Welcome to my blog

『つきのふね』森絵都 / みんな必死に生きている!

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『つきのふね』森絵都 / みんな必死に生きている! 

森絵都さん
『つきのふね』

オレ、ほんとに月の船が
来ればいいなって思ったんだよ





あらすじ&感想


あらすじ

あの日、あんなことをしなければ…。心ならずも親友を裏切ってしまった中学生さくら。進路や万引きグループとの確執に悩む孤独な日々で、唯一の心の拠り所だった智さんも、静かに精神を病んでいき―。近所を騒がせる放火事件と級友の売春疑惑。先の見えない青春の闇の中を、一筋の光を求めて疾走する少女を描く、奇跡のような傑作長編。
―「BOOK」データベースより―

森絵都さん2冊目、『カラフル』に続き『つきのふね』を読みました。
これもとても心に響く物語ですね。
友だちとの関係、進路のこと・・・。
中学生は悩みがつきません。

最近、子どもの目線で書かれた本をよく読んでいます。
辻村さんの『かがみの孤城』、森さんの『カラフル』、そして本作。
その影響か、学生時代に思いを馳せてしまいました。


森絵都さん
『つきのふね』のレビュー


みんな必死に生きている


私も中学生だったころは、色んなことで悩んでいました。
自分のこともよく分からなくて、周りの目も気にしていました。
あれから歳を重ねて、ずいぶん神経がずぶとくなったなぁと思います。

森さんの『つきのふね』を読んでいて感じたのは、みんな必死に生きている、ということです。
主人公のさくらも、勝田くんも、梨利も、へび店長も、智さんも。
物語のはずなのに、それが伝わってくる。
すごいですよね。

1999年のノストラダムスの予言。
大ブームになりました。
地球が滅びるなんて嘘だと思いながらも、どこかで信じていた自分がいて。
そういえば そんなこともあったなぁと、懐かしくなりました。
あの予言は何だったんだろう?
それでも当時は少しだけ怖かった。





宇宙船を設計する智さん


友だちとうまく行かなくなった主人公のさくら。
彼女のよりどころは、智さんのお家でした。
彼は、造ることのない幻の宇宙船の設計を書いていました。


「宇宙船ができたら……」と、あたしはぼんやりつぶやいた。「そしたら、あたしも乗せてくれる?」
「もちろん」
智さんは快く受けいれてくれた。
「みんな乗るんだよ。さくらも、尚純も、全人類も」



私ものりたいな、智さんの宇宙船に。
静かに、けれど確実に精神を病んでいく智さん。
そんな彼の家に入りびたるさくらの気持ちが、少しだけわかります。
2人の会話を読んでいると、不思議と心が休まるんですよね。


月の船


さくらの後をついてくる勝田くん、良いなと思いました。
智さんを救いたい一心で、古文書を発見したとうそぶく勝田くん。


一九九八年 最後の満月の夜
水城小学校の屋上に
真の友 四人が集いし その時
月の船 舞い降り 人類を救う
すると人類は もう宇宙船を造らなくてよくなるであろう



真の友4人・・・というのは、さくらと梨利と勝田くんと智さん。
さりげなく、さくらと梨利のことも仲直りさせようとする優しい勝田くん。
この辺り、ちょっと面白く読めました。
次の勝田くんの言葉に心がキュンとなります。


「オレ、ほんとに月の船が来ればいいなって思ったんだよ」



・・・月の船、ほんとに来ればいいね。
そうしたら、さくらと梨利は仲直りできて、智さんも幻の宇宙船の設計をしなくてよくなる。
勝田くんの願いが痛いほど伝わってきました。





グサリとくるリアル感


『つきのふね』というタイトルからしてファンタジーっぽいのですが、これはファンタジーではないです。
わりとリアルな物語なんだと思います。
痛いくらいに心に刺さる。


だれだって自分の中になんか怖いもんがあって、それでもなんとかやってるんじゃないのかよ



・・・私もあるなぁ。
自分の怖い (嫌いな) ところ。
それを自覚してたまに落ちこんだりもするし。
ここで描かれている中学生のさくらや、梨利も同じです。
幼いから、その気持ちをどうしたら良いのかわからずに持て余してしまう。
大人になった ひだまりさん。は、切り替え方も心得ているから落ち込みっぱなしにはならずに済んでいるけれど。
それでも、この勝田くんの言葉にハッとしてしまいました。

なんとかやってるんだよね、みんな。落ちこんだりしてても。


満月の夜に・・・


友だちを裏切ってしまったことを後悔しながら、智さんの家によりどころを求める、さくら。
未来に希望が持てなくなった、梨利。
幻を追いかける、智さん。
空回りしてばかりの、勝田くん。

真の友 四人は、満月の夜に水城小学校の屋上で・・・。

とても素敵なラストです。
生きていくためには、お互い助けあう。
そうすれば、間違った方向に行ってもまたやり直せますね。
人って支えあいながら生きているんだなと、ジーンとしました。


2冊ほど森さんの本を読みましたが、やっぱり素晴らしいです。
・・・次はどれにしようかな?
(また森絵都さんの本を読む気でいます。・・・そのうちに。)


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



森絵都,

0 Comments

Add your comment