Welcome to my blog

『失踪症候群』貫井徳郎/なぞのチームと失踪する若者たち/症候群シリーズ1

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『失踪症候群』貫井徳郎/なぞのチームと失踪する若者たち/症候群シリーズ1 

貫井徳郎さん
『失踪症候群』症候群シリーズ1

若者の失踪、
その背後にあるものとは―。





あらすじ&感想


失踪した若者たちに共通点がある。その背後にあるものを燻り出すべく、警視庁人事二課の環敬吾は特殊任務チームのメンバーを招集する。私立探偵・原田征一郎、托鉢僧・武藤隆、肉体労働者・倉持真栄。三人のプロフェッショナルは、環の指令の下、警視庁が表立って動けない事件を、ときに超法規的手段を用いても解決に導く。失踪者の跡を追った末、ついにたどり着いた真実とは。悪党には必ずや鉄槌を下す―ノンストップ・エンターテインメント「症候群シリーズ」第1弾!
―「BOOK」データベースより―

貫井さんの症候群シリーズ1作目です。
このシリーズは、「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」の3作が出ているようですね。
3作目が面白いと聞いて、でも読むなら1作目から・・・ということで読み始めたのですが。
「失踪症候群」に関して言えば、それほどでもなかったかな。
でもキャラが謎すぎて気になるんです。
環さんのファンになってしまいました(*^^*)


貫井徳郎さん
『失踪症候群』のレビュー


失踪する若者たち


『失踪症候群』というタイトルからも想像できますが、本書は失踪人の追跡調査をしていくお話でした。
環さん率いる特殊任務チームが共通点をあぶりだしていく。
そのチームが謎だらけで、内容よりもそちらの方が気になったくらいです。
だから読み始めは、面白そうだと思いながら読んでいました。
それに失踪人たちが、次々と住民票を移していた点も興味深い。
でも最後の展開は、うーんっていう感じでした。
想像しただけで痛いし・・・。

それにしても、自ら失踪した人たちを探すのは大変そうですよね。
新しい人生を歩むのは勝手ですが、残された周りの人は心配でしょうがないです。
それに別人として人生を生きようとしても、結局、自分の人生からは逃げられないんじゃないかな。
本書を読んで、そんな複雑な気持ちになりました。





謎の特殊任務チーム


このシリーズは、キャラが良い。(まだ1作目しか読んでないけど)
まず、警視庁人事二課の環敬吾という人物。


環に関する個人データはほとんど白紙に等しかった。八年前に警察庁から出向という形で警視庁警務部に着任したとあるだけで、前歴はおろか家族構成や生年月日すら明らかにされていない。



そうとうのキレ者です。
事件にするには弱い、でも何か気になる案件を秘密裏に解決していくのが かっこいい。
環はどんな過去を持ち、何を考えているのかがとても気になります。
でも1作目では何も明かされないんですよね。
2作目、3作目で明かされるのかな?

そして、環率いる特殊任務チームのメンバーも気になる。
原田征一郎 (私立探偵)
武藤隆 (托鉢僧)
倉持真栄 (肉体労働者)
・・・の3人です。
それぞれの視点から描かれているので、環を含めた4人が4人とも主人公のように感じました。
『失踪症候群』では、私立探偵の原田の視点が多めに描かれていました。


父と娘


4人の中の1人、私立探偵の原田に関しては、本書で家族や心情などが細かに描かれています。
元警察官のようです。
警察を辞めたときから娘の真梨子と仲違いして、心がすれ違う描写は胸がズキンと痛みました。
真梨子がやっていた「おにぎり」と呼ばれているもの。
そしてバンドの「ゼック」。
環たちが探している失踪人、小沼に関係がありそうで・・・。

失踪人の追跡をしつつ、捻れていく原田と娘。
最後は2人の関係が修復できそうでひと安心です。


「お父さん。あたし、お父さんに話さなきゃいけないことがある」



いろいろあったけど、良かったと思いました。
家族とか身近にいる人ほど、言葉はなくとも分かり合えていると思いがちですが、そうじゃないんですよね。
気持ちをちゃんと言葉にしないと、すれ違ってしまっているかもしれない。
コミュニケーションって大事だなと思いました。


彼らの過去、明かされる?


本作に続き、あと2作も読もうと思っています。
今回は原田にスポットが当たっていたような気がしますが、他の3人のことも徐々に明かされるのかな?
ちょっとそれが楽しみでもあります。
1番気になるのは、やはり環ですが。



* 次作のレビューです。
誘拐症候群

関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

症候群シリーズ,

0 Comments

Add your comment