になる中、捜査の過程で署長・竜崎は新任の上役と対立する。家庭でも娘にストーカー騒動が発生。予想不能の事態が公私に続発して…不穏な緊張感漂う最新長篇!
―「BOOK」データベースより―


私の大好きな隠蔽捜査シリーズ。
今回も竜崎伸也のキャラが際立っていました。
やっぱり良いですね。
このシリーズは本当に面白い。

連続ドラマ化されたので、知ってる方も多いですよね?
杉本哲太さん&古田新太さんのコンビが良かったです。
事件が佳境に入る時には胸が熱くなりました。

でもその前に、2時間枠で1回だけドラマ化されているんですよね。
その時の配役が、陣内孝則さん&柳葉敏郎さんでした。
私はそちらのコンビも好きなんです。
小説を読んでいると、どうしても竜崎さんは陣内孝則さん、伊丹さんは柳葉敏郎さんを連想します。

・・・と、ドラマのお話は置いといて、『去就』のレビューです。


今野敏さん
隠蔽捜査6『去就』のレビュー


隠蔽捜査シリーズの魅力


このシリーズの魅力はなんと言っても、大森署長、竜崎伸也のキャラにあります。
警察官僚、いわゆるキャリア組。
たてまえを嫌い、大真面目に本音を言う彼がカッコイイんです。


「どこにいても、国のために全力を尽くします。それが公務員のつとめですから」



サラリと大きなことを言っていますが、もちろん本音です。
決して建前ではありません。
そんな竜崎に好感が持てます。

1冊目『隠蔽捜査』で、警察庁長官官房総務課長だった彼は、息子の不祥事により左遷され大森署長になります。
それでも彼の仕事に対しての姿勢は揺るがない。
何事も合理的に進めようとする主人公は、周りからは「変人」と言われていましたが、シリーズ6ともなると、竜崎の良さを周りも分かってくれていて仲間意識を感じました。

・・・やっぱり良いなぁ、このキャラ。
今回も全くブレていません。
同期で幼馴染みの刑事部長、伊丹俊太郎とのやり取りも面白く、気づくと時間を忘れて一気読みです。
やっぱり私は、陣内さん&柳葉さんコンビを連想してしまいますが。

『去就』では、そんな大森署管轄内でストーカー事件が起こります。





警察官僚、そして父親としての決断


今回はストーカーから始まり、それが殺人、誘拐へと発展していく事件を主軸に描かれていました。
時を同じくして、娘の美紀にもストーカーの影が・・・。

署長としての竜崎、そして父親としての竜崎。
彼がどのように行動して決断をするのか、注目です。
私は、警察官僚で1人の父親として、娘のために取った彼の行動に拍手を送りたい気持ちになりました。
竜崎ならではの思いやり・・・、心がぽっと温まります。


私が注目した人物


主人公の魅力もさることながら、『去就』で私が注目した人物がいます。
戸高善信です。
シリーズ6で今さら・・・と思うかもしれませんが、彼のキャラも良い。
今更ながらに実感しました。

今回は新たに「ストーカー対策チーム」というセクションができます。
戸高もそのセクションに加わるのですが、newキャラの根岸紅美とともに、事件解決へと導きます。

竜崎は根岸のサポートを彼に頼みますが、面倒くさがると思っていたのに、そうでもないらしい。


「根岸の面倒を見ろと言われたら、根岸が相棒だと思っちまうんですよ」



この言葉には、戸高の人柄が透けて見えるような気がしました。
勤務態度も悪く決して褒められるタイプには見えない彼ですが、相棒想いの良いキャラですね。

刑事としてのカンも鋭く、意外と人望もある。
竜崎が大森署長として赴任してきた頃は何かと衝突していましたが、次第に合理的に考える竜崎に好感を持ち、竜崎も戸高のことを高く評価しています。
その2人の信頼関係も、読んでいて気持ちが良かったです。
『去就』を読んで、ますます戸高が好きなりました。





ストーカー事件の裏に隠された真実


今野敏さんの警察モノって、事件が大詰めを迎えるときに、いつも胸が熱くなるんですよね。
臨場感を刑事さんたちと一緒に味わえるんです。
このシリーズもそうですが、私が今まで読んできた『同期』シリーズ、碓氷刑事シリーズ、安積シリーズ・・・もそうでした。
今回も然り。

ストーカー事件の裏には、隠された真実がありました。
それを暴くのに導いたのは、戸高&根岸ペアです(*^^*)
・・・でも正直、ちょっと物足りない展開ではありました。
隠蔽捜査シリーズの、ある事件に似た感じに仕上がっているからかな。
でも、そう感じても面白く読めましたが。

今回も、ただのストーカー事件では終わりません。
そこには「なんかしっくりこない」謎が描かれています。
・Uターンした車
・猟銃を持って逃走しているのに、殺人になぜナイフを使ったのか
・呼びつけた場所

・・・読みながらに、ウラがあるなと勘ぐりたくなります。


竜崎伸也、またもや処分!?


竜崎伸也、またもや処分!?って帯に書いてあるんですよね。
気になるじゃないですか。
・・・イヤ、読む前から1番気になっていたのはそこです。

まさか、また左遷!?

あることから、方面本部長の弓削と衝突する主人公。
このシリーズで衝突は、もはやお馴染み・・・というか、それも醍醐味ですね。
それで特別監察を受ける竜崎。
果たして彼は処分されてしまうのか?

読み終わってから、早くも続きが読みたくなってしまいました。
これは、今から次作が楽しみです。

関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
隠蔽捜査, 竜崎伸也, 警察, キャリア,

0 Comments

Add your comment