Welcome to my blog

『夢みる葦笛』上田 早夕里 / 誰も見たことがない驚異に満ちた世界

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『夢みる葦笛』上田 早夕里 / 誰も見たことがない驚異に満ちた世界 

上田 早夕里さん
『夢みる葦笛』

誰も見たことがない、
驚異に満ちた世界がここにある―





あらすじ&感想


日本SF大賞受賞作家、上田早夕里の真骨頂!妖しくも宝石のごとく魅力を放つ珠玉の傑作短編集!!人工知性、地下都市、パラレルワールド、人の夢―あなたの想像を超える全10編を収録!!
―「BOOK」データベースより―

初めて読む作家さんですが、かなりハイレベルな小説でした。
ジャンルで言うとSF。
10編からなる短編集です。
そのどれもが完璧で素晴らしかったです!
本屋さんに並んでいた時から気になっていたんですよね。
図書館で借りれそうだったので順番待ちをしていたら、やっと回ってきました。


上田早夕里さん
『夢みる葦笛』のレビュー


SF、ホラー、ファンタジー・・・。全く違う世界観がここに。


10編すべて読みましたが、とにかく素晴らしい。
何が素晴らしいかというと、重厚な世界観。

SF、ホラー、ファンタジー、パラレルワールド・・・。すべてが味わえる!!

1冊で、まったく違う世界観が楽しめます。
甲乙つけがたいくらいにどれもが完璧。

表紙が幻想的で素敵なんですが、本当にそのイラストのような世界が浮かんできます。
今 ひだまりさん。がいる世界とは、かなりかけ離れているんだけど、まるで現実を見ているかのような・・・。
その世界観に魅せられながらも、すんなりとけ込めるんです。
これは想像を超えていました。
ひとつひとつ長編で読みたいくらいです。





謎の生物、イソア


目次はこんな感じになっています。

夢みる葦笛
眼神 (マナガミ)
完全なる脳髄
石繭 (いしまゆ)
氷波 (ひょうは)
滑車の地
プテロス
楽園 (パラディスス)
上海フランス租界祁斉路三二〇号
アステロイド・ツリーの彼方へ


表題作の 「夢みる葦笛」 は、SFホラー。

ある日、街の中に出現した人型の白いモノ。イソギンチャクのような頭を持つ奇妙な生物は、不思議な曲を奏でながら、いつのまにか増殖していく。その冷たくも美しい歌声は、人間の大切なものを削ぎ落とそうとしているのだった……。

イソギンチャクのような生物が世界中に発生して、歌を歌っている・・・。
想像するとちょっと怖い・・・、というか気持ちわるい。


「イソアがやっているのは、あらゆる暴力に対するささやかな抵抗よ。世界がそれを求めれば、世界は大きく変わるかもしれない」



謎の生物、イソア。
それの歌声を聴くと、不思議な感覚になるようです。
おだやかに、そして次第に魅せられていく・・・。
ゾクッとしました。
最後までそれに抗おうとしていた亜紀と、イソアになっていく人々。
果たして狂っているのはどちらなのか?

人と怪物。
かなりのインパクトで、1話目から衝撃をうけました。
ここでは、人の代わりに増殖していくイソアの恐怖を感じます。
なんかブキミ・・・。
余韻をのこした終わり方が良かったです。


神秘的な異星生物


私が1番好きだなと思ったのが、7話目 「プテロス」 です。
地球ではない、宇宙のどこか。
そこにいる異星生物、飛翔体 (プテロス) と、それを研究する人間の物語。
プテロスは、地球生物でいう昆虫のような外見をしている飛翔体。
でも人が背中に乗れるくらい大きくて。

『風の谷のナウシカ』みたい。ナウシカでも大きなムシが出てきますよね。

この本の表紙のイラスト、 「プテロス」 の世界観を描いているのかなと思います。


系外惑星探査が常識になった現在、宇宙には、地球の常識が通用しない生物がたくさんいるとわかっている。彼らの知性は地球の基準では測れない。



ちょっと難しいですが、この本のテーマというか全体を通して見えてくるものがあります。
それは 「知性」 。
全話ではないのですが、 例えば 「プテロス」 では、「異星生物の知性」 を取り上げています。

飛翔体が落下して、凍石柱を目指して地表を進んでいくのを一緒に見守る志雄。
物語を読んでいくと、宇宙生物にも知性があるのではと不思議な感覚になるんです。
表題作 「夢みる葦笛」 のイソアもそう。
人間には理解することが不可能でも、少し神秘的な気持ちになるんですよね。

「プテロス」 の最後に凍石柱の正体がわかり、生命の営みと力強さを感じました。
不思議な心地です。
人間の理解や常識を超えているけど、晴れ晴れします。





夢みる人工知性


宇宙生物と、もう一つ。
10編の物語の中には、人工知性が出てくるものもいくつかありました。
「完全なる脳髄」、「氷波」、「楽園」、「アステロイド・ツリーの彼方へ」 です。
それぞれ独立した世界観を持つ物語でした。

「完全なる脳髄」 では、人間に近づこうとするシムと呼ばれるロボットがでてきます。


脳が欲しいんだろう、人間としての脳が。完全な脳と心が



人間の思考や視覚を身につけるために、殺人を犯すシム。
ロボットを平気で改造する人間と、人間を殺めていくロボット。
果たして、怪物はどちらか?
・・・なんとなく心にズシンとくる物語でした。


反対に 「氷波」 は、ちょっと素敵なラストです。
土星の観測をしている人工知性が主人公。
最後は人間たちから身体感覚をシミュレートできるプログラムを心待ちにしながら幕を閉じます。
「喜び」 などの感情がいつか備わるのを夢見て。
心がほんのりと温まりました。


生命と知性


「アステロイド・ツリーの彼方へ」 は、猫型の人工知性がでてきます。
可愛いんですよね。
名前をバニラといいます。
人間とは何か・・・と問うバニラに対し、主人公の杉野は一緒に過ごしながら人間の本質を教えていく。
それが微笑ましく、読んでいる私も楽しかったです。

そして最後にはバニラの正体が明らかに・・・。
ガツンときました。
人間の好奇心や探究心は留まることがありません。
もしも身体感覚を持つ知性がいたら、それはどのように発達していくのか・・・。


生命とは何か、知性とは何か。
その問いに対する好奇心と探究心を満たすために、僕たち人類が何をしたのか、いつまでも覚えておくつもりだ。



ラストは人間の身勝手さが浮き彫りになりました。
ロボットにはない身体感覚。
そして五感。
『夢みる葦笛』は、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を感じられる物語になっているんですよね。
人間にあって AIにはないもの。
それを求める AIと人間の関係・・・。
本当にすべてが重厚な世界でした。


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



SF,

0 Comments

Add your comment