Welcome to my blog

スピーディーな展開にドキドキ『ジェノサイド』 高野 和明

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

スピーディーな展開にドキドキ『ジェノサイド』 高野 和明 

高野和明さん
『ジェノサイド』





とてもおもしろく読み始めたら止まりません。
内容はボリュームがあり読み応えがあります。
化学・薬学などの知識が詰め込まれていて、わからない部分もありましたが、読んで良かったと思う本です。


あらすじ&感想


急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。暗殺任務と思しき詳細不明の作戦。事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。イエーガーは暗殺チームの一員となり、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが…。
―「BOOK」データベースより―


物語は、研人のいる日本での新薬の開発とイエーガー率いるチームのコンゴでの戦争が同時進行していきます。
その展開はスピーディで読みやすく飽きません。
読んでいるうちに、その世界に引き込まれて行きます。

ジェノサイドとは大量虐殺という意味です。
思わず目をそむけてしまう場面もありました・・・。
でも内容はとても濃く、遺伝子変化による新人類の登場や人類滅亡の危機など思いも寄らない展開となります。
薬学の知識など、よく作り込まれた作品です。

夢中で読んでしまいました✧

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

2 Comments

lime  

こんばんは^^

いつも楽しく読ませていただいています。
(今朝がたは、温かいコメ本当に嬉しかったです。ありがとうございました^^)
昔から本を読むのは大好きだったのですが、この頃は仕事と家事以外の空いた時間をほとんど執筆に使うようになって、ゆっくり本が読めなくなってしまいました。
気になっているけれど、まだ読めていない本の感想を、ひだまりさんがほんわりと語ってくださるのが、とても楽しいです。
高野和明さんは『13階段』を読んでとても好きになったのですが、こちらは未読です。また全然違う雰囲気なのですね、きっと^^面白そう~。
いつか読んで見たいと思います。
これからも、楽しくて優しいレビューを読ませてくださいね。
本や、好きな作家さんのお話なんかもできたら、うれしいです^^

2015/06/02 (Tue) 18:59 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

limeさんへ。

こちらこそ、コメントありがとうございます( ^^ )
嬉しいです。
私も本が大好きなんです。
まだまだ、たくさん読みたい本があって困っちゃいます。
高野さんの本は私も『13階段』を初めて読んで好きになりました。
ブログ始める前のことですが。
limeさんと同じですね(*´︶`*)
『ジェノサイド』も面白かったです!!
『13階段』とは、また全然違った雰囲気ですが、展開がスピーディでグイグイ引き込まれます。

私、本を読むときに重要視するのが登場人物たちなんです。
登場人物に愛着が沸く作家さんが好きで・・・。
なので、limeさんの『凍える星』も、いっぺんに好きになりました。
違うお話も読みたいので、またお邪魔すると思います( ^^ )

2015/06/02 (Tue) 20:52 | EDIT | REPLY |   

Add your comment