Welcome to my blog

『魚舟・獣舟』上田早夕里/異形生物と人間を描いたシュールな未来SF

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『魚舟・獣舟』上田早夕里/異形生物と人間を描いたシュールな未来SF 

上田早夕里さん
『魚舟・獣舟』

異形生物と人間
上田早夕里が描く未来都市





あらすじ&感想


あらすじ

現代社会崩壊後、陸地の大半が水没した未来世界。そこに存在する魚舟、獣舟と呼ばれる異形の生物と人類との関わりを衝撃的に描き、各界で絶賛を浴びた表題作。寄生茸に体を食い尽くされる奇病が、日本全土を覆おうとしていた。しかも寄生された生物は、ただ死ぬだけではないのだ。戦慄の展開に息を呑む「くさびらの道」。書下ろし中編を含む全六編を収録する。
―「BOOK」データベースより―

上田早夕里さん2冊目。
前に読んだ短編集『夢見る葦笛』が かなり面白かったんです。
今度は長編を読もうと思ったのですが、その読もうと思っている物語の世界が、本作に短編として描かれていると知り・・・。
先にこちらを読んでみることにしました。

異形コレクションということで、ちょっとホラー感が強かった・・・。
テーマは異形生物と人間、でしょうか。
『夢見る葦笛』の方が好きかも・・・と思いながらも、やはり世界観は抜群でした。


上田早夕里さん
『魚舟・獣舟』のレビュー


完成された世界観に圧倒される!!


表題作『魚舟・獣舟』をはじめ、6つの物語が楽しめます。

【目次】
魚舟・獣舟
くさびらの道
饗応
真珠の街
ブルーグラス
小鳥の墓

「くさびらの道」 はホラー。幽霊がでてきます。
「饗応」 はショートショート。人工知能、ちょっとシュール。
「真珠の街」 もホラー。妖怪がでてきます。
「ブルーグラス」 は海洋SF。恋愛もの?

やはり世界観が素晴らしい!!

特に素晴らしかったのが、表題作 「魚舟・獣舟」 と 「小鳥の墓」 でした。
・・・圧倒されました。
その2作はジャンルでいうとSFです。
「小鳥の墓」 は書き下ろしのようで、180ページくらいの中編です。
・・・実は私が気になっていたのは、「魚舟・獣舟」 なんです。
この2作品のレビューを中心に書きたいと思います。





陸地の大半が水没した未来世界


" 陸地の大半が水没した未来世界 " という設定に心ひかれました。
表題作 「魚舟・獣舟」 です。
この作品、上田さんの長編『華竜の宮』に繋がっているようなんですよね。
・・・それでこちらを先に読んだのですが、
これは面白い!!
でも短編なのでせっかくの世界観がもったいない気もしました。
長編で読みたくなります。

陸地の大半が水没した世界で、海上に暮らす一族。


我々の一族の女は妊娠すると必ず双子を産む。双子のいっぽうはおまえたちと同じようにヒト型だ。だが、もういっぽうは魚の形で生まれてくる。



えっ、さかな!?
ヒト型は船で人として育てるけど、魚の形の片割れは海に放ち、やがて過酷な環境を生きのびて戻ってくると 「魚舟」 になる。
でもまれに 「獣舟」 になってしまう片割れもいて・・・。
魚舟だとか獣舟だとか異形の生物がでてきます。
ギョっとしますが、その世界に引きこまれてしまうんです。

現代社会が崩壊した未来で、海上民と陸上民に分かれて暮らす人々。
海上の暮らしを捨てて陸上で暮らす男が主人公です。
「獣舟」 は海上民にとっては誰かの兄弟なわけだけど、陸上民にとっては陸の資源を食い荒らす厄介もの。
やむ得ず排除していく・・・。
ちょっとシュール。

人も魚も生存するためにはその環境に適応していかなければなりません。
最後の 「獣舟」 の適応能力にはゾッとしました。





教育実験都市


「小鳥の墓」 は、人殺しの男のお話でした。
これだけで本書の半分以上を占める中編。
また世界観に圧倒されるんですよね。
火星に住む主人公の男、ジョエルが人殺しになるまでを描いたシュールな物語。


子供の頃、僕は地球に住んでいた。日本にいくつかあったダブルE区と呼ばれる街―そこに十歳の頃に引っ越した。ダブルE区の正式名称は教育実験都市。子供を健全に育てることに特化した、最先端のプログラムで動いている特殊な街だった。



教育実験都市 (EEシティ) 。
幼少時代から子どもの教育に優れた街で過ごしたジョエル。
彼は頭が良くハンサムな男の子でした。
教育に特化した都市だけあって他人の大人でもみんな優しくて、犯罪などない平和なところです。
でもそんな閉鎖的なところで暮らしていると息がつまる。
「外の世界」 に憧れる気持ちは分からないでもないかも。

ジョエルがああなったのは、やはり母親の面影を引きずってるのもあったんでしょうね。
それにしても教育実験都市なんてものを作った人間に愕然とします。
ここは文字通りの実験都市だったわけで・・・。
前に見た映画『メイズ・ランナー』を連想しました。

実はこの 「小鳥の墓」 も上田さんの長編に繋がっているようで、『火星ダーク・バラード』に彼が出てくるらしいです。
読み終わってから知りました。
こっちも読んでみたくなります。

少しホラー感があったけど面白かった。

短編集で言うと『夢見る葦笛』の方がSF感があり好きですが、こちらも大満足の一冊でした。



今、上田さんの 「魚舟・獣舟」 の世界観が描かれている『華竜の宮』を読んでいます。
この本のレビューをあげるのは 半月~1ヶ月くらい先になりますが、これすごく面白い。
早くも壮大なスケールに圧倒されている ひだまりさん。でした。

* 次回は3、4日後に、切なくて泣ける小説のレビューをアップする予定です。
関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



SF,

2 Comments

ひだまりさん。  

拍手コメ Kさんへ。

ありがとうございます(*^^*)
ぜひ読んでみて下さい。
ちょっとホラー感があったけど面白かったです。

韓国の絵本、Kさんの感想を読んでみたいです(*^o^*)

2017/07/26 (Wed) 13:03 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

拍手コメ Kさんへ。

ありがとうございます (*^o^*)
「夢見る葦笛」良いですよね!
SFやらホラーやら、いろんな世界観が楽しめるんです。
それと、ほとんどが聴覚や嗅覚・・・などの五感が感じられる作品になっています。
「プテロス」 と 「アステロイド・ツリーの彼方へ」 が特に好きでした (*^^*)

2017/07/27 (Thu) 12:47 | EDIT | REPLY |   

Add your comment