Welcome to my blog

『真夏の雷管』佐々木譲 / 道警シリーズ8 爆弾はどこに!?真夏の爆破計画

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『真夏の雷管』佐々木譲 / 道警シリーズ8 爆弾はどこに!?真夏の爆破計画 

佐々木譲さん
『真夏の雷管』道警・大通警察署

チーム佐伯が警官の覚悟を見せる!
大ベストセラー警察小説。





あらすじ&感想


あらすじ

精密工具の万引き。硝安の窃盗事件。消えた電気雷管。三つの事件がつながったとき、急浮上する真夏の爆破計画・・・。誰が、いつ、どの瞬間に?札幌大通署・刑事課の佐伯は、生活安全課の小島百合、機動捜査隊の津久井らと共に警官の覚悟を見せる。刻限に向けてチーム佐伯が走る!道警シリーズ第8弾。

楽しみにしていました、佐々木譲さんの道警シリーズ。
『笑う警官』『警視庁から来た男』『警官の紋章』『巡査の休日』『密売人』『人質』『憂いなき街』に続き8冊目です (*^^*)
このシリーズ大好きなんですよね。
ひだまりさん。の地元の札幌が舞台になっています。

発売日の次の日に本屋さんに行ったのですが、まだ並んでなかった・・・。
北海道は店頭に並ぶのが遅い。
地元の作家さんなのに・・・と、ボヤきたくなります。
前作『憂いなき街』では、私の大好きな佐伯さんの登場が少なかったんです。
今回はたくさん出てきて、テンションが上がりました!


佐々木譲さん
『真夏の雷管』のレビュー


道警シリーズの魅力


やっぱりキャラが大好き。

佐伯さんをはじめ、生活安全課の小島百合、機動捜査隊の津久井卓、佐伯さんの相棒である新宮昌樹・・・。
シリーズを読むたびに、彼らに会えるのが楽しくてしょうがありません。
このシリーズ、そう言えば2時間枠のドラマにもなっているんですよね。
でも全くキャラが生かされていないんです。
それがとても残念です。
ドラマは見ない方がいい、というか見なくていい。

ひだまりさん。にとっては嬉しいことに地元の札幌が舞台になっています。
身近な地名がでてくると、ついニヤリとしてしまいます。
狸小路にある ジャズ・バー 「ブラックバード」、モデルのお店があるのかな?
・・・いつも気になるんですよね。
今回は2階の影の捜査会議室 (?) は使わなかったけど、「ブラック バード」 に集まるメンバーたちのシーンが何度かでてきて、恒例の場所だぁ・・・と嬉しくなってしまいました。
実家の近くのショッピングモールまでも出てきて、情景が思い浮かびます。
・・・実家に帰りたくなってしまいました (*^^*)





繋がっていく事件たち


真夏の札幌で、3つの事件が起こります。


「未明に園芸店で肥料盗難。午前中に、狸小路で工具セットの万引き未遂。昼過ぎに園芸店に近いホームセンターで、工具の万引き。後の二つは同じ子供がやったようだ。それとも偶然って考えていいか?」



園芸店での爆薬材料の窃盗、狸小路やホームセンターでの工具の万引き、消えた電気雷管。
窃盗では佐伯&新宮が、少年の万引きでは小島百合が担当し、それぞれ捜査にのりだす。
別々の事件のようでいて、最後には全てが繋がっていくんです。
その推理の過程が面白い。

いつ全てが繋がるのかワクワクする!!

展開はだいたい読めてしまうのですが、全てが一本の線で繋がったときは嬉しくなりました。
・・・それにしても、大輝くんの母親 ありえない。
こんな母はイヤだ。


JR北海道 データ改ざん事件


この物語には、過去にあった ある事件がでてきます。
JR北海道によるデータ改ざん事件です。

2013年9月 北海道JR函館線で起きた脱線事故直後、レール幅の検査データを改ざんした疑い。
それによって トカゲの尻尾切りが行われました。
そして社長の自殺・・・。
当時は大きく報道されメディアにも叩かれましたね。
どんな会社なんだ・・・、と恐ろしくなります。


あの一連の不祥事については、社長ふたりが自殺している。その意味の重大さについては、当事者たちのほうがよく知っていただろう。



慢性的な人手不足、予算不足・・・など同情する部分もありますが、やはり安全を第一に考えてほしいし改ざんしちゃダメでしょ。
ニュースを見ながら愕然とした記憶があります。
実際にあった事件が描かれているからか、読んでいてリアル感がありました。
・・・だからこの本の表紙は線路の写真なのか。
なぜに線路? と、ひそかに気になっていたんですよね。





迫り来るカウントダウン、爆弾はどこに!?


タイトル『真夏の雷管』からも想像できるとおり、この小説は爆弾が仕掛けられます。
犯人は誰で、目的は何か?
そして爆弾はどこに仕掛けられているのか?

・・・半分くらい読むとだいたい犯人は分かるのですが、結末がハラハラドキドキで面白い。


百合は、自分の胸がいましがたから収縮しているのを意識していた。最後のカウントダウンが始まっているのだ。



迫り来るカウントダウン。
百合と一緒に私もドキドキしました。
どうか 間に合って!!
ラストは、佐伯さんや津久井、そして機動捜査隊の長正寺の覚悟が伝わってきました。

***

道警シリーズでは、1冊目の『笑う警官』が1番好きですが、今回も夢中で読みました。
・・・もう8冊目なのかぁ。
感慨深いです。
一冊ずつ完結しているので、どれから読んでも楽しめますが、やはり順番通りに読むのがオススメです。
登場人物の関係や立場が少しずつ変化していくので、それも楽しめるんですよね。
今後も目が離せません。


関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



道警シリーズ,

0 Comments

Add your comment