Welcome to my blog

詐欺と兄弟の絆 ☆『流星の絆』東野 圭吾

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

詐欺と兄弟の絆 ☆『流星の絆』東野 圭吾 

東野圭吾さん
『流星の絆』


俺たち3人は繋がっている。
いつだって絆で結ばれている。



あらすじ&感想


何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。著者会心の新たな代表作。


私が好きな本の一つです。
東野作品はどれも面白く好きなのですが、特にこの流星の絆は繰り返し何度も読んでいます。


20150504172644660.jpg


面白いです。
この小説はドラマにもなっていて
脚本は宮藤官九郎が手掛けており、また一味違った作品になっています。
小説もドラマも両方好きです。

ドラマの方はコメディ感が強く、それはそれで面白く見てました。
詐欺を繰り返す場面では、一つのショートストーリーになっていてわかり易かった。
感動あり、笑いあり、といった感じです。
小説の方はもう少し重く、心にズシっとくるものがあります。
3兄弟の受けた傷に心が沈み、それでも必死に生きていく様子には感動を覚えます。

兄弟の絆と愛をテーマとした物語になっているんです。
東野さんが描く3人は魅力があり、いいなと思いました。
私はお兄ちゃんがいないので、こんなお兄ちゃんがいたら嬉しいなと思いながら読んでいました。
羨ましいです。

静奈が行成に恋心を抱き、その二人のシーンは切ない気持ちになりました。
両親を殺した仇の息子かもしれない。
静奈の心の葛藤が描かれており、なんとも言えない気持ちになります。


中でも印象に残っているシーンがあるのですが、それは「柱」の話です。
ドラマでは静奈の記憶にある話になっていますが、小説では行成が話します。

柱のお話・・・
洋食屋に一組のカップルがいて、男性は女性に指輪を渡そうとします。まだ小さかった行成がその様子を見ているのですが、柱が間にあり男性の表情は見えませんでした。
もし柱がなければ、その男性は周りの視線が気になって女性に指輪を渡すことが出来なかったかもしれません。柱というのは一見ジャマなようでいて、プライバシーを守ってくれる大切なものだというお話です。


・・・心温まるお話ですよね。


ラストの展開は以外でした。
犯人はあの人だったんだ・・・と衝撃を受けました。
功一のやるせなさが伝わり心が痛くなります。
そして最後の静奈と行成のシーンでは涙し、良かったね・・・と姉のような気持ちで読んでいました。


「それをあなたにプレゼントするのが、僕の役目だったんでしょう?僕もあなたたちと絆で繋がれていたい。」



・・・ジーンとしました。
このシーン、大好きです。
兄弟って、いいですね。
この本を読んで改めて実感しました。

関連記事


この記事を書いた人って、どんな人?


本を売るならネットオフが便利って知ってた?



東野圭吾, ,

0 Comments

Add your comment