Welcome to my blog

『わたし、お月さま』(絵本)青山七恵&刀根里衣/寂しがりやのお月さま

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『わたし、お月さま』(絵本)青山七恵&刀根里衣/寂しがりやのお月さま 

『わたし、お月さま』(絵本)

お月さまがお空にもどってくるのを、
おじいさんは、いつまでも、
ずっとずっと、まっているよ




青山七恵 (文)
刀根里衣 (絵)


あらすじ&感想


ひとりぼっちでさびしがりやのお月さま。むかし自分を訪ねてきたことのある宇宙飛行士さんに会うために、地球へ飛んでいくことにしました。お月さまは世界中を回って、あこがれの人を探し続けます。そうしているうちに、人間たちはお月さまが輝いていたときのことを忘れてしまったようでした。でも本当は、みんなお月さまが夜空に戻ってくることを強く願っていたのです。
―「BOOK」データベースより―

刀根さんの絵本。
今回は、文は青山七恵さんでした。
文も絵も素敵でほっこりします。
寂しがりやの、お月さまのお話です。


『わたし、お月さま』のレビュー


宇宙飛行士を探しに


絵本の主人公は、わたし、お月さまでした。
ひとりぼっちで、ぽつんと地球をながめています。


ときどき、ちょっとさびしい。「地球ってきれいね」ってわたしが言っても、「うん、きれいだね」って、だあれも答えてくれないから。



でも、お月さまには大切な思い出がありました。
ずっとまえに訪ねてきてくれた宇宙飛行士さんとの思い出です。
そして、地球をながめながら思いつくんです。
宇宙飛行士さんがいる地球に行こう!!と。


チョコレートのドーナッツ


絵本を読んでいて、思わずほほ笑んでしまったところがあります。
それは、かつて月を訪ねた宇宙飛行士さんのお土産です。
チョコレートがたっぷりかかったつやつやのドーナッツ。





刀根さんのイラストを見たら、ドーナッツ、食べたくなってしまいました。
私もチョコレートのドーナッツが大好き。
ドーナッツと言えば、ミスドです(*^^)
2月の中ごろに食べた、サクサクのチョコレートドーナッツの間にマシュマロがはさんであるやつ。
とても美味しかったのですが、期間限定って書いてあったからもうないかな。

ドーナッツをおみやげに持ってくるなんて、宇宙飛行士さん可愛い。
そのお礼を言おうと彼を探すお月さまですが、なかなか見つかりません。


刀根さんの宇宙と、月のない空


青山さんの文に、刀根さんのイラスト。
ふわふわで優しい。
そして幻想的です。
刀根さんの描いた宇宙がすてき。
「あお」を基調としたイラストが多いのですが、深みがあって温かみがある。

宇宙飛行士さんを探しながら、お月さまは地球を満喫します。
それが楽しそうで、私もワクワクしました。
でも1番印象に残ったイラストは、少し寂しさを感じるものなんです。
刀根さんの夜空と海の1枚。
月のない夜空のイラストです。





でも、あの宇宙飛行士さん、いったいどこにいるのかしら?

そうして、とてもながい時間がたって、あなたたちはもう、わたしが夜空でかがやいていたことなんか、わすれてしまったみたいだった。



そこに書かれていることばも、ちょっと寂しげです。
月のない夜空はこんなに寂しいものなんだなぁと、心に響くものがありました。

お月さまのこと、忘れてないからね・・・。


おじいさんと女の子


ベンチに座って話をしている、おじいさんと女の子の会話に温かさを感じて泣いてしまいそうになりました。
不安になった女の子に言った、おじいさんのことばが優しい。


「お月さまはきっと、ひとりぼっちですこしさびしくなっただけさ。(中略) お月さまがお空にもどってくるのを、おじいさんは、いつまでも、ずっとずっと、まっているよ」



ジーンときます。
宇宙飛行士さんと出会えたのか、それは書きませんが、心温まる絵本でした。

暗い夜空を照らしてくれる、お月さま。
見上げるだけで心が澄みわたっていきます。
でも寂しがりやさんだったんですね。
月の出てない夜は、もしかしたら地球に遊びに来ているのかもしれません。


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



絵本, 宇宙, 刀根里衣,

0 Comments

Add your comment