Welcome to my blog

『クラインの壺』岡嶋二人 / 仮想世界と現実

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『クラインの壺』岡嶋二人 / 仮想世界と現実 

岡嶋二人さん
『クラインの壺』

あなたはもう、現実に戻れない





あらすじ&感想


ゲームブックの原作募集に応募したことがきっかけでヴァーチャルリアリティ・システム『クライン2』の制作に関わることになった青年、上杉。アルバイト雑誌を見てやって来た少女、高石梨紗とともに、謎につつまれた研究所でゲーマーとなって仮想現実の世界へ入り込むことになった。ところが、二人がゲームだと信じていたそのシステムの実態は…。現実が歪み虚構が交錯する恐怖。
―「BOOK」データベースより―

けっこう有名なので読んだことある方、多いのではないかと思います。
映画にもなっていますよね。
レビューの評価が高く前々から気にはなっていたのですが、ようやく読めました!
これ、怖いですねー。
特にラスト。
仮想と現実がごちゃごちゃになり、どちらか分からなくなります。

そういえば岡嶋二人さんって、ペンネームの通り2人なんですね。
井上泉さんと、徳山諄一さんによるコンビのペンネームのようです。
2人で執筆とは珍しい。
1989年に刊行とのことなので、今から30年も前の作品です。
でもまったく古さを感じませんでした。
これは評価が高いのも頷けます。
私にしては珍しく1日で読んでしまいました。


岡嶋二人さん
『クラインの壺』のレビュー


ゲームの世界に入り込む!?夢のシミュレーションゲーム



夢のシミュレーションゲーム ✧ °∀° )/ ✧

ゲーム好きの ひだまりさん。
本作は、疑似体験ゲームが出てきてテンションが上がりました!
そのゲームマシーンの名前がK2、「クライン2」です。
イプシロンの会社の人たちは「クラインの壺」と呼んでいます。


ゲームを作るんです。疑似体験ゲームです。K2は、私たちを完璧にシミュレートされた別世界に連れて行ってくれるんですよ。



主人公の上杉が考案した『ブレイン・シンドローム』をもとに、イプシロンという会社が開発しているシミュレーションゲーム。
それは・・・、
ゲームの世界が現実となる!!ものです。

すごい!!
ちょっと怖い気もしますが、やってみたいです。
視覚、聴覚、味覚・・・と言った全ての感覚が現実と同じように体験できるバーチャルリアリティ・システム。
仮想世界なのに、まるで現実のように体験できるものです。
まだ試作品で、上杉やアルバイトの高石梨紗が実際にプレイしてみて調節していくということですが・・・。

読みながら、前に見た映画『13F』を思い出しました。
そちらも仮想世界を織り交ぜた作品でした。
でもそういうのって、ちょっと不安がつきものです。
もし戻れなくなったら・・・とか、いろいろ考えてしまうんですよね。





クラインの壺とは?


ところで、この小説を読みながらネットで検索したことがあります。
それは、タイトルにもなっている『クラインの壺』です。

クラインの壺(くらいんのつぼ、英語: Klein bottle)は、境界も表裏の区別も持たない(2次元)曲面の一種で、主に位相幾何学で扱われる。
―Wikipediaより引用

・・・・・・。
検索したものの、難しくてよくわかりません (^^;
わかりやすいものを探しているうちに、こちらのサイトにたどり着きました。
クラインの壺

メビウスの輪も似たようなもの?

表だと思っていたら裏になっていた・・・というような不思議な感覚に陥ります。





「クラインのつぼ」も同じようなものみたいですね。
それがこの小説のタイトルになっているんです。
最後まで読むと、なるほどなと思いました。
内側だと思っていたら外側で、外側だと思っていたら内側で・・・。
その性質を上手くミステリー仕立てにしているのが面白いんです。


消えた少女


初めは順調にいっていたものの、ゲームをしていくうちに主人公はある声を聞きます。


―危険だ。これ以上進むのは危険だ。すぐに戻れ。二度と来てはいけない。戻れ。



いったい、この声はだれなんでしょうか?
バグ?
そして高石梨紗が行方不明になってしまいます。
歯車が狂い始める。
彼女はどこへ行ってしまったのでしょうか?

最初はテンション上がりながら読んでいましたが、後半にいくにつれて徐々に怖さが増してきました。
これ、ミステリーなんですね・・・、と今更ながらに気づきます。


仮想と現実


少しだけネタバレになりますが、ゾッとした文章があります。
それは仮想と現実がごっちゃになってしまった状況です。


どうやって見分ければいいのだろう?今、僕の見ているものが、現実にそこにあるものかどうかを、僕はどうやって知ればいいのだ?この手は、壺の内側にあるのか、それとも外側なのか?



ツボの内側なのか、外側なのか。
・・・それは仮想世界なのか、現実世界なのか、です。

「クラインの壺」や「メビウスの輪」は、内側だと思っていたら、いつの間にか外側になっています。
もしK2のようなマシーンがあって、意図的に操作されていたとしたら・・・。

現実と仮想世界の境目がなくなってしまう?

頭がおかしくなりそうです。

でも逆に考えると、現実だろうがそうじゃなかろうが今いる世界が自分にとっては現実でなのであって、それ以外は現実ではありません。
そんな開き直りに近い考え方もできます。
「メビウスの輪」や、タイトルにもなっている「クラインの壺」のように、現実も仮想も裏表一体なのかもしれません。
そう思うと怖さが少しだけ和らぐような気がしました。




この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



仮想世界,

1 Comments

ひだまりさん。  

拍手コメさんへ。

ありがとうございます(*^^*)
・・・怖かったです。
井上夢人さんの「プラスティック」も怖そうですねー。
2人の著作を初めて読んだのですが、こんなに面白いのだったらもっと早くに読めばよかったです。

2017/06/05 (Mon) 12:34 | EDIT | REPLY |   

Add your comment