Welcome to my blog

『よるくま クリスマスのまえのよる』(絵本)酒井駒子/お母さん大好き

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『よるくま クリスマスのまえのよる』(絵本)酒井駒子/お母さん大好き 

酒井駒子さん
『よるくま クリスマスのまえのよる』

いいこには サンタさんが くるよ。
でもね、わるいこには?





あらすじ&感想


あしたはたのしいクリスマス。わるい子にはサンタさん来ないのかしら? 心配で眠れない。そしたらよるくまが遊びにきて-。ぼくとよるくまの、お母さんのこと大好きな気持ちが溢れた絵本。『月刊MOE』掲載を単行本化。
―「MARC」データベースより―


可愛らしいお話でした。
この本は「よるくま」の2作目なんですね。
1作目は読んでいないのですが、読んでみたいなと思いました。

プレゼントを届けてくれるサンタクロース。
でもサンタさんは、わるい子にもプレゼントを届けてくれるの?
・・・こんな悩みもなんだか微笑ましいけど、子供にとっては大問題。
最後まで読むと心がポッと温まります。


酒井駒子さん
『よるくま クリスマスのまえのよる』のレビュー


サンタさんは誰の元にもやってくる


クリスマスの前の夜、主人公の男の子は、あることが心配で眠れないでいました。


「ぼく・・・ ぼくには サンタさん くるかなぁ。こないのかもしれないね、だって ぼくは わるいこだから。きょう ママに いっぱい しかられたから」



ママにいっぱい叱られたボク。
・・・でも心配しないで、サンタさんは誰の元にもやってくるんだよ。





黒を基調とした鮮やかな色彩


男の子とよるくまが可愛くて癒されました。
ストーリーも良いけど、イラストが好きです。
この絵本、子供用というか、大人の方がファンが多いんじゃないかなと思います。
色彩がとても素敵なんです。

基調としているのは「黒」。
その中にパキっと鮮やかな黄色や赤、グリーン・・・と、ハッキリとした色合いで描かれています。
淡いふわふわとした色合いも好きだけど、こういうのも綺麗です。
「黒」を基調としているから、他の色が映えるのかな。
自分では輝かないけど、他の色を輝かせるブラック。
素敵な色だなと思いました。


よるくまの願い


優しいよるくまに、男の子は提案をします。


そうだ ぼく よるくまに サンタさん してあげようか。なにか いいもの あげようか なにが いい?



優しい男の子。
よるくまが欲しいもの、なんだと思いますか?

それは・・・、
ツリーに飾ってあった「おうち」と、ちいさな「イエスさま」。
それから「ひこうき」も。
これには、よるくまのある願いが込められていました。
懐かしいお家と、お母さんへの想いです。


とつぜん停電になり、室内は暗闇に包まれました。
そして・・・、
男の子とよるくまは、小さな黄色い「ひこうき」で夜空に旅立つのです。
この部分が好きです。
男の子がサンタクロースになって、よるくまの願いを叶えてあげる。
小さな「おうち」で待っていたのは、よるくまのお母さんでした。
大好きなお母さんに抱きしめられて嬉しそう。





男の子はふいに思い出すんです。
まだとても小さかったころの、お母さんに抱っこされていたときの温もり。
よるくまも、男の子もお母さんが大好きなんです。

そしてサンタさんからのプレゼント。
箱に入ってたものは・・・。


無条件の愛


最後の、男の子に語りかけるお母さんの言葉に心がほんのりと温かくなりました。


『じゃあねぇ ぼうや もうそろそろ もどっておいで』
『ママのいる おうちに もどって おいで。』



いっぱい叱られても、サンタさんはちゃんと来るんです。
子どもは無条件に愛されているものだから。
母親の子供に対する愛を感じました。


***


いくつかレビューを読んでから書いているのですが、その中にちょっと気になるものがありました。
最後のプレゼントの場面が、サンタクロースじゃなくて母親の手が描かれているところです。
サンタさんを信じている子供さんには、ちょっと注意が必要かなと思いました。
でも、愛情が感じられる素敵な絵本です。
可愛くて笑顔になれる一冊でした。


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



絵本, クリスマス, サンタクロース,

0 Comments

Add your comment