Welcome to my blog

『リズム』森絵都 / 何気ない日常と自分のリズム

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『リズム』森絵都 / 何気ない日常と自分のリズム 

森絵都さん
『リズム』

おれのリズム。まわりの音なんて
関係ない、おれだけのリズム





あらすじ&感想


あらすじ

さゆきは中学1年生。近所に住むいとこの真ちゃんが、小さい頃から大好きだった。真ちゃんは高校には行かず、バイトをしながらロックバンドの活動に打ち込んでいる。金髪頭に眉をひそめる人もいるけれど、さゆきにとっては昔も今も変わらぬ存在だ。ある日さゆきは、真ちゃんの両親が離婚するかもしれないという話を耳にしてしまい…。第31回講談社児童文学新人賞、第2回椋鳩十児童文学賞を受賞した、著者のデビュー作。
―「BOOK」データベースより―

森さんのデビュー作。
ページ数が少ないからすぐに読めてしまいました。
森さんの本は最後に心がほわほわと温まるから良いですね。


森絵都さん
『リズム』のレビュー


幸せな日常


中学生のさゆきちゃんと、いとこの真ちゃん。
2人のやりとりが微笑ましいです。
何気ない日常を描いていますが、その日常がとても幸せなんだなと思います。


もうもどってこない、たくさんのもの。あたしのまわりにたしかにあったものたちが、少しずつ姿を変えていく。



楽しいことばかりじゃなくて いろんな悩みもあるけど、過ぎ去った時はもう戻ってこない。
そして物事は少しずつ変わっていく。
さゆきちゃんも大人になっていくし、真ちゃんも東京に行ってしまう。
そんな中で人とふれ合う温かさを感じる物語でした。

つい最近よんだ、江國香織さんの『ホテル カクタス』が思い浮かびます。
そこに登場する帽子が、「世の中に、不変なるものはないんだ」 と言っていました。
切なくなってしまいますが、これが世の道理ですよね。
まわりは刻一刻と変わっていきます。

でも、私は?
・・・と、時々 不安になってしまいます。
1人だけ取り残されているような焦り。
歳はとりたくないけど (^_^;)、成長はしたいな。





自分のリズム


1番心に響いた言葉がありました。


おれのリズム。まわりの音なんて関係ない、おれだけのリズム



自分だけの、自分のリズム。
私にとってはこれが大事だなと。
たまに人と比べてしまうことがあります。
・・・それで落ち込んだりしちゃうから、どうしようもない。
自己嫌悪に陥って、でもふと気づくんです。

私は私、人は人。

落ち込んだときに呪文のように唱えている言葉。
ずっと前から同じところを行ったり来たりしているような気がします。

・・・と、そんなことを考えていたら、こんなツイートがタイムラインに流れてきました。




深い。
真理をついています。
・・・けど、タイミングよすぎ。


独特のリズム感とリアル感


3冊ほど森絵都さんの本を読みました。
『カラフル』『つきのふね』、そして『リズム』。
森さんの小説は、会話にも独特のリズムを感じられます。
それが楽しいですね。
真ちゃんの両親が離婚すると聞いて、さゆきちゃんが自宅のトイレに一泊したのには、クスクスと笑ってしまいました。
可愛い。

心がホワホワとなりながらも、けっこうリアルにグサっとくる時もあって。
鋭いなと思います。


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



森絵都,

0 Comments

Add your comment