Welcome to my blog

『人形式モナリザ』森博嗣

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『人形式モナリザ』森博嗣 

森博嗣さん
『人形式モナリザ』

悪魔崇拝者は誰なのか?
瀬在丸 紅子シリーズ第2弾



あらすじ&感想


私設博物館「人形の館」で乙女文楽の演者が謎の死を遂げた。被害者の一族には、二年前にも新婚の青年が殺されていた。悪魔崇拝者だった彼は「神の白い手」に殺されたのだと、若き未亡人は語るのだが・・・!?ラスト一行で解る衝撃の事実。



201505041510220ce.jpg


森博嗣さんの本は過去に2、3冊読んだことがあります。
最近、森博嗣さんのドラマが放映されているので久々に読んでみました。
それで読んだのが「人形式モナリザ」です。

でも、正直よくわからなかった・・・というのが感想です。
好きな人は好きな物語なのかもしれませんが、私はそこまでその世界に浸りきれなくて。
キャラクターは個性的で面白味があるのかもしれません。
私には逆に個性的過ぎて、ついていけませんでした・・・。
最後は惰性で読んでいた気がします。
この本は好き嫌いが分かれそうですね。
万人受けはしない作品だなと思います。

ただ一つ、瀬在丸紅子と、林刑事と、祖父江さんの三角関係は気になりました。
やりとりが面白かったです。
大人な感じ。


森博嗣さんは密室ものが多いイメージがあります。
過去に読んだものも3冊とも密室だったような・・・。
なんだか同じ内容に思えてきてしまって。
ちゃんと読めば面白いのかな。
私にはあまり馴染めないものでした。


拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

0 Comments

Add your comment