Welcome to my blog

『ハーモニー』伊藤計劃/人間の意志と完璧なハーモニー

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『ハーモニー』伊藤計劃/人間の意志と完璧なハーモニー 

伊藤計劃さん
『ハーモニー』

天国なるものがこの世のどこかに
あるとしたら、これこそが
望みうる最高に近い状態なのだろう。





あらすじ&感想


「一緒に死のう、この世界に抵抗するために」―御冷ミァハは言い、みっつの白い錠剤を差し出した。21世紀後半、「大災禍」と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は医療経済を核にした福祉厚生社会を実現していた。誰もが互いのことを気遣い、親密に“しなければならない”ユートピア。体内を常時監視する医療分子により病気はほぼ消滅し、人々は健康を第一とする価値観による社会を形成したのだ。そんな優しさと倫理が真綿で首を絞めるような世界に抵抗するため、3人の少女は餓死することを選択した―。それから13年後、医療社会に襲いかかった未曾有の危機に、かつて自殺を試みて死ねなかった少女、現在は世界保健機構の生命監察機関に所属する霧慧トァンは、あのときの自殺の試みで唯ひとり死んだはずの友人の影を見る。これは“人類”の最終局面に立ち会ったふたりの女性の物語―。『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。
―「BOOK」データベースより―


今は亡き伊藤計劃さんの『ハーモニー』。
前に読んだ『虐殺器官』でも感じたことですが、やはり世界観が半端なくすごいです。
そして残酷ともとれるラストに背筋が凍りつきました。

アメリカで虐殺がおこり、それが世界中に広まった「大災禍」のあとに築かれたというユートピア。
『虐殺器官』の後の舞台設定かな?
本作は確かアニメ化されていますよね。
私は見ていないのですが、ちょっと見てみたいかも。

※ 少しだけネタバレあります。


伊藤計劃さん
『ハーモニー』のレビュー


調和のとれたデストピア


伊藤計劃さんの小説を読むと、そこに描かれている世界に圧倒されるんです。
本作『ハーモニー』の世界観が凄すぎます。


どこまでも親切で、どこまでも他者を思いやって、挙げ句の果てにこのわたしにすら思いやりを持て親切であれと急きたてるこのセカイ。



老いは防げないけど、WatchMeの導入により病気にもならなければ、太りすぎも痩せすぎもしない。
周りが周りを気づかい、優しさに溢れた社会。

WatchMeとは、


WatchMeと呼ばれる恒常的体内監視システムは、分子レベルで絶えず血中のRNA転写エラーレベルや免疫的一貫性の監視を行い、そこから外れるものがあれば即座に排除する。



・・・ちょっと難しくてよく分からないけど、これを取り入れることによって健康を保っていられます。





一見すると調和のとれたユートピアにも見えますが、よくよく読んでいくと、そうではないことに気づきます。
かなり息苦しい。
私の好きなコーヒーもダメ、お酒もダメ、たばこもダメ・・・という具合に。
レストランに行くと全てカロリー表示され、食べ物も規制される。
こんな世界はイヤだなと思います。

そしてWatchMeを取り入れることによって、自分の健康状態や職業などが周りの人にも表示される。
言わば身分証明のようなものです。
それがなければ電車にも乗れないなどの不都合があるため、一部の人たちを除いてみんな導入しています。

みんながみんな標準体型・・・。
個人の情報を開示して、政府じゃなく生府(←ここでは)によって管理されている社会。
ちょっと異様な感じがします。
ユートピアならぬデストピア。
・・・マイナンバー制度が導入されて、ふと、この世界に近づいているのかなと思うと少しヒヤリとしました。


彼女たちの選択


『ハーモニー』には3人の女の子が登場します。
主人公である霧慧トァン、零下堂キアン、そして御冷ミァハ。
(トァンにミァハって、とても読みにくいんですけど・・・。)

少女時代に、彼女たちは優しさに溢れた世界に抵抗するために餓死することを選択します。
それを提案したのは、1番この社会を憎んでいたミァハ。
なんとなく、この行き過ぎた社会を想像すると彼女たちの気持ちも理解できなくもない。
・・・でもミァハだけが死に、トァンとキアンは生き残るんです。

それから13年後・・・。
WHOの一部である螺旋監察官として戦地に赴いていた霧慧トァンが、日本に戻ってきます。
久しぶりにキアンに会いますが、彼女の目の前でキアンは自殺をしてしまう・・・。


その瞬間、世界各地で同時に叫び声があがっている。なぜならその時刻、方法は様々であれ、世界の至る所で六五八二人もの人間が同時に自らの命を絶とうと試みたからだった。



同じ日、同じ時刻に世界中で6582人もの人たちが自殺を試みた・・・。
奇妙な事件です。
しかも、キアンは死ぬ間際にある一言を呟いていました。


「うん、ごめんね、ミァハ」



ミァハ・・・。
13年前に餓死した御冷ミァハでしょうか。
・・・この当たりから一気に面白くなってきて止まらず読んでしまいました。
トァンは死んだはずのミァハの影を追いながら、この調和のとれた世界で真相を探り始めます。





意識のコントロール


本書は「意識」や「意志」がテーマになっています。
例えば何かをする時、そこには私の意志が存在します。
決めるのは私自身。
当たり前ですね。
でも、もしそれがコントロールされていたとしたら?
・・・考えただけでもゾッとします。
それではまるでロボットと同じです。

この小説では、過去に起こった「大災禍」の恐怖からそれを可能にしようとする人たちの思惑が描かれています。
『ハーモニー』というのは、調和という意味です。
そして調和を突き詰めていった結果、おのずと見えてきたのが「人間の意識は不要」ということ。


人間の欲望を制御する。人間の意志を制御する。人間のばらばらな欠片でできた魂をかき集めて、パズルを作るようにくっつける。そうすればいつか完璧な人間ができるだろう。



人間の意識をコントロールすることができれば、完璧な人間ができあがる。
虐殺などが起こらない天国のようなユートピア。
・・・『ハーモニー』ってなんだかタイトルが可愛いなと思って読んでいたら、ちょっと恐ろしい展開になってきました。

さすが伊藤さんのSF。
体の管理体制WatchMeに始まり、更には脳をも管理しようとする社会に驚愕しながらも止まらない。


御冷ミァハの理想郷


螺旋監察官の霧慧トァン目線でお話は進んでいきますが、そこには度々 ミァハの面影が描かれています。
そして明らかになるミァハの悲しい過去。

かつて、この優しい世界に絶望して死を選んだ彼女は、それでもここを愛していた。
完璧なハーモニクスを求めた彼女。
果たして彼女が思い描いていた理想郷は実現するのでしょうか?

・・・面白かったですが、ちょっと怖い結末でした。
こんな世界は願い下げです。
でもある意味、幸せ?

関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

SF, 伊藤計劃, デストピア,

0 Comments

Add your comment