Welcome to my blog

『かがみの孤城』辻村深月 / ひとりで闘っている君へ。

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『かがみの孤城』辻村深月 / ひとりで闘っている君へ。 

辻村深月さん
『かがみの孤城』

あなたを、助けたい。





あらすじ&感想


どこにも行けず部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が集められていた。9時から17時まで。時間厳守のその城で、胸に秘めた願いを叶えるため、7人は隠された鍵を探す―
―「BOOK」データベースより―

一気読み必至!
問答無用の著者最高傑作!

・・・と、帯に書かれていました。
辻村さんの本は数冊しかよんだことがないから、最高傑作かは判断できませんが、断言はできます。
これは本当に素晴らしい物語です!!
帯の言葉は、ちっとも大げさではありません。
・・・泣きました。

読み終わってから他の人のレビューを読んでみたのですが、「辻村さんの初期の頃の作品に近い」 との印象を持った人が目立ちました。
・・・そうか。
そう聞くと、初期のころの本も読みたくなってしまいます。
『かがみの孤城』はファンタジーですが、辻村さんが描く子ども心が深い。
・・・ハッとなるんです。
そして、舞台となる鏡のお城がとても素敵な場所でした。


辻村深月さん
『かがみの孤城』のレビュー


かがみの孤城に集う7人の子どもたち


ここで描かれている孤城に行きたい!!

辻村深月さんの著作 『かがみの孤城』を夢中で読みました。
行きたいと願い、そこに集まる7人の子どもたちと一緒に時間を共有している気になる。
とても至福な時間です。

学校にもいけず、何かしら心に闇を抱えた子どもたちが集まる孤城。
そこにはフリルのドレスをきて、オオカミのお面をかぶった女の子 「オオカミさま」 がいて。
9時から17時の間だけカガミでつながっている。
今でも憧れます。
こういう不思議に満ちた場所。

私は学校には行けていたし不登校ではなかったけど、もしも本当にこんなところがあったら、救われる子たちはたくさんいるんだろうなと思います。
ここで描かれている7人の子どもたちのように。

主人公のこころ、ポニーテールのアキ、イケメンのリオン、メガネのフウカ、ゲーム好きのマサムネ、ハリポタのロン似のスバル、小太りのウレシノ。
リオン以外はみんな不登校児でした。
現実世界では会わずに、お城の中だけで時間を共有する彼ら。
でも、やがて現代へと繋がっていく。
見事でした!

辻村さんが描く子どもたちを見ていると、自分も中学生に戻った気になります。
うまいんですよね、子どもの気持ちを描くのが。





願いの鍵さがし


お前たちには今日から三月まで、この城の中で "願いの部屋" に入る鍵探しをしてもらう。見つけたヤツ一人だけが、扉を開けて願いを叶える権利がある。つまりは、"願いの鍵" 探しだ。



ワクワクします。
願いのカギ探しなんて・・・ (*^^*)
でも1人だけかぁ・・・。
しかも後半で残酷なことが明らかになるんですよね。


「願いが聞き届けられたと同時に、お前たちはみんな、城のことも、ここで過ごしたことも、全部を忘れる。お互いのことも忘れるし、もちろん、この私のことも」



・・・ガーン。
よくある展開ですが、せっかく知りあって仲良くなった友だちを忘れてしまうのはイヤですね。
願い叶えたいけど、思い出や記憶を失うのはつらい。


マサムネの決意


子どもたちは一緒に過ごすうちに、次第にうち解けていきます。
似た環境にいるからこそなんでしょうね。
読んでいると楽しくなります。
でも主人公のこころが学校に行かなくなった理由や、その他の子たちの環境も明らかになっていって心がザワザワとしました。
子どもの心は繊細です。

学校に行くと言ってケガをして再び孤城に現れたウレシノ。
友だちとのイザコザで学校に行けなくなった、こころ。
イジメと一括りにしてしまうには、ひとりひとり事情は違っていて、一括りにできないものがある。
彼らの感情や思いが痛いくらい伝わってきました。

そんな中、マサムネがある相談を持ちかけます。


「あの、―お前たち、一日だけでいいから、三学期に」 学校、とマサムネが続ける。(中略) 「学校に、来てくれない? 一日。本当に、一日、だけでいいから」



一日だけ、学校に・・・。
実はリオン以外の6人はみんな、同じ中学校に通っているということが分かったんです。
だから、マサムネが登校しようと思っている一日だけ。


オレたち、助け合えるんじゃないかって



助け合う。
この本を読んでいると、その言葉の重みに気づきます。
子どもたちは今まで1人で闘っていたんですよね。
でもカガミのお城でみんなと過ごすうちに仲間意識が芽ばえる。
1人ではできないことも、誰か一緒だったならば・・・。
勇気がもらえますよね。
こういう展開、いいなと思います。
約束をした彼らは、頑張って友だちのために登校しようとします。

でも・・・。
その結果は、彼らが望んでいたものにはなりませんでした。
実は、読みながらこういうことなんじゃないかと気づいちゃったんですけどね。
うん、やっぱりね。





助け合っている この世界


ちょっと前から思ってたんだよ。なんで、オレたちがみんな、雪科第五中学から呼ばれてるのか。それには、なにか意味があるんじゃないかって。



意味、ありました。
それを書くと壮大なネタバレになるので、書きませんが。
ラストは圧巻でした。

・なぜ、雪科第五中学の子どもたちなのか
・オオカミさまの正体
・願いの部屋と鍵のなぞ

伏線がいたる所にちりばめられていて、最後に全てつながるのが気持ち良い。
喜多嶋センセイにはびっくりしたけど。
読後感が最高に良いです。
自分の中学時代に思いを馳せてしまいました。

君は、ひとりじゃないからね。
・・・そんな作者の想いが伝わってくるようです。

いま1人で闘っている子に読んでもらいたい。

人との出会いは必然で、この世界に暮らす私たちはお互い助け合っているんです、きっと。
ほんの少し、世界が好きになりました。


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



ファンタジー, 辻村深月,

6 Comments

ひだまりさん。  

拍手コメ Kさんへ。

困る。


・・・嘘です(*^^*)
おすすめです。

2017/05/23 (Tue) 01:02 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

拍手コメ Kさんへ。

ありがとうございます(*^o^*)
1ヶ月待ちですかぁ・・・。
さすが辻村深月さん。

私も購入しました(*^^*)
ラストは圧巻ですよ。

2017/05/29 (Mon) 23:55 | EDIT | REPLY |   

クリボー  

途中経過なのですが(そんなのいらないなどと言わずに)聞いてください(笑)面白くてどんどん読んでしまいそうです。しかし!今回は購入したこともあり 我慢して ちょっとづつにして 楽しい時間を引き延ばしています。話かわりますが 本の香りって大好きなんです。紙の匂いっていうか 本の匂いが 小さい頃からすごく好きです。だから 読む前に 本を開いて 鼻に近づけてしまいます(笑) 

2017/06/02 (Fri) 09:05 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

クリボーさんへ。

途中経過、ありがとうございます(*^o^*)
面白いですよね!
止まらなくなりました。
私が言うのも変ですが、うんと楽しんでくださいねー(*^^*)

私も本の香り、大好きなんです。
あとページをめくる時の手触りとかも。
新品の本って、それだけでも嬉しくてにやけてしまいます。
やっぱり本は紙が良いですね。

読後の感想もお待ちしてます ✧°∀°)/✧

2017/06/02 (Fri) 12:58 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

拍手コメ Kさんへ。

ありがとうございます(*^^*)
半分くらいまで読んだんですねー。
私が気づいたのは、学校でみんなに会えなかった理由です(*^o^*)
・・・最後に明らかになりますよ!
そして喜多嶋先生についても。

ゆっくり読んでくださいね~♪

2017/06/07 (Wed) 23:42 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

拍手コメ Kさんへ。

ありがとうございます!
読み終わりましたね(*^^*)
私も読み終わったときに感じた温かな気持ちを思い出しました。
とても素敵な物語でした!
この本の作者、辻村深月さん素敵すぎです☆彡

思えばネットの世界も かがみの孤城に似ているのかもしれませんね。
全く知らない私たちが1冊の本を通じて感想を伝えられる。
同じ思いを共有できる場所なんですよね。
Kさんをはじめ、私のブログにきて言葉をかけてくれた人たちが同じ時間を生きているんだなと思うと、落ち込んでいても元気になれます(*^o^*)

・・・私、かなり助けられています(*´`)

2017/06/09 (Fri) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Add your comment