Welcome to my blog

『悪意』東野 圭吾 / 隠された真実と動機

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『悪意』東野 圭吾 / 隠された真実と動機 

東野圭吾さん
『悪意』

人はなぜ、人を殺すのか。
隠された動機に 刑事・加賀恭一郎が挑む。



あらすじ&感想


人気作家・日高 邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口 修だった。刑事・加賀 恭一郎は見事な推理で犯人を追い詰めるが・・・。決して語ろうとしない動機。なぜ殺したのか?そこに隠された真実とは?






久しぶりに再読しました。
この小説は犯人が割と早めに判明してしまうので、
初めて読んだ時は、えっ、もう逮捕??という感じでした。
でもその後の展開がすごいんです!!
期待を裏切らず、最後まで楽しめました。

どうやら フー&ホワイダニット に重点をおいた本らしいです。
誰が、何故?ということです。
何故?の動機を解明していくストーリーになっています。

そこで登場するのが、刑事の加賀 恭一郎さん。
密かにファンな私。
加賀さんのシリーズでは、一番印象に残っている作品がこの『悪意』です。
しかも、加賀さんの教師時代のエピソードも少し書かれていて、おぉ(°0°)‼と嬉しくなりました。


この本は 野々口 修の手記と、加賀 恭一郎の主観が交互に描かれていて、犯人の動機を解明していくお話です。
その展開が面白くドキドキです。

最後に本当の動機が、加賀さんによって解明されるのですが・・・
その動機にゾクゾク・・・っとしました。
初めて読んだ時は、全く思いも寄らないものでびっくりした記憶があります。
その動機に行き着くまでも読み始めたら止まりません。
再読でラストがわかりながら読んでいましたが、やっぱり凄い!
恐るべき計画的な犯行・・・。
まさに『悪意』に満ちています。

明るいお話ではないので、楽しく読める類の本ではないですが読む価値はある本です。
東野 圭吾さんはすごい!
と前々から解ってはいましたが、改めてそう思いました。

関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

東野圭吾, 加賀恭一郎,

4 Comments

神崎和幸  

こんにちは。

自分も「悪意」読みましたよ。
面白いですよね。
事実の隠し方が巧妙でした。
それが明らかになった時、本当に驚きましたよ。

2014/10/06 (Mon) 16:09 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

神崎さんへ

こんにちは。

確かに予想が出来ない展開でしたね。
ラストの動機にはびっくりしました。
読みごたえがあり、面白いです。

さすが東野 圭吾ですよね☆

2014/10/06 (Mon) 23:01 | EDIT | REPLY |   

るぱん  

はじめまして。

わたしも、悪意すきです。
先入観って怖いですよね。
たった1行で、すっかり騙されてしまいました◎

ほんと、さすが東野さんですよね^^

2014/10/08 (Wed) 22:07 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

るぱんさんへ

はじめまして。

私もすっかり騙されましたよ(*゚д゚*)
再読しても面白く、また東野さんの凄さを実感しちゃいました。
思いも寄らない展開でしたね。

私も るぱんさんのブログお邪魔してました(*´︶`*)

2014/10/08 (Wed) 23:49 | EDIT | REPLY |   

Add your comment