Welcome to my blog

『月はぼくらの宇宙港』佐伯和人 / 夢いっぱいの月面基地

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『月はぼくらの宇宙港』佐伯和人 / 夢いっぱいの月面基地 

佐伯和人さん
『月はぼくらの宇宙港』

月面基地へようこそ!





あらすじ&感想


あらすじ

人類が太陽系へ進出する宇宙港として、注目が高まる月。最新の月科学、人類と月の新しい関わり方を紹介。
―「BOOK」データベースより―

小・中学生向けの本ですが、面白かったです。
宇宙のこと、月のこと・・・。
わかりやすく書かれているのでとても読みやすい。
興味があったら、取っかかりにはちょうど良いかも・・・と思える一冊でした。


佐伯和人さん
『月はぼくらの宇宙港』のレビュー


広大な宇宙と夢の月面基地


この本を読んで感じたのは、宇宙についてもっと知りたくなるということ。

表紙のイラストを眺めているだけでもワクワクしてきます。
月に宇宙ステーションや太陽光パネル・・・。
これからの、もしかしたらそれほど遠くない未来を想像できる、夢いっぱいの月面基地。
月について詳しく書かれていて読むのが楽しかったです。
150ページほどなのですぐ読めてしまいますが、内容は濃いものになっていました。

・・・実は図書館で借りたものの、ずっと読むのを忘れていて返却期限が迫っているのに気付き、慌てて読んだ ひだまりさん。
本書の 「生物を何度も滅ぼそうとした地球」 という章を読みながら、今読み途中の上田さんの『華竜の宮』を連想しました。
どんなに文明が進んでいても、自然の脅威には太刀打ちできない種の儚さを感じます。





いつも感じる想い


ページをめくるとまず目に飛び込んでくるのは、アポロ17号から撮影された地球の写真です。
たぶん誰もが1度は見たことがある有名な1枚ですね。
暗闇に浮かぶ青いビー玉のような地球。
ここに私はいるんだよね、と不思議な気分になります。
この写真を初めてみた当時の人が思ったことに親近感がわきました。


当時の人びとがびっくりしたのは、「地球はひとりぼっちだ」 ということと、「人間の住んでいるところは地球の中でもほんとうにせまいところだけだ」 ということです。



宇宙について想像するとき、いつも感じることがあります。
それは、私ってとてもちっぽけな存在なんだなということです。


何十億年という目眩がするくらい遠い昔から宇宙や地球はあって、でも私が関わっているのはほんの一瞬に過ぎない。

ちょっと悔しいけど、明日になったらそんなことを考えたのも忘れて仕事にいくんだろうなと思います ^_^;


まだまだ知らない月


私たちが夜に見ている月って、実は片一方だけなんですよね。
人が月に降り立ったのも私たちから見た月の表がわです。
前にホーガンのSF小説『星を継ぐもの』を読んだ時に気になって少し調べたことがあるのですが、月の裏がわは未だに謎が多い。
表と裏では表面がかなり違います。
・・・こういうのって、とても気になるんですよね。
本書では、そのことについても詳しく書かれていました。

そして私がびっくりしたのは、月には水が存在するかもしれない!?・・・ということです。
これは初めて知りました。
月ってカラカラなイメージだったのですが、それが崩壊した瞬間。


アポロ計画で月の表面には水がないことがわかりました。しかし、最近、月の北極や南極には、水があるかもしれないと言われはじめています。



太陽の光が全く差し込まない場所に、氷があるのかもしれない。
そのことについて3つの理由が書かれていて、なるほどなと思いました。





夢が広がる未来


宇宙がもっと身近になったら・・・。
そんな想像が駆けめぐります。


もっと未来には、宇宙美容師、宇宙弁護士、宇宙保母さん、宇宙料理人、宇宙旅行作家、などなど、あらゆる職業が宇宙へ飛び出すでしょう。



こんな職業が必要になる未来を考えるとワクワクします。
夢が広がりますよね。




この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



宇宙,

0 Comments

Add your comment